ガメラ対大悪獣ギロン

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ある女子高校医の記録 失神」の高橋二三が脚本を執筆し、「蛇娘と白髪魔」の湯浅憲明が監督した、シリーズもの。撮影は「続セックスドクターの記録」の喜多崎晃。

1969年製作/82分/日本
配給:大映

ストーリー

冒険好きの少年明夫とトムは、不時着した無人宇宙船で遊んでいるうちにハッチが閉まり、宇宙に飛び出してしまった。二人を心配したガメラは、宇宙船を護衛したが、途中ではぐれてしまった。やがて、自動操縦される宇宙船は、謎の発進基地に戻った。だが、この星は荒涼たる廃墟で、恐しい怪獣が跳梁しており、二人は怪獣ギャオスと獰猛な悪獣ギロンとの凄絶な格闘に肝を冷すのだった。そして、とある物陰にひそんだ時、二人は円錐形のボックスに入れられてしまった。それは、高度の文明が生んだ交通機関で、地下のパイプを伝って移動するボックスだった。やがて、基地のコントロール・センターに来た少年たちは、電子翻訳装置を使って日本語を話す二人の女性に出会った。明夫とトムは、この星の素晴らしい文明の一端を見て驚き、地球への帰還をも約束して喜んでいた。ところが、彼女たちは仲間たちを食べて生きのびていたのだ。喜びも束の間、首枷をはめられ、頭髪を剃られ、二人は危機におちこんだ。少年たちを助けたのは後を迫っかけて来たガメラだった。ガメラが少年の味方であることを知った宇宙人は、リモコンを使ってギロンをけしかけ、ガメラと闘わせた。二転、三転、ガメラは少年たちの活躍もあってギロンを倒し、少年たちの乗込んだ宇宙船を口にくわえ、地球に戻っていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

2.5ちょっとふざけすぎのところございますし、ギャオスを輪切りにするスプ...

2019年6月1日
Androidアプリから投稿

ちょっとふざけすぎのところございますし、ギャオスを輪切りにするスプラッターシーンは、「ウルトラマンA」でムルチが超獣に引き裂かれるシーンと同じくらい、子供こころにはショックでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

1.0強いぞガメラ♪

kossyさん
2019年4月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 カメ、トカゲ、コウモリ、イカと動物シリーズが続いていたけど、今度はギロチン?最初に星座の姿や天文台が映し出され、天体好きの少年にはたまらない冒頭。世界各地の天文台に宇宙からきた電波。宇宙人がいるんじゃないかと噂される。巡査役に大村崑。子供たちにコンちゃんと呼ばれているのが面白い。「嬉しいとメガネが落ちる」というギャグまで・・・

 たどり着いた星はテラ星。太陽をはさんで丁度地球の反対側にあるという太陽系第10惑星。。ギロンという怪獣はそのテラ星の番犬のような存在。科学が発達しすぎて、いろんな怪獣が生まれてしまったらしい。しかし、友好的な宇宙人ではなく、子供たちを食べようという恐ろしい存在。彼らがピンチになったときガメラがやってくる・・・

 最初はやられたけど、子供たちの声援によって復活する。鉄棒の大車輪とかゴーゴーダンスとか、笑えるシーンが続く。強いぞガメラ♪と歌われつつも、子供たちの助言のおかげでギロンを倒したガメラだった。

 それにしても、子供が勝手にテラ星へ行って破壊活動するなんてのは明らかに侵略行為。地球では彼らの行方不明だけが問題になったのであって、被害は何も被っていないのだ。それでも戦争や交通事故のない世界を作りたいと願う子供の気持ちは大切にしたいものです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.0人食い宇宙人に気を付けましょう!

syu32さん
2019年2月21日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

 「ガメラ」シリーズ第5作。

 サンテレビの「アフタヌーンシアター」での放送で初鑑賞。ビデオに録画して何度も観ました。

 第1作以降の「昭和シリーズ」のガメラは、普段は宇宙空間を飛び回っています(追放されたとき、意外と居心地が良かったのでしょうか?(笑))。しかし、ひとたび怪獣が現れ、子供の助けを呼ぶ声が届くのか、地球に戻って来ます。なので本作のように、他の惑星が舞台となっても何の不思議も無いわけでございます…。

 美しい女性ふたり組の宇宙人、バーベラとフローベラに連れ去られた少年ふたりの冒険を軸に、ガメラと用心棒怪獣ギロンとの戦いが描かれました。
 この宇宙人、実は人食い人種。少年たちを食べようとします。なかなかショッキング! 初めて観たときはビビりました(笑) ドーナツとカルピス(?)の中に眠り薬をしこみ、眠らせておいて食べようとするのですからめちゃくちゃ質が悪い(笑)
 そんな悪巧みをガメラが放っておくわけもなく駆け付けて来ますが、迎え撃つはギロン。頭部が刀で、刃の両脇から手裏剣を飛ばして来るという、ユニークな怪獣です。「ガメラ2 レギオン襲来」の製作段階で、対戦相手の候補に揚がっていたそうです。採用されなくて良かった…(笑)
 両者の戦いは非常にユーモラスで、まさにシリーズの真骨頂。さながら怪獣オリンピックのようなウルトラCが炸裂しました。子供の頃は喜べましたが、今観ると…う~む、何とも言えません(笑)

【余談】
 宇宙にもギャオスが生息している、ということ。
 ギロンにはあっさり負けちゃうということ。
 しかも、その肉はめちゃくちゃ臭いということ(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
syu32

2.0ギャオス、可哀そう

2018年8月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

子供が宇宙船に乗り込み、宇宙人の星に行ってしまう。
怪獣のいる星で、ギロチンというよりも出刃包丁みたいな怪獣が暴れており、ギャオスも切り身にされてしまう。
子供向けでも連れて行った大人のことを少しは考えてもらわないと。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ガメラ」シリーズ関連作品