ペトラは静かに対峙する

劇場公開日

ペトラは静かに対峙する
6%
70%
21%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

スペイン出身の気鋭監督ハイメ・ロサレスが、カタルーニャの乾いた大地で繰り広げられる悲劇の連鎖を描いた。画家のペトラは作品制作のため、著名な彫刻家ジャウメの邸宅にやって来る。彼女の本当の目的はジャウメが自分の父かどうか確かめることだったが、彼が権力を振りかざす冷酷な人物であることがわかってくる。そんな中、一家の家政婦が謎の自殺を遂げ……。章ごとに時系列を前後させながら描き、パズルのピースをはめていくように家族の秘密が徐々に明らかになっていく。主演は「マジカル・ガール」のバルバラ・レニー。本作で77歳にして演技デビューを果たしたジョアン・ボテイがジャウメを演じ、「オール・アバウト・マイ・マザー」のマリサ・パレデスがジャウメの妻役を演じる。

2018年製作/107分/PG12/スペイン・フランス・デンマーク合作
原題:Petra
配給:サンリス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2018 FRESDEVALFILMS, WANDA VISION, OBERON CINEMATOGRÀFICA, LES PRODUCTIONS BALTHAZAR, SNOWGLOBE

映画レビュー

4.0章が変わるたびに驚きが迸る。静かな中に激情が貫く力作

2019年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

田舎の村を訪れる女性。どうやら彼女は絵描きのようで、とある大物芸術家のもとで創作活動をしようとしているらしい。映画は穏やかに、かつ静かに展開し、その先に何か起こるとしたらせいぜい芸術論をぶつけ合うくらいしかないのではないかというほどだ。が、これが一つの事件をきっかけに、時代や記憶、繰り返される悲劇などを絡めた、小さくとも深くて激しい、うねりのある叙事詩へと転じていく。

物語をそのまま時系列に並べると、古典的な文芸作のように仕上がったはず。ところが作り手はそうはしない。あえて時系列を操作することで、観客がスクリーンを見ながら抱いていた「違和感」の答えらしきものを後付けで提示し、さらにチャプターが変わるたびに「えっ!」と言うスリリングな心境をもたらしてくれる。静けさは激情の裏返し。観客は何が起ころうともこの結末を見届けずにいられない。結果的に、強靭かつ骨太な人間ドラマがそこには出現していた。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
牛津厚信

3.5【時間軸を巧妙に入れ替えた作品構成が、不思議なサスペンスの迷宮に誘い込もうとする作品。】

NOBUさん
2021年8月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館、VOD

悲しい

難しい

幸せ

ー ハイメ・ロサレス監督は、7章立てで物語を進める。だが、時間軸通りではない。ー

◆感想<Caution! 内容に触れています。>

 ・著名な彫刻家ジャウメ(ジョアン・ボティ:77歳にして、本作で演技デビュー)の、傲岸不遜で権威を振り翳す、人間性の欠片もない振る舞い。こんな人間がいるのか・・。

 ・彼の過去、現在の行いのために、ペトラ(バルバラ・レニー)始め妻マリサ(マリサ・パレデス)や”息子”ルカスは、振り回されていく。人生を狂わされていく・・。

 ・ジャウメは、実はルカスが自分の子ではないと知っていたのではないか。出なければ、”お前の偽りの幸せを邪魔するためだった・・”などと言う言葉は出て来ないだろう。

<ジャウメは、自分で身を立て、名を上げながらも実は中身のない空虚な人間だったのではないか?
 出なければ、あのような最期はを遂げる事はなかったであろう。
 何とも、切ない物語。
 第7章のペトラが全てを理解したうえで、マリサに対して行ったラストシーンに救われた作品。>

<2019年7-8月頃 京都シネマにて鑑賞>

<2021年8月11日 別媒体にて再鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU

4.0パウでかした

2021年8月9日
Androidアプリから投稿

ジャウメがクソすぎて引き込まれました。奥さん役がオールアバウトマイマザーの女優さんだそうですが、この映画のタイトルこそオールアバウトマイマザーだったかも。奥さんは夫は気づいていないと言ってたけど気づいてたからあんな仕打ちだったんじゃないのかな。まあ誰にでもあの態度の生まれついての精神的サディストなのか。ペトラが奥さんのことをあそこまで嫌うのはよく分かんなかったけど、夫婦まとめてきらいってことだったのかしら?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
三毛猫泣太郎

3.5ラストで分かった

ミカさん
2020年6月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ミカ
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る