降旗康男

降旗康男
ふりがな
ふるはたやすお
誕生日
1934年8月19日
没日
2019年5月20日
出身
日本/長野

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

東京大学文学部仏文学科を卒業後、東映に入社。東京撮影所に配属され、進行係からスタートする。美空ひばり主演の「青い海原」(57)で助監督デビュー。家城巳代治監督の「裸の太陽」(58)で出会った宮島義勇カメラマンから多大な影響を受けた。66年、「非行少女ヨーコ」で監督デビュー。以降、菅原文太主演の「現代やくざ」シリーズや、高倉健主演の「新・網走番外地」シリーズでメガホンをとる。74年にフリーランスになってしばらくは映画を離れ、山口百恵主演の「赤い」シリーズなどTVドラマの演出を中心に活動。倉本聰脚本、高倉主演の「冬の華」(78)で劇場映画に復帰。81年の「駅 STATION」(81)でも倉本が脚本を担当し、高倉が主演した。以降、「あ・うん」(89)、「藏」(95)といった名作を生み出し、「鉄道員 ぽっぽや」(99)では日本アカデミー賞の最優秀監督賞と最優秀脚本賞(岩間芳樹と共同)を受賞する。その他の作品に「夜叉」(85)、「ホタル」(01)、「あなたへ」(12)など。

関連作品(映画)

降旗康男の関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

降旗康男の受賞歴の詳細を見る

写真・画像

降旗康男の写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

降旗康男の関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

降旗康男の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「降旗康男」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る