ベクシル 2077日本鎖国 インタビュー: 曽利文彦監督インタビュー:情報だけでつながる人間関係の危うさ

ホーム > 作品情報 > 映画「ベクシル 2077日本鎖国」 > インタビュー > 曽利文彦監督インタビュー:情報だけでつながる人間関係の危うさ
メニュー

ベクシル 2077日本鎖国

劇場公開日 2007年8月18日
2007年8月13日更新

「ピンポン」の曽利文彦監督が、モーションキャプチャーを取り入れた革新的な3Dライブアニメ「アップルシード」のプロデュースを経て、今度は自身の手で新たな3Dアニメ「ベクシル 2077日本鎖国」を完成させた。黒木メイサ、谷原章介、松雪泰子ら豪華キャストも話題の本作について、常に進化を遂げる映像表現へのこだわりや、伝えたかった思いなどを語ってもらった。(聞き手:編集部)

曽利文彦監督インタビュー

革新的な映像が世界から注目を集める「ベクシル」 革新的な映像が世界から注目を集める「ベクシル」

■情報だけでつながる人間関係に危うさを感じる

――ロボット技術の発展した日本が、その技術力を世界から危険視された結果、“鎖国”という道を選択する。とても大胆で面白い設定だと思いました。

5年ぶりの監督作を手掛けた曽利文彦監督 5年ぶりの監督作を手掛けた
曽利文彦監督

「もともとコミュニケーションが不足してきているということが、話の原点にあったんです。現代は人と人が直接コミュニケーションをとるのが大変になってきて、メールやケータイといったテクノロジーがそれをサポートしてる。“情報だけでつながる人間関係”みたいな社会構造が加速しているわけで、もし情報が遮断されると、個人が孤立してしまう。それが“個人の鎖国”という発想となり、鎖国と言えば国を閉じることだから、そこから今回の設定に広がっていったんです」

――テクノロジーの進歩に対する警笛のようなメッセージをこめたつもりはありますか? 現実社会でも、クローン技術が問題になっていたりしますが。

「テクノロジーの進歩そのものは、いろいろな利点をもたらすと思うんですが、そのために人が集団で生きていくことのバランスを失い始めると危険だという思いはありますね。発達したテクノロジーの良いところをいかにきちんと扱い、悪いところをフォローするかというのが重要で。ただ、そうしたことを考えていて、どうしても戻ってしまうのが、先ほど述べたコミュニケーションについてなんです。情報だけでつながる人間関係というのが、いろんなところでバランスを崩していきそうな気がします」

■本物以上にリアルに見せてしまう、飛躍した技術力

――技術的な部分では「アップルシード」に比べて人物の描写が豊かになった気がしました。陰影の細かさなどで、表情が豊かになったというか。

人物の表情もより豊かに、リアリティのあるものになった 人物の表情もより豊かに、リアリティのあるものになった

「『アップルシード』の頃に比べると、表情や顔の動きという部分に関して、技術が飛躍的に進歩しました。その技術を最大限に利用すると、逆に本物の人間以上に動いてしまうので、そのさじ加減が難しいというのはありましたね。動きすぎて困るというのは不思議な話ですけど(笑)。また、衣裳なんかも『アップルシード』と全く違って、折り目ひとつ、皺ひとつまで描けるようになり、人物の動きがある程度リアルなので、細かい皺なんかには気を配りました」

――アクションシーンはある程度勢いで乗り切れると思いますが、逆に抑制されたシーンが難しいのでは?

「おっしゃる通り、アクションシーンに関しては、少々絵が粗くても迫力で押し切れると思うんですけど、今回はいかにキャラクターがきちっと芝居ができるかというところが力を入れたところでもあり、それが可能であるからこそ、自分で監督しようと思ったんです。セリフのあるところは声優さんに助けられてる部分も多いと思いますが、顔や雰囲気だけでお芝居するところは、その演技を作るのが特に大変でしたね」

>>次のページへ

関連コンテンツ

特集

曽利文彦監督インタビュー(2):不可能を可能にする3Dライブアニメ
特集

※前のページから続く――モーション・キャプチャーを使ったアニメというのは日本で「アップルシード」があり、そのシリーズ最新作「エクスマキナ」も今年公開されますし、さらにこの「ベクシル」もあります。こうした技術は、さらに進化していくと思い...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

緻密さを極めた視覚的表現やディテールに見応え
映画評論

日本独自のフルCGアニメのスタイルとなった、モーション・キャプチャーとトゥーンシェーダーを組み合わせた“3Dライブアニメ”という形式も、さほど違和感なく受け入れられるようになってきた。本作の監督である曽利文彦がプロデュースを務めた「A...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ベクシル-2077 日本鎖国-[DVD] ベクシル-2077 日本鎖国- 通常版[DVD] ベクシル -2077 日本鎖国-[Blu-ray/ブルーレイ] ベクシル-2077 日本鎖国- HD&スタンダードツインパック[HD DVD]
ベクシル-2077 日本鎖国-[DVD] ベクシル-2077 日本鎖国- 通常版[DVD] ベクシル -2077 日本鎖国-[Blu-ray/ブルーレイ] ベクシル-2077 日本鎖国- HD&スタンダードツインパック[HD DVD]
発売日:2009年10月2日 最安価格: ¥1,695 発売日:2008年1月25日 最安価格: ¥3,851 発売日:2008年7月25日 最安価格: ¥6,383 発売日:2008年1月25日 最安価格: ¥7,344
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
2.5 2.5 (全13件)
  • 日本は開国すべきですたい!  ちょっとわかりにくい部分もありましたが、“3Dライブアニメ”という画期的な映像はハリウッドの3Dアニメに引けを取らないものがありました。ロボットや、メカニックな部分は立体感のある映像によって充... ...続きを読む

    kossykossy kossykossyさん  2018年11月27日 13:07  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ○○騙し テクノロジーの高さがすなわち幸福につながるわけではない。 この映画のテーマの一つだろうが 、まさしくこの映画自体をいい得ている。技術力の高さがまるで映画の面白さに直結しておらず、残念に思うと同時... ...続きを読む

    病気の犬 病気の犬さん  2014年6月20日 02:12  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • 今見ても凄い映像 映像、特にアクションシーンが秀逸。途中からハリウッドの実写映画並みの興奮だった。本当に日本のスタッフだけで制作したのだろうか?ストーリーは後半やや失速したが、前半はかなり良かった。そして音楽も相... ...続きを読む

    javoon javoonさん  2012年1月27日 21:43  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー サムライマラソン 佐藤健&森山未來が驚き、戸惑い、試行錯誤を繰り返した時代劇の現場とは?
  • インタビュー ねことじいちゃん 岩合光昭、人間ドラマ初監督作品で猫35匹が出演! 撮影の秘訣は“猫のための一週間”
  • インタビュー 半世界 稲垣吾郎、初の単独主演映画で感じたこと、これからのキャリア
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報