容疑者 室井慎次

劇場公開日:

解説

『踊る大捜査線』シリーズの登場人物である刑事部捜査一課管理官・室井慎次を主人公に、捜査ミスから逮捕された彼がやり手弁護士の仕掛ける罠や警視庁と警察庁の権力闘争に巻き込まれながらも、殺人事件の真相を追及していく姿を描いたサスペンス活劇。監督・脚本は「MAKOTO」の君塚良一。撮影を「MAKOTO」の林淳一郎と「DEVILMAN」のさのてつろうが担当している。主演は「交渉人 真下正義」の柳葉敏郎。

2005年製作/116分/日本
配給:東宝
劇場公開日:2005年8月27日

ストーリー

“地下鉄不審車両暴走事件”から2ヶ月後の2005年2月、新宿で起きた殺人事件の捜査本部長を務めていた警視庁管理官・室井慎次が、“特別公務員暴行陵虐罪の共謀共同正犯”の容疑で逮捕された。被疑者として取り調べを受けていた警官・神村が逃走途中に車で撥ねられ死亡したことから、捜査の過程で過剰な暴力行為があったとして、神村の母親が刑事告訴したのだ。だがその陰には、警察の不正を暴こうと意気込むやり手の弁護士・灰島の姿があった。大学時代の恋人自殺という室井の辛い過去を抉り出し、追及の手を緩めない灰島に対し、新城の根回しで一旦は釈放された室井は、停職処分になりながらも、沖田警部捜査一課管理官が手配した若き弁護士・小原久美子や、室井の事件解決への真摯な姿勢に賛同した新宿北署の工藤を始めとした刑事たちの力を借りて、真犯人の捜査に乗り出す。だが、灰島の邪魔立てや警視庁と警察庁の権力闘争の中、捜査は思うように進まない。やがて、捜査線上にひとりの女が浮かび上がった。桜井杏子。彼女こそ、三角関係のもつれから黒木殺害を石本というチンピラに依頼した事件の真犯人で、神村は彼女を庇おうとして黙秘を続けていたことが杏子自身の供述などにより判明した。かくして、事件は解決。灰島も告訴を取り下げ、辞職を覚悟した室井にも新城の独断で広島県警への異動が命じられるのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0踊るスピンオフ第2弾。ストーリーは真下正義よりは微妙でしたが、口数...

2022年9月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

踊るスピンオフ第2弾。ストーリーは真下正義よりは微妙でしたが、口数が少ない中にも室井さんの人柄がよくわかる作品でした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
よっしー

3.5殺人事件

2022年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

殺人事件が起き、巡査が疑われるが逃亡、車にはねられて死亡。
どういうわけか本部長の室井慎次(柳葉敏郎)が逮捕される。
大風呂敷の広げ方がうまいので、最後まで楽しめる。
弁護士役の田中麗奈がいい。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
いやよセブン

2.5脚本は悪くない。

2022年4月21日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

八島智人が不快な弁護士を好演。出演者が沢山出ていて登場人物の把握に苦労した。結末は想定通り。柳葉敏郎はいつも通りの演技。少なくとも脚本はよく出来ていると思った。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Yohi

0.5TVならチャンネル変えられてしまうから、映画?

2022年3月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

寝られる

自分たちで、それまでの作品の歴史を壊してしまっている。
 チームワーク・組織とか、「事件は現場で起こっているんだ!」みたいな現場至上主義を語るんだったら、今回の事件解決は、密かに湾岸署や室井さんに関わる人からの情報提供があって事件解決に繋がるようにしてほしかったな。出演なくても「和久さんが掴んできた情報だけど」「SATが~」等の台詞で説明でもいいし。結局警視庁仲間の新城・沖田と公安が乗り出して事件解決って、上からの力頼みで、現場は命令待っているだけ。新宿署は派手場動きはしていたけれど…。なんなんだ。

唯一良かったところはスリーアミーゴズのみ。それだって、役者さんの力に負うところが大で、監督・脚本等の制作陣は何していたんだか。

この映画の予告を見て大いに期待した。『踊る~』はまったく知らなかったから、わざわざ『1』『2』と『真下』を見てから臨んだ。『1』も『2』も『真下』もバルーン映画(張りぼてばっかり大きくて中身がない)で、嫌な予感はしたけれど、主役は、あの”ギバちゃん”だ。気を取り直して、恐る恐る鑑賞。

はあ。

大風呂敷広げて、内容ないって、『踊る~』の特徴なんですかね?おちょくっていると言うか。風刺のつもりなんだろうか?

内部の出世争いを書いたつもりなのかもしれないけど、全然描かれていない。内部抗争を描いた作品にはすでに傑作が幾つもあるんだから、もっと気を入れて作らないと…。脚本書ける人いないのでしょうね。

さすが、ニュース報道部門があるTVの制作だけあって、犯人と訴訟に至る背景はいかにもありそうってな感じなんですが、ここも演出・脚本がダメすぎて、せっかくの良いアイディアが潰れてしまっている。

他のサイトのレビューにあるように、法的な点もでたらめばかりだし。

脚本だけじゃない。演出もなんていうか。

麗奈さん、へたっぽく見えるけど、他の映画の役どころと違う雰囲気の女性を演じていて、本来は色々できる方なのかなと思う。どちらかというと演出指示がばかっぽさを強調しているような気がする。他の出演者についてもそう思う。このシリーズ、大仰な、いかにもという演技させ過ぎるとこありますね。わざとらしくて、頭にちょんまげ想像しながら観ると、水戸黄門ぽくなってあまり気にならなくなると言うか。

前の3作のレビューでも書いたけれど、徹夜明けの頭で、吟味せずに、なんとなくこんなのぉを撮りたいとそのままやっつけ仕事で撮ってしまった感じ。

室井の寡黙を活かしたかったのなら、もっと別の方法があるように思う。

スピンオフのスピンオフが出るくらいだから、すでにこのシリーズのスタッフは、このシリーズのメインメンバーに飽きていて、周りの面白そうな人を描くことに興味が移っちゃったのか。そう考えると、この作品で、室井やメインメンバーがまったく動かないのに、新城・沖田の活躍度合いが多いのも頷ける。

CMで柳葉さん出ていると知って、見たかった作品。観て後悔した。
ああ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
とみいじょん
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「踊る大捜査線」シリーズ関連作品