鉄道員(ぽっぽや)

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

名優・高倉健が主演を務め、第117回直木賞を受賞した浅田次郎の短編小説を実写映画化。「駅 STATION」「あ・うん」など数々の作品で高倉とタッグを組んだ降旗康男監督がメガホンをとり、定年間際の孤独な鉄道員に訪れる小さな奇蹟を詩情豊かに描いた。廃線間近となった北海道のローカル線・幌舞線の終着駅で駅長を務める佐藤乙松。今年で定年を迎える彼は、不器用なほどまっすぐに鉄道員(ぽっぽや)一筋だった自身の人生を振り返る。幼い一人娘を亡くした日も、愛する妻を亡くした日も、乙松は休むことなくずっと駅に立ち続けた。そんな彼の前に、ひとりの少女が現れる。愛らしい少女に、亡き娘・雪子の面影を重ねる乙松だったが……。共演には大竹しのぶ、広末涼子、志村けんら豪華な顔ぶれが揃った。2020年11月6日~、東京のT・ジョイPRINCE品川ほかにて4Kデジタルリマスター版をリバイバル公開。

1999年製作/112分/日本
配給:東映
日本初公開:1999年6月5日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第23回 日本アカデミー賞(2000年)

受賞

作品賞  
監督賞 降旗康男
脚本賞 岩間芳樹 降旗康男
主演男優賞 高倉健
主演女優賞 大竹しのぶ
助演男優賞 小林稔侍

ノミネート

助演女優賞 広末涼子
音楽賞 国吉良一
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)1999「鉄道員(ぽっぽや)」製作委員会

映画レビュー

4.0偉大なる映画人たちが遺した功績に思いを馳せる

2020年12月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

東映時代の高倉健さんを全盛期とする人もいるだろうが、それ以上に「君よ憤怒の河を渉れ」「八甲田山」「幸福の黄色いハンカチ」以降の、任侠映画のスターからイメージを脱却してからの健さんに、最近は更なる魅力を感じる。「夜叉」も最高に痺れますが、今作も何度だって観てしまう引力が溢れています。今は亡き健さん、降旗康男監督、坂上直プロデューサー、そして今年鬼籍に入られた志村けんさんの姿も確認することができる。ある意味、とても静かな作品だが夢のようなひと時を味わわせてくれる。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
大塚史貴

5.0「駅」と「鉄道員」

2022年10月2日
Androidアプリから投稿

北海道。駅。雪。健さん。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
M

3.5健さんだからという気もするが

2022年9月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

劇場公開時鑑賞。原作既読。
浅田作品としてはあまり好きではないのですが(直木賞仕様に調整してある感じがしちゃう)、なんかもう別にいいか健さんだもので済んでしまう。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
なお

3.0高倉健…不器用?とんでもない!!

2022年6月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

幸せ

高倉健といえば「自分、不器用ですから…」の人。もし、高倉健が鉄道員だったら?をまさに体現したような映画ではある。
でも、それだけでは終わらない味わい深〜いのが滲み出ていて、大スターと言われる格の違いを感じた。

確かに、地味は地味なので観る人は選ぶと思う。でも、高倉健演じる乙松の真面目さ、愛情深さ、ひたむきさ…滲み出る人柄は誰もが惚れるかっこよさで魅力される。
雪深い駅にたった一人で哀愁溢れる乙松もまたかっこいい。(画になる!!)

そんな乙松が笑顔になる出来事が!よかったと喜んだのも束の間のラスト…。泣かずにはいられない。でも、乙松らしく素晴らしかった。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
りりまる
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る