やじきた道中 てれすこ

劇場公開日

やじきた道中 てれすこ
18%
36%
32%
9%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

“弥次さん喜多さん”コンビと花魁が繰り広げる珍道中を、数々の落語ネタを散りばめながら描いた人情喜劇。弥次喜多コンビに扮するのは、46年ぶりに映画主演を務める歌舞伎役者・中村勘三郎と個性派俳優の柄本明。さらに小泉今日子がヒロインを演じる。品川の遊郭で久々に再開した弥次さんと喜多さんは、売れっ子花魁・お喜乃の足抜けを手伝うことに。同じ頃、大阪では謎の生物“てれすこ”が捕獲され大騒ぎとなっていた……。

2007年製作/108分/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0笑える珍道中・・

亮一君さん
2016年10月31日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

落語ネタの映画なんですね。「てれすこ」とか「切り指」とか・・今は亡き中村勘三郎の江戸っ子ぶりが良かった。あとキョンキョンは演技が上手く面白いなぁ。柄本明の首つり騒ぎや飲酒騒動も笑った。珍道中の3人の楽しい物語。2007年の邦画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
亮一君

5.0年季の入った真打ちの落語家が、トリで語る人情話の一席を聞いてているかのような作り込まれた間の取り方で、引き込まれました。

2008年5月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 DVD化記念トーク&イベントで柳家三三師匠から落語版「てれすこ」の一席をききのした。内容は下記のようなもので、これはこれで、結構面白かったです。
・・・・・
随分と昔の話
長崎のとある漁村で、誰ひとりとして名前を知らな
い世にも珍しい魚が網に掛かった。
「名前を知っている者には褒美を取らす」という高札を見た村の外れの男。
この男が「これは『てれすこ』という魚です」と申しでて、褒美を貰う。
男の話にどうにも納得できない代官は、「てれすこ」を干物にして再び男を呼び出し、この干物の名を開いてみた。すると男は、「これは『すてれんきょう』という魚です」と答えたものだ。
「これは前回お前が私に『てれすこ』と申した魚だ。何故干しただけで名前が変わるのだ。不届きものめ」と、男は牢に入れられる。
夫の身を心配した妻は干物断ちをして無事を祈るが、男の罪は死刑と決まった。
最期の望みとして、男は養子を呼び寄せてもらい、こう言った.
「この子が大きくなっても、イカを干したものをスルメと呼ばせるな。また命を取られるわい」
するとそれを聞いた代官は、「なるほど。生でイカ、干してスルメ。同じ魚でも名が変わることもあるわい」と小膝を打って納得した。
そうして男は無罪になった。
・・・・
 上記の落語のネタを膨らませたのが、この作品です。

 お馴染みの弥次さん、喜多さんに加えて、花魁・お喜乃の手玉に取られた弥次さんが、喜多さんと三人で沼津まで下る珍道中は途中もエピソードたっぷり。

 特に酒癖の悪い喜多八が酔いつぶれてて、常軌を逸したときの柄本明さんの演技はすごい迫力でしたね。(写真)
 あと可笑しかったのは、旅に出る前に、役者として芝居の演目でしくじった喜多八が首を吊るシーン。
 首を吊ったものの重さで着地し、助かった!と安堵の顔を浮かべた喜多さんだったが、紐を括っていた石灯籠に野良猫がニャンとも飛び乗ってしまったのです。ネコちゃんの分石灯籠が重くなり、哀れ喜多さんはその重さ分またまたつり上げられてしまいました。
 ニャンのことか知らんぷりの野良猫の無表情と首を吊って必死にもがく喜多さんの表情の対比が可笑しかっです。

 何気なく見はじめたDVDでしたがすご~~く面白かった!です。
 落語にも精通し、『しゃべれども しゃべれども』を撮った平山監督作品だけに、笑いのレベルが高く、まるで年季の入った真打ちの落語家が、トリで語る人情話の一席を聞いてているかのような作り込まれた間の取り方で、引き込まれました。
 ぜひDVDを見てください。
 時代劇に興味のない高校生や中学生でも、これなら気軽に笑えるでしょう。そして面白くも切ない弥次さんの恋もご賞味あれ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
流山の小地蔵

3.5病み上がりだったそうですが

MAKOLYNさん
2007年11月29日

笑える

とにかく柄本明さんがいい味だしてました。腰を悪くして入院した直後の撮影だったとかで、本当は大変だったそうですが、全然わからないほどの熱演で笑えました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MAKOLYN

4.5面白い。

ハチコさん
2007年11月29日

笑える

楽しい

単純

落語好きな方には、とても楽しめる作品だそうです。
タイトルの「てれすこ」、「切り指」「淀五郎」
「お茶汲み」「浮世床」「狸賽」「野晒し」…などなど。
私は全然知らないもんですから^^;どうかなと思いましたが、
それとはあまり関係なく楽しめました。
ご存じ弥次さん喜多さんの珍道中に、足抜けした花魁を加え、
ゆかいな仲間たちの旅がテンポよく描かれていました。

てれすこ…ってそれにしてもなんなんですかねぇ^^;
不思議な生き物のようですが、マンガみたいな絵しかなくて
けっこう笑えます。干物になると、すてれんきょう?(爆)
サイトを読むと古典落語の段に、イカがスルメに…とあり、
あーそういうことか!と納得。落語ってやっぱり粋ですねぇ。

とにかく今作は主役の三人に加え、チョイ役までが豪華!!
そのオチのために登場したんですね?なんていう人までいて、
本当に面白かったです。どうぞ探してみてください。
配役までも粋だなぁ~^m^

こういう、さらっと観られる作品にでも、
ちゃんとした俳優、凝ったセット、ロケ地、ストーリーと
手を抜いていない作品を観ると、邦画も良いなぁと…♪
内容からして高齢層のお客さんが多く^^;
上映中、トイレに立つ人々の多さには驚きましたが(汗)

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ハチコ
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「やじきた道中 てれすこ」以外にこんな作品をCheck-inしています。