ジョゼと虎と魚たち(2003)

ALLTIME BEST

劇場公開日

ジョゼと虎と魚たち(2003)
26%
50%
19%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

田辺聖子の短編小説を犬童一心監督が実写映画化。妻夫木聡と池脇千鶴が共演し、足の不自由な少女と平凡な大学生の切ない恋の行方を描く。ごく普通の大学生・恒夫がアルバイトする麻雀店では、近所に出没する謎の老婆の噂が話題となっていた。その老婆は決まって明け方に現れ、乳母車を押しているのだという。明け方、恒夫は坂道を下ってくる乳母車に遭遇。近寄って中を覗くと、そこには包丁を振り回すひとりの少女がいた。ジョゼと名乗るその少女は足が不自由で、祖母に乳母車を押してもらい散歩していたのだ。不思議な魅力を持つジョゼに惹かれた恒夫は、彼女の家をたびたび訪れるようになる。

2003年製作/116分/PG12/日本
配給:アスミック・エース

スタッフ・キャスト

監督
脚本
渡辺あや
原作
田辺聖子
エグゼクティブプロデューサー
椎名保
三木裕明
共同エグゼクティブプロデューサー
山崎一彦
泉正隆
安永義郎
企画協力
内藤あづさ
プロデューサー
久保田修
張憲文
共同プロデューサー
井上文雄
撮影
蔦井孝洋
照明
疋田ヨシタケ
録音
志満順一
整音
浦田和治
美術
斉藤岩男
装飾
西渕浩祐
衣装
石井朋子
スタイリスト
伊賀大介
ヘアメイク
中村洋子
細倉明日歌
編集
上野聡一
音響効果
岡瀬昌彦
音楽
くるり
音楽プロデューサー
高橋太郎
安井輝
主題歌
くるり
キャスティング
杉野剛
製作担当
鎌田賢一
助監督
五十嵐昭徳
スクリプター
甲斐哲子
スチール
原田大三郎
ビジュアルエフェクト
浅野秀二
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.5青年と下肢不自由な女性との出会い

2021年1月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

楽しい

幸せ

原作は田辺聖子氏の小説、
青年と下肢不自由な女性の出会いと別れ、
自立と成長譚を描くクール&シャインな物語、

監督は犬童一心氏
少し是枝風味と言えば易いかダーク&クール醸し
切なき肌温からの成長譚描く青春群像劇の秀作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
褐色の猪

包丁は人に向けるな、トカレフは買うな。

2021年1月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

乳母車の少女との非日常の物語

アニメ版が公開とのことで、予習のため鑑賞、原作未読。

身障者との日常をリアルとファンタジーを絶妙なバランスで描いた作品。
妻夫木聡の真面目系クズっぷりよかったです。いるいるこんな大学生。
池脇千鶴のツンデレ薄幸美少女感、こんなの惚れないほうがおかしい。
その他、江口徳子や新井浩文など最強の脇役陣も完璧でした。
映画全体の雰囲気が淡々としているのに居心地のいい映像でした。

ファンタジーなら障害が大きければ大きい程、恋は燃え上がるものですが・・・
ハッピーエンドではないのに希望に満ちているラスト、素晴らしかったです。

劇中セリフより

「暗い海に漂う貝に戻るだけ、それもまた良しや」

最高の日々が過ぎ去ったとしても、失ったわけではない。
思い出として心に残る、それが前に進むための糧になるのかも知れない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フリント

3.5アニメ版と全然違った内容だけど良い作品でした。

イゲさん
2020年12月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

アニメ版を観てなかなか良かったので実写の本作を観賞。
ストーリーも雰囲気もキャラクターも全然違っていて同じタイトルの別作品だった感じ。

池脇千鶴さんがとても美しい。
上野樹里さんも雰囲気が違ってて良い。
妻夫木聡さんは今とあまり変わってない(笑)
江口のりこさんはお似合いのキャラ。

凄い役者さんが予想外に多く出演してて贅沢な作品。

実写だけにリアルな場面が多いい中、ジョゼが乗る乳母車が印象的。
乗ってる時の彼女がなかなか可愛い(笑)

恒夫がジョゼをおんぶするシーンが多め。妻夫木聡さんの体力凄いな(笑)

アニメ版の様な消化不良の終わり方ではなく本作は納得出来る最後だった感じ。

池脇千鶴さんってこんなに綺麗な女優さんだったっけ。
演技もセリフも良かったです( ´∀`)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
イゲ

4.5【「死んだようなもん」と、まぜこぜの感情と】

ワンコさん
2020年12月26日
iPhoneアプリから投稿

田辺聖子原作の文庫本で30ページにも満たない短編「ジョゼと虎と魚たち」を読んだのは、ずいぶん昔に、この映画を観た後だった。

檻の中の虎はジョゼだと思った。
自由に外に出ることは出来ない。

好奇の目で見られるばかりだが、外の世界に向かって、何か怒りともつかない力強いエネルギーを蓄えている。

ジョゼは、作品中で、障碍者というより、ひとりの豊かな個性として描かれていて、そして、どこか逞しい。

恒夫によって、少しずつ外の世界に誘(いざな)われるジョゼ。
セックスも旅も。

映画には小説にはない登場人物も多い。
今改めて観ると、カナエ(上野樹里)だとか、息子(新井浩文)だとか出てて少し驚く。

そして、ストーリーは肉付けされていて、エンディングも異なる。

原作では、ジョゼが、他に誰もいない海底水族館の二人を、海底に取り残された「死んだようなもん」だと言う。

原作のジョゼの言葉は、独特で想像力に富み、とても暖かい。

「死んだようなもん」とは、二人きりで取り残されて、煩わしさなどなく、幸せという意味で言っているのだ。

足の不自由なジョゼは、幸福を天にも登るようなものではなく、海の底にいるようなものに喩えていたのだ。

原作で魚たちは、ジョゼと恒夫のことだと思った。

原作でジョゼは、いつか別れがあるかもというようなことを思い浮かべるが、そのまま、そう、「死んだようなもん」のままだった。

映画は、異なるエンディングだ。
映画は、現実も見つめるような物語だ。

どこか教科書的に社会福祉に意義を見出そうとするカナエと、流れの中でジョゼと生活を共にする恒夫の対比は、どこか僕達の生きる世界を冷静に見てるようでもある。

意義だけ突出してしまって、本当に望んでいるのか。

恒夫は、逃げたと言う。
恒夫は、確かにカナエのところに逃げた。

でも、ジョゼのことが本当に好きだったのだ。
実は、今でも好きなのだ。

まぜこぜの恒夫の感情は、恋愛について、どこに価値を見出すのか、分からなくなっしまったことがある僕自身に重なるところがある。
好きよりも安易な道をつい選んでしまう自分自身にも重なる。

台所の台から、勢いよく、ドンとお尻から降りるジョゼ。

下にドンと…。

一見、変わらぬジョゼ。
だが、ジョゼは、後ろ向きではない。
恒夫のSM趣味もユーモアに変えていた。
恒夫との別れを、前向きなエネルギーに変えようとしているかのようだ。
しかし、それも、なんか少し切なくもある。

映画には、別れのストーリーを加え、青春のほろ苦さや、甘酸っぱさも感じられる。
だが、原作も含めて根底に流れているのは、どちらかというと、偏見を受け流す若者たちの柔軟さや、強さや、優しさだ。
映画は、物語に別れを織り込むことによって、ジョゼを更にひとりの個性として見つめようとしていたのかもしれない。

原作も映画も、僕にとっては愛おしい作品だ。

アニメはどうなるのか、恐る恐るだが楽しみにしておきたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ワンコ
すべての映画レビューを見る(全70件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ジョゼと虎と魚たち(2003)」以外にこんな作品をCheck-inしています。