四十七人の刺客

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
0%
45%
41%
7%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大石内蔵助と吉良・上杉側の司令塔、色部又四郎との謀略戦争を軸に、内蔵助の人間像を追いつつ新しい視点で描いた忠臣蔵映画。従来の″忠臣蔵″の物語に、現代的な情報戦争、経済戦争の視点を当て実証的に描きベストセラーとなった池宮彰一郎の小説の映画化で、監督は「帰ってきた木枯し紋次郎」の市川崑。脚本は池上金男(池宮彰一郎の脚本家としてのペンネーム)と市川、竹山洋の共同、撮影は五十畑幸勇が担当。

1994年製作/129分/日本
配給:東宝

ストーリー

播州赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助と上杉藩江戸家老・色部又四郎の戦いは、元禄14年3月14日江戸城柳の間にて赤穂城主浅野内匠頭が勅使饗応役高家・吉良上野介に対し刃傷に及んだ事件から始まった。内匠頭は即刻切腹、赤穂藩は取り潰し、吉良はお咎めなしという、当時の喧嘩両成敗を無視した一方的な裁断は、家名と権勢を守ろうとする色部と時の宰相柳沢吉保の策略だった。赤穂藩は騒然となり、篭城か開城かで揺れるが、大石は既に吉良を討ちその家を潰し、上杉、柳沢の面目を叩き潰す志を抱き、早速反撃を開始した。事件発生後直ぐに塩相場を操作し膨大な討ち入り資金を作った大石は、その資金をばらまき江戸市中に吉良賄賂説を流布させ、庶民の反吉良感情を煽り、また赤穂浪士すわ討ち入りの噂を流して吉良邸付近の諸大名を震え上がらせ、討ち入りに困難な江戸城御府内にある吉良邸を外に移転させるなどの情報戦を駆使した。思わぬ大石の攻勢にたじろいだ色部も、吉良を隠居させる一方、仕官斡旋を武器に赤穂浪人の切り崩しを図り、討ち入りに備えて迷路や落とし穴などを完備した要塞と呼ぶべき吉良屋敷を建てさせるなど、反撃を開始する。京都・鞍馬で入念な準備に忙殺される大石はその傍ら、一文字屋の娘・かるとの恋を知る。かるはいつしか大石の子を身籠もった。追い詰められた上杉家は最後の策として吉良を米沢に隠居させようとする。その惜別の会が開かれた12月14日、運命の日。雪も降り止み誰もが寝静まった子の刻、大石以下47名が集まり、要塞化した吉良邸にいよいよ突入した。迷路を越え、上杉勢百数十名との壮絶なる死闘の末、遂に大石は吉良を捕らえる。追い詰められた吉良は大石に、浅野の刃傷の本当の理由を知りたくはないか、と助命を請う。だが大石は、知りとうない、と答え、吉良を討つ。吉良の死に重なるように、かるの腹から新しい生命が生まれた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第18回 日本アカデミー賞(1995年)

受賞

助演男優賞 中井貴一

ノミネート

作品賞  
監督賞 市川崑
脚本賞 池上金男 竹山洋 市川崑
主演男優賞 高倉健
音楽賞 谷川賢作
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0浅野内匠頭がなぜ吉良上野介への刃傷に及んだのか。 その理由が最後ま...

省二さん
2021年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

浅野内匠頭がなぜ吉良上野介への刃傷に及んだのか。
その理由が最後まで明らかにならないという点で斬新な作品。
吉良はその理由を語ろうとするが、大石は結局聞かずに吉良を斬り捨ててしまう。
吉良が完全な悪役ではないため、赤穂浪士への思い入れも中途半端な感じになってしまった。
あと、大石が愛人を孕ませてしまったために部下に面倒を見させるって、なんだこの大石は。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
省二

4.0バブル崩壊という訳の分からない理不尽なもの それへの討ち入りだったのです

あき240さん
2020年8月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

映画とは不思議なものです
その時にはその作品の意味や意義が理解できないまま観てしてまうことが多いものです

何年も時が経って、振り返ってみるとあの時にあの作品が撮られたのは、それは必然だったのか!
あの時にあの俳優があの役で出演したことが、そんな意味を持つなんて!
そんなふうに驚くことがままあるようです

演じた俳優達にも、製作した監督やスタッフにさえ、その時には少しも思わなかった意味や意義が生まれてくることもあるのだと思います

本作もその様な作品かと思います
本作の公開は1994年10月です
その年は一体どんな年であったのでしょうか?

バブル景気が終わり、遂にバブル崩壊に本格的に突入していく、そのとば口に日本が立った年です

そして宮沢りえはどうだったのでしょうか?
彼女は1991年にヘアヌード写真集を出して爆発的な売れ行きを示し、1992年11月に貴花田と婚約して、人気も女性としての幸せも両方の絶頂にあったことを私達は知っています
ところが翌年1月には彼女の運命を劇的に変えてしまう婚約解消会見に至ってしまったことも

さらに本作公開の1ヵ月まえの1994年9月、荒んでしまったのか彼女は不倫の果てに、とうとう自殺未遂事件を起こすのです

本作の翌年の1995年、心身を病み異常な程に劇痩せして世間を心配させ、遂には1996年にはアメリカサンディエゴへ移住してしまい、一時は芸能界からも身を引いてしまうのです

21世紀の私達は彼女のこの運命を知って本作を観ています

バブル崩壊と宮沢りえ
この二つを振り返って本作を観て下さい
すると本作が違う意味を持っていたことに気づかされるのです

表面的には、本作は変化球の赤穂浪士に過ぎません
新解釈の赤穂浪士達の姿、時制を大胆に動かす構成の目新しさにしか目が行きません
手垢にまみれた赤穂浪士の物語に斬新さを求めただけの作品としか見えないと思います
それならば色々と残念な出来の作品だとなるのは当然だと思います

しかし本作公開から28年も年月が経ち、その年がどんな年であったのか、宮沢りえとはどんな女性であったのかを振り返って本作の意味を考えてみると、見えてくるものがあるのです

本作の大きな特徴は、赤穂浪士の討ち入りへのモチベーションを、主君への忠義ではなく、自らの侍としてのプライドに求めて入るところにあります

バブル崩壊はリストラの嵐が容赦なく吹き荒れました
どんな大企業も、超一流と言われる銀行まで
会社人間と揶揄されて、会社を家族のように思っていた日本人に、リストラは暴風雨のように襲いかかって、会社への忠誠心を揺るがせ、次第に喪わさせていったのです

赤穂藩の廃絶は、まるで地方の中堅優良企業が社長の財テク失敗で突然倒産したようなものです
バブル崩壊の過程でそんな企業は山ほど出ました
本作公開から、しばらくしてそんなニュースばかりになっていったのです
業績好調だったのに突然倒産したり、倒産しなくても部門ごと売却、部門廃止、工場閉鎖、店舗閉鎖、○千人を整理解雇する
そんなリストラのニュースが連日報じられるようになったのです
苦しい決算発表の記者会見である大企業の社長が膿を出し切ると言い放ったのを覚えています
リストラされる社員達は膿だというのです
今まで過労死するほどに会社のために忠誠を尽くして働いてきたのに、そんな理不尽な言い草って無いだろう!

そうです
本作は、そんな人々達の怒りの為の作品であったのではないでしょうか?

リストラした会社の社長というか、
バブル崩壊という訳の分からない理不尽なもの
それへの討ち入りだったのです

そして、宮沢りえ
私達は彼女がかって幸せの絶頂期にあったことを知っています
そしてその絶頂の僅か3ヵ月後には失意の奈落の底に叩き下ろされ、人生の悲しみの限りを舐め尽くしたことを知っています
その苦しみをこらえて明るい幸せそうな役とシーンを演じていることを知っています
本作での役と実際の彼女との大きなギャップを知っています

それはまるで、かってバブルの絶頂期を味わい、リストラが始まった時、その痛みをこらえ懸命に働いている私達の姿です
その先のさらに過酷な運命を何も知らずにいた、私達日本人の姿そのものだったのです

1994年とは、日本がバブル崩壊の奈落の底に転がり落ちて行ったことが目に見えだした年なのです
初めはゆっくりと、そんなものすぐに止められると思うほどに、落ちているのも気づかないくらいだったのです
だけど次第に勢いがまし、足がもつれだしていった、その頃だったのです

リストラの地獄の鍋の蓋が開けられたのです
既に、そのグツグツ煮え立った鍋に放り投げられた人々が出始めていました
明日は我が身だと誰しも思ったのです

そんな空気を、本作は捉えています
もしかしたら市川崑監督はそこまで構想して製作をしたのかもしれません

市川崑監督なら十分にあり得ると思ってしまいます

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240

1.0期待しすぎました

2019年4月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難しい

監督 市川崑×主演 高倉健の二度と見れない最強タッグで面白そうと思って観てましたが…
イマイチ面白そうにもなかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
HIDE Your Eyes

4.0大石内蔵助と色部又四郎

kossyさん
2018年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 いきなり鎌倉で隠れていた大石内蔵助。従来の物語を大幅にカットした潔さには驚いたものだが、その後時系列を入れ替えての記述。しかも吉良側である色部又四郎もクローズアップされて、純粋な赤穂浪士ファンには受けないであろう内容。

 ところがその映画的な編集の面白さも相まって、藩政の後始末に不破数右衛門を使って素早く対処する機知に富んだ内蔵助像が浮かんでくる。脱盟する者、仕官を促すなどの描写も今までは長編ドラマでしか描かれなかった。仮名手本忠臣蔵の見せ場を中心に添えるのではなく、人間臭い部分を中心にしたところも今までの映画と違う。そして、吉良家の図面はかなり前から手に入れているようでもあり、それを戦略的に計画を練る藩士の姿もある。

 残念なことに、内蔵助とおかるのシーンで中だるみとなり、緊張感もなくなってしまう。さらに遊びに夢中となる姿もないので、敵を欺く内蔵助の頭の良さもわかりかねる。そして、色部又四郎との頭脳合戦。茶会との兼ね合いで厳重警備をいつの日にするかと相手の目論見を読みあうところが素晴らしい。

 全体的に自然美を強調し、吉良邸討ち入りの美しいセット(迷路のような邸内もいい)が印象的。そういえば血判状や瑶泉院もチョイ役だし、清水一学もいないし、立花左近(垣見五郎兵衛)のシーンもない。歌舞伎よりも史実を意識した脚本なのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る