容疑者 室井慎次

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

『踊る大捜査線』シリーズの登場人物である刑事部捜査一課管理官・室井慎次を主人公に、捜査ミスから逮捕された彼がやり手弁護士の仕掛ける罠や警視庁と警察庁の権力闘争に巻き込まれながらも、殺人事件の真相を追及していく姿を描いたサスペンス活劇。監督・脚本は「MAKOTO」の君塚良一。撮影を「MAKOTO」の林淳一郎と「DEVILMAN」のさのてつろうが担当している。主演は「交渉人 真下正義」の柳葉敏郎。

2005年製作/116分/日本
配給:東宝

ストーリー

“地下鉄不審車両暴走事件”から2ヶ月後の2005年2月、新宿で起きた殺人事件の捜査本部長を務めていた警視庁管理官・室井慎次が、“特別公務員暴行陵虐罪の共謀共同正犯”の容疑で逮捕された。被疑者として取り調べを受けていた警官・神村が逃走途中に車で撥ねられ死亡したことから、捜査の過程で過剰な暴力行為があったとして、神村の母親が刑事告訴したのだ。だがその陰には、警察の不正を暴こうと意気込むやり手の弁護士・灰島の姿があった。大学時代の恋人自殺という室井の辛い過去を抉り出し、追及の手を緩めない灰島に対し、新城の根回しで一旦は釈放された室井は、停職処分になりながらも、沖田警部捜査一課管理官が手配した若き弁護士・小原久美子や、室井の事件解決への真摯な姿勢に賛同した新宿北署の工藤を始めとした刑事たちの力を借りて、真犯人の捜査に乗り出す。だが、灰島の邪魔立てや警視庁と警察庁の権力闘争の中、捜査は思うように進まない。やがて、捜査線上にひとりの女が浮かび上がった。桜井杏子。彼女こそ、三角関係のもつれから黒木殺害を石本というチンピラに依頼した事件の真犯人で、神村は彼女を庇おうとして黙秘を続けていたことが杏子自身の供述などにより判明した。かくして、事件は解決。灰島も告訴を取り下げ、辞職を覚悟した室井にも新城の独断で広島県警への異動が命じられるのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像32
  • 封印映像33
  • パッション
  • ファイナル・アワーズ
  • ハンター
  • カルト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1

映画レビュー

2.5改めてみると気になるシーンがチラホラ

まつこさん
2019年5月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まつこ

5.0室井 まさかの逮捕劇からの奇跡の逆転劇!

2019年3月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
HIDE Your Eyes

2.5踊る大捜査線ファンならいいけど…

おこげさん
2018年3月7日
iPhoneアプリから投稿

ファンならこれでも有りかもしれないけど、単品作品として考えたら、たいして面白くない。
事件にあまりにも工夫がなさすぎる。
1人の容疑者を私服警官があんなに沢山で追いかけるとか無いでしょう⁈ レポーターかと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
おこげ

4.0諦めなければ"道"が出来る。

2015年5月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

真摯な思いは"罪"になるか?それとも"光"になってくれるか?脚本兼務の君塚さん、大変なところ踏み込むなぁ…。それって答えが出せるほど、簡単なことじゃないからさ…。
『踊る』としては異色な映画で軽さも笑いもほとんどないけど、それでもこれが『踊る』の"一部"で"重要"なのは間違いない(ファン目線の感想ですが)。本家シリーズで感じなかった"時の経過"が強かったから。『踊る2』で初登場の沖田さんもその証だし、新城さんも明らかに"理念"を信じて行動してるし、脇を固めるキャラクターの変化がグッと伝ってくる。それが結果室井さんの"新たな道"を切り開くし、苦味交じりの光明が照らす空港シーンに繋がるから。
思ったよりも悪くなくて、夢中になって見終わって、『踊る』がまた見たくなるとか、何から何まで当たりだった。田中麗奈さんがもうちょっとだけど…。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
平田 一
すべての映画レビューを見る(全9件)