劇場公開日

25%
25%
50%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大正から昭和にかけての20年にも及ぶ変転を、多彩な人間模様を通して描いた文芸ドラマ。監督は「新・極道の妻たち 惚れたら地獄」の降旗康男。原作は、東映京都撮影所での映画化が、「鬼龍院花子の生涯」に始まって「陽暉楼」「序の舞」「櫂」「夜汽車」「寒椿」と続いてこれが7作目にあたる宮尾登美子。主演は「わが愛の譜 滝廉太郎物語」の浅野ゆう子と、これが映画デビューとなる一色紗英。また松方弘樹が共演のほか、自らエグゼクティブ・プロデューサーもつとめている。

1995年製作/日本
配給:東映

ストーリー

大正8年、吹雪の荒れ狂う一月の夜更け、新潟県亀田町の地主で、清酒“冬麗”の蔵元二代目・田乃内意造の長女として烈は生まれた。母の賀穂が病弱であったため、烈の養育は賀穂の妹・佐穂に委ねられた。佐穂の親身な世話で烈はすくすくと成長したが、小学校入学の直前、烈の目が夜盲症といういずれ失明に至る不治の病におかされていることが発覚した。意造はあらゆる治療を試みたが効果はなかった。賀穂は、神にすがろうと越後三十三カ所の巡礼に旅立ち、その先で病に倒れ息をひきとってしまう。烈は佐穂を親代わりに頼りにし、成長していった。そんな折、意造は二十歳以上も年の若い芸妓のせきを後添えにした。烈は佐穂が後添えになるものとばかり思っていたので反発する。居場所のなくなった佐穂は、黙って田乃内家を出るのだった。意造とせきの間には待望の男子が生まれたが、不幸にも事故に巻き込まれて死んでしまう。意造はあまりの衝撃に脳卒中で倒れ、寝たきりになってしまった。生きる意欲をなくし、弱気になった意造は“冬麗”の蔵を閉めると言い出す。しかし、烈は意造に「あの蔵を烈に下さい。烈がお酒造りをしてみせます」と申し出るのだった。意造は酒造りは女の仕事ではないと反対したが、烈は聞き入れなかった。念願かなって蔵開きを迎えることが出来た烈は、蔵人の中に昔馴染みの釜屋の涼太を見つける。しばらく会わないうちに立派な風格を漂わせている涼太に、酒造りのやりとりの中で、烈は自分の中の隠し難い思いを意識するのだった。その年の酒造りが終わり、何も言わず帰って行った涼太を、烈は意造の反対を押し切って訪ねて行った。烈から涼太への思いを打ち明けられた佐穂は、意造に烈と涼太の結婚を許してやるように説得する。意造と烈を思いやる佐穂の言葉を聞いて、意造は改めて佐穂の存在の大切さに気づき、共に生きることを決心するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第19回 日本アカデミー賞(1996年)

受賞

主演女優賞 浅野ゆう子

ノミネート

作品賞  
監督賞 降旗康男
脚本賞 高田宏治
主演男優賞 松方弘樹
助演女優賞 一色紗英
音楽賞 さだまさし 服部隆之
新人俳優賞 一色紗英
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0酒蔵

2020年6月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

大正時代の新潟酒造メーカーが舞台、蔵元に長女(一色紗英)が生まれるが、目に異常がありいずれ視力を失う、と診断される。
病気平癒を願い巡礼に出た祖母(加藤治子)が亡くなり、病弱な母(黒木瞳)も亡くなり、叔母(浅野ゆう子)が育てることに。
父(松方弘樹)は後妻(夏川結衣)を貰うが、長女とは折り合いが悪い。
男の影は薄く、女たちのしたたかで頑なな生き方が印象に残る。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5浅野ゆう子の美しさが際立ってた。

tunaさん
2020年6月28日
iPhoneアプリから投稿

浅野ゆう子の美しさが際立ってた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る