トータル・フィアーズ
ホーム > 作品情報 > 映画「トータル・フィアーズ」
メニュー

トータル・フィアーズ

劇場公開日

解説

ボストンのスーパーボウルの会場で核爆弾が爆発、爆弾の出荷元は新大統領が就任したばかりのロシアと判明、はたしてこれは世界大戦の序曲なのか。CIAの情報分析官ジャック・ライアンは真相の究明を命じられる。トム・クランシーの「恐怖の総和」の映画化。「レッド・オクトーバーを追え!」以前の若き日のジャック・ライアン役はベン・アフレック、その上司役にモーガン・フリーマンが扮する。監督は「フィールド・オブ・ドリームス」のフィル・アルデン・ロビンソン。

作品データ

原題 The Sum of All Fears
製作年 2002年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和
上映時間 124分
オフィシャルサイト  

特集

だから、ベン・アフレックはイイの!
Photo: KAORI SUZUKI

大作が続くベン・アフレック。しかし、彼のどこがいいのか? 一般人にはちいとわかりにくい、その魅力を「大ファン」を自認する杉谷伸子氏が熱筆! なるほど、ベンってそうだったのか!だから、ベン・アフレックはイイの!杉谷伸子ベン・アフレックの...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

最悪の危機をリアルかつスリリングに描く衝撃作
トータル・フィアーズの映画評論・批評

起こり得る最悪の危機=米ロ全面核戦争の到来を、説得力をもって描き切った衝撃作。その直接の引き金となるのは米国を襲う核テロ(爆風の描写が秀逸)だが、本作の優れた点はそこに至る展開の確かさ。ロシアで不慮の事態が相次ぎ、米政府にロシアへの不...トータル・フィアーズの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全6件)
  • スケールがでかすぎ スケールがでかすぎて途中から距離を感じてしまう。CIAにスカウトされて活躍をはじめるまではスパイ映画として楽しめるわけだが、核爆発してからは雰囲気までもが吹き飛んでしまう。 ギリギリすぎる報告で... ...続きを読む

    okaoka0820 okaoka0820さん  2018年5月5日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 内容は最悪 内容は最悪。非現実な話が延々と続くだけ。たとえるならば、「2001年のアメリカ貿易センターテロのあと、アメリカがそれをロシアの攻撃と勝手に断定して、ロシアと核戦争を始める」というくらいの非現実さ... ...続きを読む

    Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要です Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要ですさん  2018年3月8日  評価:0.5
    このレビューに共感した/0人
  • まあ面白いけど。。。 攻撃機が撃墜されて核弾頭落っことしたら、 落とされた位置は正確にわかるのだからどう考えても必死になってすぐに回収するわな。。。 小説が元らしいけど、ほんとアメリカ映画って漫画だよなぁ~って。 話... ...続きを読む

    ぬこ ぬこさん  2018年1月11日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

「ジャック・ライアン」シリーズ関連作品

他のユーザーは「トータル・フィアーズ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi