風立ちぬ

劇場公開日

風立ちぬ
26%
41%
23%
7%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

宮崎駿監督が「崖の上のポニョ」(2008)以来5年ぶりに手がけた長編作。ゼロ戦設計者として知られる堀越二郎と、同時代に生きた文学者・堀辰雄の人生をモデルに生み出された主人公の青年技師・二郎が、関東大震災や経済不況に見舞われ、やがて戦争へと突入していく1920年代という時代にいかに生きたか、その半生を描く。幼い頃から空にあこがれを抱いて育った学生・堀越二郎は、震災の混乱の中で、少女・菜穂子と運命な出会いを果たす。やがて飛行機設計技師として就職し、その才能を買われた二郎は、同期の本庄らとともに技術視察でドイツや西洋諸国をまわり、見聞を広めていく。そしてある夏、二郎は避暑休暇で訪れた山のホテルで菜穂子と再会。やがて2人は結婚する。菜穂子は病弱で療養所暮らしも長引くが、二郎は愛する人の存在に支えられ、新たな飛行機作りに没頭していく。宮崎監督が模型雑誌「月刊モデルグラフィックス」で連載していた漫画が原作。「新世紀エヴァンゲリオン」の監督として知られる庵野秀明が主人公・二郎の声優を務めた。松任谷由美が「魔女の宅急便」以来24年ぶりにジブリ作品に主題歌を提供。第70回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に選出され、第86回アカデミー賞では長編アニメーション部門にノミネートされるなど、海外でも高い評価と注目を集めた。

2013年製作/126分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第37回 日本アカデミー賞(2014年)

受賞

優秀アニメーション作品賞  
優秀音楽賞 久石譲

第86回 アカデミー賞(2014年)

ノミネート

長編アニメーション賞  

第71回 ゴールデングローブ賞(2014年)

ノミネート

最優秀外国語映画賞  
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2013 二馬力・GNDHDDTK

映画レビュー

3.0零戦設計士の話で、宮崎駿の描きたいことが存分に描かれている作品。 ...

2022年6月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

零戦設計士の話で、宮崎駿の描きたいことが存分に描かれている作品。
たくさんの夢が詰まった感じ。けど、その夢も破壊のためという時代背景が切ない。
そう思ってみると、いろいろ感慨深いものがある。
生きねば、にたくさんの気持ちが込められた大人なジブリ作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー

3.0堀辰雄、ではなく堀越二郎

2022年6月13日
iPhoneアプリから投稿

興奮

幸せ

零式艦上戦闘機。
通称ゼロ戦を作った堀越二郎の人生を、これでもかと脚色して描いた作品です。
ゼロ戦の方は宮崎監督、飛行機作って落としてとても楽しそう。
もう一つの原作は、堀辰雄の同名小説。
節子と作者の悲恋を描いた、古典サナトリウム文学です。
これでもか、の部分は大体こっちの堀さんです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
かせさん

3.5大空へと

LaLaさん
2022年3月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

2013年公開作品

ジブリ作品
「風立ちぬ」

確か、夏休み公開だったような
お子さん連れのファミリーも
いましたが、途中退席される方も
目立ちました。

時代背景もそうですが
大人向けかなと・・

子どもの頃からの夢
飛行機で大空への憧れを抱き
設計士となる
正義感の強い主人公の物語。

関東大震災、貧困、結核の流行
戦争・・・・
激しい時代を精一杯生きた
堀越二郎さん。
皆が、楽しく乗れる飛行機を
造りたかったのに・・
時代が、そうはさせなかったという
哀しさも伝わってきて
少女との運命の出会いも描かれ
全編、風が吹くシーンが印象的。

エンドロールは
松任谷由実さんこと
ユーミンの名曲
「ひこうき雲」に、泣けました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
LaLa

5.0黙々と一人の青年の努力によって大事業はなされていくのか

2022年3月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

知的

とにかく静かな作品。

だが、登場人物の情熱はそれぞれが非常に熱い。
何が起ころうと黙々と自分のやるべき事に熱中し、為すべき事を達成していく。
明治、大正、そして昭和初期っていうのはこういう空気感だったのだろうか?

主人公の人物像は宮崎駿監督の作品への製作姿勢を投影したのかな?と想像してみるのも面白い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とんこつ
すべての映画レビューを見る(全524件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る