ベクシル 2077日本鎖国 特集: 曽利文彦監督インタビュー(2):不可能を可能にする3Dライブアニメ

ホーム > 作品情報 > 映画「ベクシル 2077日本鎖国」 > 特集 > 曽利文彦監督インタビュー(2):不可能を可能にする3Dライブアニメ
メニュー

ベクシル 2077日本鎖国

劇場公開日 2007年8月18日
2007年8月13日更新

曽利文彦監督インタビュー

前のページから続く

■実写では不可能なことを可能にしてくれる、3Dライブアニメの魅力

実写では困難なスケール感溢れるアクションが満載 実写では困難なスケール感溢れるアクションが満載

――モーション・キャプチャーを使ったアニメというのは日本で「アップルシード」があり、そのシリーズ最新作「エクスマキナ」も今年公開されますし、さらにこの「ベクシル」もあります。こうした技術は、さらに進化していくと思いますか?

「ただただリアルさを追求し、リアルな人間をCGで作っていくのはナンセンスだと思っています。だったら人間でやればいいのであって、技術の見本市みたいな作品を作る必要はない。ただ、どうしてもCGがないと描けないというものは、これからもずっと残ると思うので、そうした時にきちんとCGが使えればいいなと。自分の中では『ベクシル』は実写のつもりなんです。『ベクシル』みたいなスケールの実写が日本でも作れればいいなと思いますけど(笑)、それはすごく遠いことなのかもしれない。実写で映像化するのをあきらめなければならないストーリーが目の前にあった時、こうした3Dライブアニメという表現手法があることが、とてもありがたいと思っています」

“CGだからこそ出来ること”がある “CGだからこそ出来ること”がある

――曽利監督はジェームズ・キャメロン監督のもとで「タイタニック」のCGを担当しましたが、そのキャメロンもこうした3D技術に興味を抱いていますよね。キャメロンと曽利監督とが同じ方向を見ているのかなと思うと面白いですね。

「キャメロンの中にも、何か実写でやりきれないことがあるんだと思います。『タイタニック』を作ってあまりにも大変だったと思うので(笑)。その後のCG技術の進化で、自分がイメージしたものを実写以上に作れる可能性を感じている部分があるんだと思います。多分、キャメロンくらいになると、実写でなければできないものと、そうでないものとが、自分の中できっちり別れていると思うんです。それで、彼の見えているものと同じようなものを、自分たちも見ているということなのかもしれません。実写とCGの両方をやってわかるものもあるんですが、自分は両方を経験ができたことがとても大きいと思いますね」

■声優初挑戦の俳優たちと、プロの声優の匠の技が融合

――黒木メイサさん、谷原章介さん、松雪泰子さんという声優初挑戦の3人が主演声優を務めていますが、アフレコはいかがでしたか?

ベクシル(黒木メイサ)、マリア(松雪泰子)などキャストとキャラクターの相性もバッチリ ベクシル(黒木メイサ)、マリア(松雪泰子)など
キャストとキャラクターの相性もバッチリ

「3人とも初めてなので不安もあったと思いますが、すごく一生懸命に取り組んでくれました。黒木さんは、鋭い眼やルックスも含め、ベクシルそのものでしたね。真っ直ぐな雰囲気が、だんだんキャラクターと同化していくあたりが面白かった。松雪さんはオーラがすごくて、松雪さんの演技そのものが、マリアに乗り移ったような印象が強かった。背中を見せているだけの場面でも、そこに松雪さんがいるような錯覚に陥ることがありました。谷原さんは、外見も整っていて男らしさが外に出ていながら内はナイーブで――それも非常に男性的だと思うんですけど、そんなところがレオンにシンクロしていていましたね」

――プロの声優さんと役者さんの違いは?

「声優さんは“匠”ですね。声の芝居に関してはプロフェッショナルで隙がなく、安心してお任せできる。普通の俳優さんは、特に今回は3人とも初めて声優をやるわけなので、細かく話し合いながらキャラクターを一緒に作っていきました。そこには完成されていない面白さがあり、予測の出来ない広がりを感じました。声優さんの匠な技に頼る部分と、初々しさの中で作り上げていく部分との両方が、うまいバランスを保てたと思います」

<<前のページへ

関連コンテンツ

インタビュー

曽利文彦監督インタビュー:情報だけでつながる人間関係の危うさ
インタビュー

「ピンポン」の曽利文彦監督が、モーションキャプチャーを取り入れた革新的な3Dライブアニメ「アップルシード」のプロデュースを経て、今度は自身の手で新たな3Dアニメ「ベクシル 2077日本鎖国」を完成させた。黒木メイサ、谷原章介、松雪泰子...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

緻密さを極めた視覚的表現やディテールに見応え
映画評論

日本独自のフルCGアニメのスタイルとなった、モーション・キャプチャーとトゥーンシェーダーを組み合わせた“3Dライブアニメ”という形式も、さほど違和感なく受け入れられるようになってきた。本作の監督である曽利文彦がプロデュースを務めた「A...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す