血と骨

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
血と骨
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

自身の父親をモデルに描いた梁石日の同名小説を「月はどっちに出ている」「クイール」の崔洋一監督が映画化。1920年代、一旗揚げようと済州島から大阪にやってきた金俊平は、カマボコ工場を興し、高利貸しとなってたくましく生き抜いていくが、彼の強烈な生きざまは、家族や周囲の人間たちを思わぬ事態に巻き込んでいく。金俊平役にビートたけし、その妻役で鈴木京香、息子と名乗る男役でオダギリジョーらが出演。

2004年製作/144分/R15+/日本
配給:松竹、ザナドゥー

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第28回 日本アカデミー賞(2005年)

受賞

監督賞 崔洋一
主演女優賞 鈴木京香
助演男優賞 オダギリジョー

ノミネート

作品賞  
脚本賞 崔洋一 鄭義信
助演女優賞 田畑智子
音楽賞 岩代太郎
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)「血と骨」製作委員会

映画レビュー

5.0兎に角

REpowerさん
2019年8月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

興奮

パンチのある衝撃的な映画だった。

改めて思うと、凄い時代だったなと思う。

今の時代では速攻で捕まって終わりだが、今の時代に無いパワーを感じる。

北野武のベストじゃないかと、個人的には思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
REpower

3.5容赦無いですね。

刺繍屋さん
2019年5月5日
iPhoneアプリから投稿

負のエネルギーが目に見えるんじゃないかと思うくらい凄まじく濃い作品でした。
金以外は信用せず、他人には容赦無い暴力を振るう…。
有り余る精力もあってだと思いますが、どのようにしたらあのような人間が出来上がるのか、とても興味深かったです。

監督北野武としての作品も好きですが、俳優としてのビートたけしさんも素晴らしい役者さんですよね。
特に常軌を逸した狂気を帯びた人間を演じさせたら右に出る者はいないだろう事を改めて認識させられました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
刺繍屋

3.0血は母より、骨は父より受け継ぐ。朝鮮の巫女の歌。土葬された死者の血...

yonda?さん
2018年9月30日
iPhoneアプリから投稿

血は母より、骨は父より受け継ぐ。朝鮮の巫女の歌。土葬された死者の血肉は腐り果てようと骨だけは残るという意味がある。

コミックス版を全部読んだけど、漫画版の方が描かれ方がヒドくてえげつない。
リアルさは映画の方が上。

梁石日が立てなくなって
「いっぺん死んだらいい。死にや」っていう場面が感情込もっていた。

内容が内容だけにかなり疲れる作品。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
yonda?

3.0暗い映画

2017年10月8日
iPhoneアプリから投稿

大阪朝鮮人街が舞台。
タケシ演じる朝鮮人のおっさんがとにかく酷い。
ヤリまくるわ、暴力振るうわ。

その下で暮らす母、娘息子。

戦後間もない大阪の暮らし。大変と思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
30代の嘆き
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る