さよなら、僕のマンハッタンのレビュー・感想・評価

さよなら、僕のマンハッタン

劇場公開日 2018年4月14日
56件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

文化都市NYCの未来を1人の青年に託す

一時期、ハリウッド映画と言えばニューヨークが舞台だった(極端に言えば)時代があった。観る側にもそれなりの知識があるから、自分なりにロケ地を確認して自己満足したり。しかし、9.11以降は今はなきそれ以前のニューヨークに思いを馳せる、例えば「ザ・ウォーク」のような映画はあっても、舞台としてのニューヨークが物語を牽引するような作品はめっきり少なくなったように思う。そこで、マーク・ウェブの新作は、今や文化の発信源としてはすっかり斜陽になったニューヨークの色々を、あえて会話の中や風景に盛り込み、そこから自分なりの人生をスタートさせていく青年、トーマス自身に、カルチャーシティ、NYCの未来を託そうとしている。それは新しい視点だ。だから、雑誌の"ニューヨーク特集"的な楽しさを期待したら裏切られるので、ご用心を。

MP
MPさん / 2018年4月22日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

サラッと夏向き

いい感じでした。俳優達の競演を楽しみました。

違和感を抱えたままなんとかやってきた感じが、イライラしながら優しく繊細に伝わってきます。
うっかりすると、かなりコッテリととろみのある感じになりかねないお話ですが、そこはマーク・ウエブ監督。サラサラしていて暑い夏向き、都市の雰囲気にも楽曲にもピッタリでした。

母親を演じたシンシア・ニクソンがとても良かった。不安定な、ほっとけない人物がそこにいました。
主人公を演じたカラム・ターナー、「イエロー・ハンカチーフ」の頃のエディ・レッドメインみたいでイイネと思っていたら、今度兄弟役を演じるようですね。期待です。

グッドラック
グッドラックさん / 2018年8月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ミミ!

人には触れてはならない秘密ごとがあり、波風立たない様に妥協して生きていても、自分を見失いそうになった時どうするのだろう。

出版社の社長夫人に収まった母。業界を一人で泳ぎ回る敏腕女性編集者。恋人との日常に飽き足らずクロアチアへ留学しようとする女子学生。
一見バラバラな女性達が男性の野望と諦めの世界に絡み合ってシリアスなドラマを紡ぎ出す。

大人のドロドロからはじき出された様な女子学生の思いがひときわ胸を打つ。

ezukodeoyogu
ezukodeoyoguさん / 2018年8月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

邦題が・・・

よくよく考えてみると複雑な人間関係ですよね!
でもそれを前面に出していないところが素敵です!

出演者、それぞれ味がありました!

邦題が理解できませんね!!!

taiyasan
taiyasanさん / 2018年7月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

平凡な人生と思っている人にオススメしたい作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

心に残る映画には、"登場人物に感情移入できる"というのがあるかも知れない。本作はまさにその通りで、主人公の悩みや感情の発露に大いに共感できた。
作風としてはやや感傷的だし、話が上手く出来すぎの感はあるけど、十分楽しめた。ミミの「貴方はいい人」に代表される主人公トーマスの評価がずっと彼を萎縮させていたのかな…?雨の別れのシーンがとても印象的でした。
ジェフ・ブリッジスやピアース・ブロスナン、ケイト・ベッキンセールといった脇役が素晴らしくチャーミング!
ただ、この邦題っていかが?彼はニューヨークで生活を続けていく訳だしミスリードだよね。

Hiroshi
Hiroshiさん / 2018年7月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

NYの暖かい話

大手の映画だとNYはもっとどぎついイメージがあったが、心温まる話。
会話のやりとりが、イケてました。
全ての登場人物に魅力を感じます。

仲が良い人におすすめしたいと思います。

morihide
morihideさん / 2018年7月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

みえみえ

はっきり言って、主人公の若者にはイラっとする。
同様に子離れできない彼の母にもうんざりだ。
父親の不倫は許されるべくもないが、
才色兼備の不倫相手には私も魅了された。
なのに、ああいうことになるのは不可解で、
それもまたちょっとイラつく。

突然現れる隣人はミステリアスでただ者ではなさげだが、
途中でオチが見えてしまう。
そして、その通りにストーリーは流れていく。
私としては父親に感情移入してしまい、
分かっていてもラスト近くの2人のシーンは心に沁みた。

もう一ひねりあれば申し分なかった。

みみず
みみずさん / 2018年6月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 主人公が非常に冴えない感じなところがよかった。そんな彼がお父さんの愛人と関係し、親子であり穴兄弟になってしまし、愛人がそこで非常に戸惑うところが面白かった。

 終盤、隣人が有名作家であり、彼が主人公の実の父で、という展開で物語が急に安っぽくなったと思ったのだが、それがオチではなく、その先を描いていたのがよかった。ただ、文才が遺伝するとはとても思えない。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2018年6月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

SGいいね‼︎ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

カラムターナー
かわえぇ〜

ジョハンナは
イーサンを
愛しているのに
何故
トーマスと寝てしまったのだろう
しかも何度も

トーマスがハマるのは
分かりきってただろうに...

それで
イーサンと結婚するから
別れては無いゎ〜

サントラ良かったです。

snowball
snowballさん / 2018年6月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いや〜、よかった!

意表を突く種明かし。
そうきたか!と手を叩きたくなった。
見に行ってよかった。
それぞれの登場人物に向けて、最後には「よかったですね。」と言ってあげたくなる映画。

これ、ネタを知った上でもう一度見たら、きっと涙を流してしまうんじゃないだろうか。
何も知らない主人公以外の一人ひとりに、一言ずつだけ とても味わい深い台詞を与えられているなぁと思いました。

ハクタカ
ハクタカさん / 2018年6月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これぞマーク・ウェブ監督らしい仕事。

心地良い普通加減。

好きこそモノのヘタレなれ
好きこそモノのヘタレなれさん / 2018年6月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

父親と息子の確執はいつの世も ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

だけど、ハッピーエンドにもほどがある。

ROKUx
ROKUxさん / 2018年5月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リアリティに欠ける…

「500日のサマー」好きなのでマーク・ウェブ監督作である本作を鑑賞。自分の予想していたものとは違かった。
ストーリーは主人公のトーマスは引っ越してきた隣人と仲良くなり、悩みを打ち明ける仲になったが、父親が不倫しているのを目撃し…というもの。
正直、本作が何を描きたかったのかわからない。序盤のテンポと雰囲気は自分の好みであったが、終盤に迫るにつれて何を描きたいのかがわからなかった。
ラストに何かが発覚して…という展開の映画は別に嫌いではないが、その展開に意味をなさないと非常に後味が悪く、一貫性に欠け、リアリティも失う。そういう意味でも本作はキャラクターの心情を上手く描写できていたのか疑問である。
音楽は別に悪くなかった。サイモン&ガーファンクルも普通に良かった。その他の演出にはあまり魅力を感じることもなかった。
脚本がとにかく残念であった。テーマも曖昧で鑑賞後に自分の心に何も残らかった。マーク・ウェブ監督の作品ということで期待していただけに残念であった…

ジンジャー・ベイカー
ジンジャー・ベイカーさん / 2018年5月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

迷える大人達の物語。 悩める若者を通して見えるのは、成長してない大...

迷える大人達の物語。
悩める若者を通して見えるのは、成長してない大人達のもどかしい物語。
大人のフリをして、いろいろな言い訳を並び立てたって想いは収まらない。
若者の勢いで、思いがけず弾けたそれぞれの想いが、優しく穏やかに流れて行く。
すっと前を向く人々に、柔らかな後味を感じながら余韻に浸った。若者は案外大人だったな。

Chiharu
Chiharuさん / 2018年5月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これは想像出来ない。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

こんな話だったんだとびっくり。

これは邦題と宣伝方法変えたほうがいいよ。

予備知識なしに見たんだけど始めはNYを舞台にした家族背景は書きつつメインは主役二人の恋愛だと勝手に想像してた。

こういう話だったのね。
確かにびっくり展開あるけど。
よくよく考えなくても、はじめからいきなり隣人図々しすぎるというか怖いというか。
そういうわけだったのね。

いいお話だけど。
いいお話で終わった。

ジェフブリッジス
ピアースブロスナン
ケイトベッキンセール

年取ったよね。

sy
syさん / 2018年5月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

共感性にかける。あと邦題つけたやつクソ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ラストに向けてまとめに行って、まぁなんとなくそうなんだろうなというオチに納まり大団円なんだけど、釈然としない。
よくまとまった脚本ではあるのだが、なんかいい話風にまとめてるけど実の父親目線でストーリー追うと、息子けしかけて両親離婚させてもとさやに戻る話である。

加えて、基本みんなちょっと頭おかしい奴らなので共感ポイントに欠ける。

あと、どこをどう解釈したらこの話がさよならマンハッタンというタイトルになるのか。マジ配給意味不明。

en kn
en knさん / 2018年5月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

若者よ悩んで悩め!そして進め! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

恋や家族や将来のことなど
悩みながら成長していく青年の物語

若い時には恋はつきもの
恋によって悩んだり苦しんだり
そうして青年は成長していきます

大好きな彼女には友達だと言われ
父の不倫現場を目撃してしまったり
その父の不倫相手と恋に落ちてしまったり

これぞ青春です!!

青年はアパートに1人暮らしをしているのですが
その隣に住む一人の老人が何かと彼の相談に
のって力になってくれます
いったい彼は誰なのか?

こういう人って大切ですよね
それも同世代ではなく 年上のアドバイザー
今は一人で悩んで悩んで
どうしようもなくなって とんでもないことを
してしまうケースがありますが
こういう人がいるとほんとうに救われます

最後に 彼の父や母の行動が
過去から今につながっているんだということが
わかった時 とてもほんわか いい感じになりました
(正直 もっとドロドロして終わるのかと思って
 拍子抜けした感もあります)

最後に一言
恋って残酷!!どうしてこうもタイミングが
合わないものなのですね

ともちん
ともちんさん / 2018年5月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

大人だな〜本当、大人な映画〜〜

お父さんの浮気現場を目撃!なんて少々訳ありな予告編で

「BGMがサイモンとガーファンクルのウディ・アレン的作品」

と勘違いしそうですが、全然違うので、
ウディ・アレンアレルギーの方も安心見られます。(笑)

大学を卒業したのに自分の将来を決めかねてる若者と
ちょっと不思議な中年男のやりとりと言うと
説教くさい内容を想像するけど
そこはやっぱ現代風なのでそう言う感じはないですね。

大人の狡さと、大人だからこその愛情と両方が交錯する
なかなかに見応えのある家族ドラマです。

で、月に10本ほど映画館で映画を観る中途半端な映画好きとしては

オチは、途中でちょっと感じましたが
別にそんなにがっかりしませんでした。
そこへ行くまでのドラマ部分が素敵でしたね。
マンハッタンの階級差や地域差もうまく生かされていたし
やっぱり様々な人がいて様々な文化が混ざり合う街の
いろんな「大人の事情」は最先端な新しい時代の
「ものの捉え方」を示唆してくれます。

脚本、良かった!!

主演のカラム・ターナーもいい!
繊細そうに見えて、案外しぶとい(笑)
でないとあんなことはできないよね〜
最初は細っぽいダメ兄ちゃんだったのに、
最後はいい感じの兄ちゃんに見えてくる。

ピアース・ブロスナンも最近はいいですね。
二枚目が年齢を経て肩の力の抜けた
いい演技派になって行くのは観てて嬉しい。

最近のニューヨークやマンハッタンが舞台の
良質な人間ドラマを AMAZON CONTENT SERVICES LLC が
積極的に作ってて新しい流れを感じてます。
米、アカデミー賞のコメントでも話題になった
クメイル・ナンジアニの実話を映画化した

「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」

も AMAZON CONTENT SERVICES LLC の作品だったしね。

ちょっと以前の都会的な大人のドラマと言えば
ウディ・アレン!という感じでしたが
今や人種やジェンダー問題を横に置いた作品は
もう、きついんでしょうね。

これからの
AMAZON CONTENT SERVICES LLC の作品に期待したいです。

@もう一度観るなら?
「配信でじっくり、そこ、もう一回!とか戻しながら観たい」

星のナターシャ
星のナターシャさん / 2018年5月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

じわじわと感動を味わえる良作

父親の不倫している事実を知った青年が、不倫相手の女性に父親と別れるよう促す。マンションの隣人であるおじさんやガールフレンドと絡みながら成長する姿を描いた青春映画。
主人公の行動に全面的な共感や賛同はできないが、父親の不倫相手に恋してしまうのは非難できない。だってキレイだもの!そんなキレイな女性をめぐって父親との争うって話かと思いきや、後半一気にトーンが変わった。
意外といえば意外だが、そこに大きな感動があるわけではない。でも、なんか気持ちいいし、前向きになれる終わり方だった。
そして相変わらずマーク・ウェブの映画は音楽がいい。好き嫌いは分かれるかもしれないが、彼の監督作が好きならはずせない映画のはず。

kenshuchu
kenshuchuさん / 2018年5月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ 泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

出会いと別れ、そして成長

主人公のトーマスの子供っぽさに若干イラつきつつも(笑)
楽しかったわー

原題の「The Only Living Boy in New York」は、サイモン&ガーファンクルの代表曲からきている

この曲を書いたとき、サイモン&ガーファンクルは解散寸前で
ガーファンクルは歌手活動よりも俳優業に力を入れるようになり、撮影で単身メキシコへ行ってしまう
残されたサイモンが、「僕は一人、ニューヨークでがんばってるよ」という気持ちを込めて書いた曲が、その「The Only Living Boy in New York」である

その歌を背景に描かれたこの映画では、その時のサイモン&ガーファンクルのように、それそれの登場人物たちが、老いも若きも、長年の相棒と別れ、新たな人生を模索する姿が描かれている

その中で、トーマスが父に近づいて越えようとした結果、デリカシーな問題をぶちまけ、彼の計画を台無しににしたやり方が、あまりにも子供じみていて、イラついたのだけど、
それこそが、トーマスの成長の痛みなのだと思うことにする

ニューヨークという街は
サイモン&ガーファンクルだけでなく
多くの夢見る人たちが集い、彼らの夢を飲み込んでしまうところである

それでも夢を叶えたいなら「最後まで泳ぎきるしかない」

その結果、ジェフ・ブリッジスのように、25年かけて、その夢を叶える人もいる

この映画の良いところは、夢を叶える人が Boy ではないというところ
Boy はまだまだ成長過程にいて、
もっと年長の最後まで泳ぎきった人だけに、がんばった分だけのご褒美が与えられるというところに心が温かくなった

それに、人生はいくつになってもやり直しがきくっていうのも良かった

しかし、それにしても、この邦題はちょっとないんじゃないかな…

とえ
とえさん / 2018年5月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

56件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi