鉄道員(ぽっぽや)

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

名優・高倉健が主演を務め、第117回直木賞を受賞した浅田次郎の短編小説を実写映画化。「駅 STATION」「あ・うん」など数々の作品で高倉とタッグを組んだ降旗康男監督がメガホンをとり、定年間際の孤独な鉄道員に訪れる小さな奇蹟を詩情豊かに描いた。廃線間近となった北海道のローカル線・幌舞線の終着駅で駅長を務める佐藤乙松。今年で定年を迎える彼は、不器用なほどまっすぐに鉄道員(ぽっぽや)一筋だった自身の人生を振り返る。幼い一人娘を亡くした日も、愛する妻を亡くした日も、乙松は休むことなくずっと駅に立ち続けた。そんな彼の前に、ひとりの少女が現れる。愛らしい少女に、亡き娘・雪子の面影を重ねる乙松だったが……。共演には大竹しのぶ、広末涼子、志村けんら豪華な顔ぶれが揃った。2020年11月6日~、東京のT・ジョイPRINCE品川ほかにて4Kデジタルリマスター版をリバイバル公開。

1999年製作/112分/日本
配給:東映
劇場公開日:2020年11月6日

その他の公開日:1999年6月5日(日本初公開)

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第23回 日本アカデミー賞(2000年)

受賞

作品賞  
監督賞 降旗康男
脚本賞 岩間芳樹 降旗康男
主演男優賞 高倉健
主演女優賞 大竹しのぶ
助演男優賞 小林稔侍

ノミネート

助演女優賞 広末涼子
音楽賞 国吉良一
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)1999「鉄道員(ぽっぽや)」製作委員会

映画レビュー

4.0偉大なる映画人たちが遺した功績に思いを馳せる

2020年12月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

東映時代の高倉健さんを全盛期とする人もいるだろうが、それ以上に「君よ憤怒の河を渉れ」「八甲田山」「幸福の黄色いハンカチ」以降の、任侠映画のスターからイメージを脱却してからの健さんに、最近は更なる魅力を感じる。「夜叉」も最高に痺れますが、今作も何度だって観てしまう引力が溢れています。今は亡き健さん、降旗康男監督、坂上直プロデューサー、そして今年鬼籍に入られた志村けんさんの姿も確認することができる。ある意味、とても静かな作品だが夢のようなひと時を味わわせてくれる。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
大塚史貴

3.0あの頃の広末は、、、

2024年7月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

高倉健、そして小林稔侍が渋い。しかしなんといっても広末が輝きすぎだろ、という映画。
内容的には寡黙で愚直にぽっぽや任務を遂行する、おじさん(高倉健)の哀しいストーリー。映画としての完成度は高いと思うのだが、原作の問題だろうが、この手の「夢落ち」的ファンタジーは個人的にはちょっと受け入れ難いかな、と。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
まさき

4.0北海道の健さんは永遠だ

2024年3月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

番外地シリーズに始まり、山田監督との三部作、そして降旗作品とかたり始めるときりがないけど、北海道の厳しくもおおらかな大地と寡黙な健さんの組合せはそれは自分のなかでは絶対だ。やっぱりこのタッグは最高級だなあ。
この作品でも乙松駅長と健さんがオーバーラップして、演じている感じがしないぐらい。改めて凄さを思い知る。
それにしても往ってしまった方ばかり。それだけでなく、この作品で重要な小道具だった牛乳瓶も消えていくらしい。でも映画は記録する。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Bluetom2020

2.0やっぱりつまらん

2023年12月31日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
プライア
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る