ガメラ 大怪獣空中決戦

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ガメラ 大怪獣空中決戦

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

宇宙の守護神ガメラと超遺伝子獣ギャオスの壮絶なバトルを描いた特撮怪獣映画。本作品は、65年に「大怪獣ガメラ」として登場したシリーズの9作目にあたり、80年の「宇宙怪獣ガメラ」に続く14年ぶりの作品である。最新のSFXを駆使して、迫力の映像を展開。監督は「毎日が夏休み」の金子修介。脚本は「ネクロノミカン」の伊藤和典。特技監督に「未来の想い出 Last Christmas」の樋口真嗣がそれぞれあたっている。主演は「四姉妹物語」の伊原剛志、「ゴジラVSメカゴジラ」の中山忍、スティーヴン・セガールの娘・藤谷文子ら。封切り代表館である日比谷映画では、上映期間中「ガメラシアター」と館名を変更し、ポスター展などを場内で開催して話題を呼んだ。95年度キネマ旬報ベストテン第6位。同・読者選出ベストテン第2位。

1995年製作/95分/日本
配給:東宝

ストーリー

プルトニウム輸送船「海竜丸」の警護にあたっていた海上保安庁の巡視船に、「海竜丸」が座礁したとの連絡が入った。海底ははるか下方だったが、確かに環礁に乗り上げているのが確認される。だが、その環礁はまもなくまるで生き物のように「海竜丸」から離れて行った。その頃、福岡市の動物園に勤める鳥類学者・真弓は、五島列島の姫神島で消息を絶った恩師・平田を心配して県警の大迫とともに島に飛んでいた。彼女がそこで見たものは、巨大な鳥によって破壊しつくされた島の変わり果てた姿だった。その後の調査により、人を食糧としている巨大な謎の鳥型生物が生息していることが判明。しかもそれは3匹だった。事態を重く見た内閣は鳥を捕獲することを決定した。一方、「海竜丸」の座礁事件の謎を追う保安庁の米森は、海上保険会社の草薙を頼って調査船に乗り込む。太平洋上で環礁を発見し上陸した米森たちは、そこで不思議な金属片と、碑文の書かれた大きな石碑を見つける。ところがその瞬間、環礁は再び生き物のように動き出し、上に乗っていた調査隊は海中に投げ出されてしまった。その時、米森は海中で環礁の正体を見る。それは、巨大な亀の形をした生物だった。巨大鳥捕獲のためにかりだされた真弓は、福岡ドームに罠を仕掛け、鳥の飛来を待った。果たして、3匹の鳥はドーム内の餌に食らいつき、まんまと作戦に嵌まったように見えたのだったが、狙撃隊の発砲が一瞬早かったために鳥が暴れ出し、ドーム内はパニックに陥る。そこへ、あの環礁と思われていた生物が正体を現して飛来して来た。亀の恰好をしたその巨大生物は、鳥の1匹を殺すと、逃げて行く他の2匹を追って、ジェット噴射を噴き出して空の彼方へ消えた。1万2000年前、一夜にして海底に沈んだ伝説の大陸アトランティスで使われていた未知の金属オリハルコンと推定された石碑の文字を解読した米森は、「最後の希望ガメラ、時の揺籠に託す。災いの影、ギャオスとともに目覚めん」という文章に今回の事件を重ね合わせて見ていた。古代文明人は、遺伝子の操作によって自らが誕生させたギャオスによって滅亡の危機に遭い、さらにその手から逃れるためにガメラを誕生させたのだ。そして今、永い眠りから目覚めたギャオスと共にガメラもまた目覚めたのである。木曾山中に現れたガメラは、そこで1匹のギャオスを退治。残りの1匹を追って、さらに富士の裾野へ飛行を続けるのだった。ところが、ガメラがギャオスを倒すために蘇ったということを信じられない政府は、ガメラにもミサイルを発射。ガメラは、深い傷を負ってしまう。ところが、ガメラが傷つくと、草薙の娘・浅黄もまたガメラと同じところから血を流して倒れてしまうのであった。どうやら、米森がガメラの背中から拾って浅黄にあげた金属片がマガタマとなって、ガメラと浅黄の心が通じてしまったようだった。ガメラは海底深くに身をひそめ、回復を待っていた。ガメラの攻撃から逃れた最後のギャオスは、東京に出現。次々に人々を襲っては、より凶悪に、より巨大に成長していく。ギャオス退治に躍起になる自衛隊。東京タワーなどが破壊され、東京はその機能を失っていく。だがその時、昏睡状態になっていた浅黄が目覚め、ガメラの復活を告げるのだった。その言葉通りガメラは復活し、ギャオスと大バトルを展開する。その末に、ガメラの放ったプラズマ火球がギャオスをとらえ、断末魔の叫びと共にギャオスは粉々に砕け散った。役目を終えたガメラは、米森や真弓、そして浅黄らが見守る中、海の彼方へ消えて行くのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
特技監督
樋口真嗣
脚本
伊藤和典
製作総指揮
徳間康快
企画
佐藤直樹
武井英彦
森江宏
鈴木伸子
製作
池田哲也
萩原敏雄
澤田初日子
製作代表
加藤博之
漆戸靖治
大野茂
プロデューサー
土川勉
撮影
戸澤潤一
撮影補佐
高間賢治
美術
及川一
音楽
大谷幸
音楽プロデューサー
三浦光紀
爆風スランプ
録音
橋本泰夫
照明
吉角荘介
編集
荒川鎮雄
衣装
馬場紀子
長田好宣
ライン・プロデューサー
南里幸
助監督
片島章三
スクリプター
石山久美子
スチール
久井田誠
特技撮影
木所寛
特技照明
林方谷
特技編集
普嶋信一
特技美術
三池敏夫
特技スクリプター
河島順子
特技スチール
石月美徳
特技助監督
神谷誠
編集補佐
冨田功
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)1995 KADOKAWA 日本テレビ 博報堂

映画レビュー

4.0ギャオスの合成粗くて昔の映画だなぁと思うのだけれど、はじめの方から...

yonda?さん
2019年10月21日
スマートフォンから投稿

ギャオスの合成粗くて昔の映画だなぁと思うのだけれど、はじめの方からドームに閉じこめる作戦とか展開が良いので、ガメラ初登場シーン頃にはもう完全に気にならなくなっている。
プルトニウムとかそっちかと思ったら神話とか勾玉も取り入れて脚本が凝っている。まぁでもタイトル通りバトル中心。
自衛隊の攻撃が効かない!とかじゃなくて、けっこうダメージ与えている。
全編にわたってかなり見応えある。
ありがとうガメラ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

4.0本物の報道の底力

2019年6月15日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

萌える

当時の報道番組やワイドショーで活躍されていた方が次々に出てくる。
 それだけで、そこに起こっていることにこれだけリアリティーをもたらせるのか。すごい。
 TVが製作に絡んでいる映画には失望させられることが多いけれど、この映画は日テレの力が効いている。

 そして、本田氏。アクの強さは抑え気味だが、コメディリリーフ的存在として、目が離せない。
 そして、その横にいる長谷川氏。お二人の間合いがとてもいいのにも関わらず、本田氏が何やっても、それを漫才コンビのように受けるでもなく、ただ己のスタンスを崩さない。なのに、繰り返してしまうが、”コンビ”として成立している。なんてすごい存在なんだ。
 本郷氏の出演も、かっての怪獣映画を思い起こさせてツボ。

そしてガメラとギャオス。
 どちらもクリクリおメメがかわいい。
 ガメラについては誰も「亀」と言わない。ひっくり返って足をバタバタさせる様すらあるのに。「どう見ても亀だろ!」と心の中でツッコミ。なのに、橋で主人公を逃がす場面では、逃げたか確かめてうなづく場面もあったりしてかわいい。そんな、台詞にはないが、脚本に仕込まれたギャグも効いている。
 ギャオスの方は動きに迫力がある。画面に向かって飛んでくる様。商店街で犬を襲う様。迫力がある。なのに、成長するシーンでは大爆笑。

そして皆さん絶賛の、ギャオス on 東京タワーの美しさよ。

ツッコミどころも満載。
 職場規範、それでいいんかい!とか、
 巫女?で、お子様向けだからか「お父さん」と力を合わせてパワーを送るって(笑)。
 いきなり宇宙ですか?まあ、確かに『空中決戦』ですが…。でも、決着したのは…。
 他にも、あれもそれも、いろいろ…。

そんなツッコミどころも、狙った胸躍るオマージュ・お約束どころやギャグですか?と言いたくなるほど、脚本と演出と映像がうまくかみ合い、飽きさせない。

出演者も、すでに上に記した方々以外にも、蛍氏や、ワンショットしか出ない商店街で襲われそうになる婦人や自衛隊関係者がしっかり演じてくださり、作品を支えている。

怪獣映画も、本当に好きな人々が本気で作ると、こんなに楽しめる作品になるんだなあ。
こんな映画なら何度も見たい。

ps:報道系のキャスターたちが報道する様を見て、普段でもフェイクニュースでも、この映画のように本物っぽく伝えられるんじゃないか?と怖くなった。
 最も、数々の大災害の時の実況報道と比べると、やっぱり、”ヒリヒリ”として緊張感が足りない。災害に関しては騙されないで済みそうかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とみいじょん

4.0初めて観たときは怪獣映画の新しい地平を開いてくれたと思いましたね。...

2019年5月18日
Androidアプリから投稿

初めて観たときは怪獣映画の新しい地平を開いてくれたと思いましたね。福岡ドームから飛び立つガメラのビジュアルの素晴らしかったこと!セーガルの娘は下手だったけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

4.0ギャグが良い。

tさん
2019年2月17日
PCから投稿

笑える

興奮

幸せ

所々でご飯を吹き出しちゃう展開はあるんだけど・・・サスペンスの見せ方が上手い。だから、ちゃっちい部分があまり気にならない。やっぱ映画は監督の編集次第だよな。
あとこの映画が上手いと思うのは、そのご飯を吹き出しちゃう展開をうまくギャグとして消化してるところだと思う。
多分怪獣ファンじゃなくても、映画好きな人ならソコソコ爆笑できると思う。突っ込んで!!!と言わんばかりに、登場人物がバカである。そして多分意図的にそう言う演出してると思う。
言うまでもなく特撮も良いと思う(僕は特撮のアレコレについては、正直よくわからない)
ガメラは正義の味方!怪獣ファンなら胸熱間違いなしですね。とても良い映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
t
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ガメラ」シリーズ関連作品