ベクシル 2077日本鎖国

劇場公開日

ベクシル 2077日本鎖国
3%
21%
42%
24%
10%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2067年、バイオテクノロジーとロボット技術の急激な発達が世界から危険視された日本は、ハイテク技術を駆使して鎖国を断行。それから10年後の2077年、米国特殊部隊所属のベクシルは、鎖国以後、誰も足を踏み入れたことのなかった日本への潜入に成功するが……。「ピンポン」の曽利文彦監督が、モーションキャプチャーを駆使して描く3DCGアニメーション。本作で声優初挑戦となる黒木メイサがヒロインの声を担当。

2007年製作/109分/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2007「ベクシル」製作委員会

映画レビュー

4.0SWORD、恰好良い!

不死鳥さん
2019年12月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
不死鳥

4.0日本は開国すべきですたい!

kossyさん
2018年11月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 ちょっとわかりにくい部分もありましたが、“3Dライブアニメ”という画期的な映像はハリウッドの3Dアニメに引けを取らないものがありました。ロボットや、メカニックな部分は立体感のある映像によって充分楽しめるし、この冷たい感じのする部分と対照的に、人間らしさを強調するところは2D感をも盛り込んでいて、日本アニメの伝統を受け継いでいるような気もします。

 21世紀に入り、邦画においては3Dアニメの分野で遅れているような感触もあったのですが、『イノセンス』や『アップルシード』、それに『銀色の髪のアギト』など試行錯誤を繰り返し、ここにきてハリウッドとは違った、独自の方向性を見出したような。

 ストーリーもなかなか面白い。日本が鎖国するとはいえ、視点は米国特殊部隊SWORDからのもの。「何か危険な研究開発してるんじゃないか?」と不安になる米国の心理と、日米安保条約は将来どうなったのかは描かれてないけど、日米の絆も疎かにできないという心理が絶妙に映し出される。しかし、潜入してみてビックリ!10年間の鎖国時代に何が起こったのかという驚愕の事実が次々と明らかにされる・・・

 バイオ技術やロボット産業。科学の進歩だけは著しい日本だったが、国民を支配するという愚かな支配者の思想は全く進歩していない。これによって「反日的だ」という批判も多いことでしょうけど、政府を皮肉ったものではなく、巨大な軍事産業を皮肉ったものだととらえるべき内容。さらに、戦後混乱期の闇市のような露店街は人間の暖かさを感じさせ、むやみに発展しすぎた科学を否定するものでした。

 パーツごとに捉えてみると、様々なSFアニメ・SF映画の融合体のようにも思えます。だけど、ちょっとユニークなサイバーウィルスなんて凄い発想です。なんたって、人間の体がアンドロイド化していくんですもん。また、金属を吸収していく“ジャグ”なんてのは、『風の谷のナウシカ』の王蟲や『もののけ姫』のオットコヌシのような存在になるのでしょうか。こちらのは自然破壊に対する怒りじゃなくて、人間破壊に対する怒りのようなものかもしれませんね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

1.5○○騙し

2014年6月20日
Androidアプリから投稿

単純

テクノロジーの高さがすなわち幸福につながるわけではない。
この映画のテーマの一つだろうが 、まさしくこの映画自体をいい得ている。技術力の高さがまるで映画の面白さに直結しておらず、残念に思うと同時に安堵した。
とにかく全編に渡ってこけおどしの映像でなんとかしようと、いやなんとかいい作品が作れていると勘違いしているようだが、一部のアニメオタク以外にとっては無用の長物としかいえない出来映えである。
人間の動きを取り入れた技術は表情までは再現できず、むしろ過去のマンガ的アニメ的表現が如何にアニメにとって合理的かを証明している。動きの面白さも過去作品にもあったような巨大さや速さが映像の面白さを担保している。
設定こそ新鮮味があったが物語は陳腐でありきたりな展開しか見せない。台詞回しはイメージする気持ち悪いオタクといった印象のままで誉めどころのすくない作品。
精々凝んな技術があるんだなと確認する価値があるかもしれない。
まあSFアニメが好きな方にはまた別の見方もあるんでしょうね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
病気の犬

5.0今見ても凄い映像

javoonさん
2012年1月27日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

映像、特にアクションシーンが秀逸。途中からハリウッドの実写映画並みの興奮だった。本当に日本のスタッフだけで制作したのだろうか?ストーリーは後半やや失速したが、前半はかなり良かった。そして音楽も相当ツボでした。日本のCG映画もなかなかやりますな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
javoon
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ベクシル 2077日本鎖国」以外にこんな作品をCheck-inしています。