バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2

劇場公開日

42%
49%
8%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大ヒットを記録した「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985)の続編で、シリーズ全3部作の第2部。2作目と3作目はまとめて撮影され、半年の間に続けて公開された。無事に1985年へ戻ってきたマーティの前に、2015年からデロリアンに乗ってやってきたドクが現れ、マーティの将来に危機が生じると告げる。その危機を回避するため、2015年の未来にタイムスリップしたマーティは未来世界での事件を解決するが、そこでのささいな出来事が発端となり、戻った先の1985年は全く違う世界に変貌していた。世界を元通りにするため、再び1955年にタイムスリップすることになったマーティだったが……。

1989年製作/107分/アメリカ
原題:Back to the Future Part II
配給:UIP

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第62回 アカデミー賞(1990年)

ノミネート

視覚効果賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0キング・オブ・トリロジー PARTⅡ

2020年5月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波、VOD

笑える

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
しゅうへい(syu32)

5.0女装のマイケルに胸キュンした若き日の僕

2020年3月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

興奮

2020年映画館鑑賞29作品目

盛岡中央劇場午前10時の映画祭午後のバックトゥザフューチャー3本立て2本目

今回観るまで液晶テレビや携帯電話はあまり記憶になかった
それより実現しなかった未来のほうが今となると印象強い
車もボードも飛ばないし自動靴紐のスニーカーも自動乾燥の服も無理だった
実現したのはカブスの優勝くらいかと思うくらい

残念なのはマーティーのカノジョ役と父親役がの俳優が変わっていること
しかし父親役は似た顔の役者に特殊メイクを施したためか当時は気づかなかったし
カノジョ役はチョイ役で地味なせいか存在感に乏しく全くの別人なのに当時は気づかなかった
女優で印象が残ったのは前作今作だけだとリー・トンプソンのみ

カノジョ役は特に問題なかったがジョージ役だったクリスピン・グローバーはドクの遥か上をいく変人だったようで(^_^;)
裁判沙汰のトラブルにロバート・ゼメキス監督は立腹したそうでBtt Fファンとして同情します

2015年ビフが変えた1985年再び1955年

前作に比べるとテンポが悪い
しかしあくまで前作に比べての話
あっちは星10個ほしい別格の作品
2と最近のハリウッド以外比べたら雲泥の差
猿の惑星やスターウォーズの2より面白い

絡まった万国旗があとあとに二度も役に立つのが感心させられる

また戻れなくなりドクに泣きつくマーティー
失神するドク
3に続く

バックトゥザフューチャーでのクリストファーロイドの演技はオーバーだがマッドサイエンティストという設定なんだからOK
キャラによっては自然な演技が物足りなくかえって不自然になるのかもしれない
だから『進撃の巨人』のハンジ役を務めた石原さとみの芝居は正解

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄

3.5公開当時は,非常に面白い!と思った記憶はあったが…

2020年3月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

単純

改めてそんなに前だったんだぁ〜d( ̄  ̄)
思った事をそのまま記載して置こうと思う…
シナリオ,設定とか自体は,面白い❕がしかし、今現在観直すと,しょうがないのか?仕方が無いのか?(同じかぁ) どうもいかんせん,古くて一寸ダサさを感じ取れちゃったのは、正直な感想なのかもしれない…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サクちゃん

5.0「午前十時の映画祭」でバック・トゥ・ザ ・原点 PART2

2020年3月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

興奮

「午前十時の映画祭」立川シネマシティの極上爆音上映にて久しぶりに鑑賞。

子供の頃に大好きだったシリーズ。かなり久々に観たけどめちゃくちゃ面白かった。脚本がもの凄く巧妙。未来、現在、過去を行ったり来たりと次から次へと押し寄せる奇想天外な展開に感服するのみ。前作との繋がりもお見事。未来の雰囲気やビフが牛耳る退廃した現代の雰囲気など世界観が相変わらず素晴らしい。2時間とは思えぬ程に色々な物が詰まった濃厚な旅。昔観た時と変わらぬ最高の娯楽映画だった。

個性的なキャラクター達を演じる役者陣が相変わらず最高。マイケル・J・フォックスやクリストファー・ロイドは勿論、ビフ&グリフ役のトーマス・F・ウィルソンが凄く良い味出してる。ロバート・ゼメキス監督の見事な配役。子役時代のイライジャ・ウッドの出演シーンもちょっとした見どころ。

娯楽映画の大傑作。間違えなくスクリーンで観るべき作品。「午前十時の映画祭」に毎度のことながら大感謝。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
アントキのバンデラス
すべての映画レビューを見る(全66件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ関連作品