ゼロ・グラビティ

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ゼロ・グラビティ
ゼロ・グラビティ
34%
46%
16%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「トゥモロー・ワールド」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が、宇宙空間に投げ出されてしまった宇宙飛行士たちの極限的状況を最新VFXと3D技術を駆使して描いたSFドラマ。スペースシャトルのメディカル・エンジニア、ストーン博士とベテラン宇宙飛行士のマットは、船外作業をしていたところで予想外の事故に遭い、宇宙空間に放り出されてしまう。空気も残りわずかで地球との交信手段も断たれ、たった1本のロープでつながっているだけの2人は、絶望的な状況の中から生還を目指すが……。ストーン博士役にサンドラ・ブロック、マット役にジョージ・クルーニー。撮影は「トゥモロー・ワールド」ほかキュアロン作品を多数担当する名匠エマニュエル・ルベツキ。脚本はキュアロン監督と、監督の息子ホナス・キュアロンによる。第86回アカデミー賞では、作品賞ほか同年度最多となる10部門にノミネート。監督、撮影、視覚効果、作曲など計7部門で受賞を果たした。

2013年製作/91分/G/アメリカ
原題:Gravity
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第37回 日本アカデミー賞(2014年)

ノミネート

優秀外国作品賞  

第86回 アカデミー賞(2014年)

ノミネート

作品賞  
主演女優賞 サンドラ・ブロック
美術賞  

第71回 ゴールデングローブ賞(2014年)

受賞

最優秀監督賞 アルフォンソ・キュアロン

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演女優賞(ドラマ) サンドラ・ブロック
最優秀作曲賞 スティーブン・プライス
詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • カリスマ
  • カオス
  • MEATBALL MACHINE ミートボールマシン
  • 蠱毒ミートボールマシン
  • ハードコア
  • ディストピア パンドラの少女
  • ラザロ・エフェクト
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
  • タイム・トラップ
  • 人間まがい
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

映画レビュー

2.0正直分からないけど私の理解不足か?

2020年9月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

まず言いたいんだけど
主人公の女イラッとした〜!!!!

それ以外は
映像が綺麗すぎて驚いたのと
宇宙って表現が的確にできていて凄かった。

内容やストーリーとしてよりも
映像として素晴らしかったとは思う。

というか本当に
女にイライラしすぎて
内容が入らなかったっていうのもあるかも?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あかねん

5.03D、IMAXで酔いました。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

騙されたと思って高い金を払ってIMAXで3Dで観たのが大正解でした。
SFXの技術がここまで進化したのかと目を疑うばかりでした。

サンドラ・ブロックほか登場人物少数。
きっとギャラも抑えて、ひたすらSFXに投資したのだろうなと感じました。

映画のストーリーについても、よく練られて楽しめました。

このワクワク感のうち、何割が3D-IMAXの効果なのか正確には分からないのですが、どうせ時間を過ごすのなら、ぜひ高い金を払って観ることをお勧めしたいと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番

5.0映画館で宇宙に放り出されてこその映画

ヨ一さん
2020年7月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

この映画はテレビやモニターじゃ伝わらない
"3D"で"映画館"で宇宙に投げ出されなくちゃ意味がない

初めて観た3D映画がこれだった
その後、様々な3D映画を観てきたがこれを超える3D体験は無かった…思い出補正もあるかもしれない
けれども、再び観て思った
やっぱり3Dの最高峰だった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヨ一

5.0IMAX3Dが物語のテーマと一体化した作品

ニコさん
2020年6月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

 7年前、IMAX3Dで観た衝撃が忘れられない。
 当時、「アバター」以来の3D作品は、3D技術を見せるシーンが物語のシークエンスから微妙に浮いているような印象を持っていた。ところがこの作品は、IMAX3Dによる広大な宇宙の臨場感溢れる映像が、主人公の孤独感や絶望感、後半の彼女の決心の重さに強烈な説得力を与えており、エフェクトが出しゃばることなく物語のテーマと融合していた。
 裏を返せば、テレビ画面で2Dで観たのではせっかくの良質な物語の説得力が半減してしまう、そういうタイプの映画だ。それは作品の本質的な価値が低いということでは決してない。ただ悩ましいのは、上映期間終了後に家であの感動をもう一度、というわけにはなかなかいかないという点だ。
 今回コロナ禍で新作公開が滞った折に、そんな本作を再上映作品に選んだTOHOシネマの素晴らしいチョイス。7年経っても映像の力は全く色あせておらず、手に汗握りながら心地よく宇宙酔いした。また、こちらが年を取ったせいか主人公の心の機微を余計に切実に感じた。

 オンデマンド隆盛の時代とは言え、映画館での映像体験から遠ざかるのはあまりにもったいない。日常から離れて一人でも気軽にイベント的な映像体験が出来て、思い出を作れる場所。IMAXやドルビーシネマもいいし、ひなびた映画館で気楽に鑑賞するのもまた楽しい。
 少しずつ新作公開も復活しつつある。がんばれ映画館。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ニコ
すべての映画レビューを見る(全611件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ゼロ・グラビティ」以外にこんな作品をCheck-inしています。