清須会議

138分
 

予告編・フォトギャラリー

解説

三谷幸喜が17年ぶりに書き下ろした小説を自ら脚色し、メガホンをとって映画化。本能寺の変で織田信長が死去した後、家臣の柴田勝家と羽柴(豊臣)秀吉らが後継者を決め、日本史上初めて合議によって歴史が動いたとされる清須会議の全貌をオールスターキャストで描く。三谷監督作品では初の時代劇。天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長がこの世を去り、筆頭家老の柴田勝家は信長の三男でしっかり者の信孝を、羽柴秀吉は次男で大うつけ者と噂される信雄をそれぞれ後継者に推薦する。勝家、秀吉がともに思いを寄せる信長の妹・お市は秀吉への恨みから勝家に肩入れし、秀吉は軍師・黒田官兵衛の策で、信長の弟・三十郎信包を味方に引き入れ、家臣たちの人心を掌握していく。やがて後継者を決める会議が開かれ、それぞれの思惑が交錯する。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

製作

スタッフの続きを見る

企画

プロデューサー

アソシエイトプロデューサー

ラインプロデューサー

原作

脚本

撮影

照明

録音

美術

音楽

編集

テクニカルプロデューサー

VFXスーパーバイザー

スクリプター

衣装デザイン

美術デザイン

装飾

キャスティング

助監督

製作担当

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 138分
映倫区分 G
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

猿したたか

真っ直ぐ過ぎるとうまく立ち回れない 柔軟にどんな時でもしなやかに動く 頭も柔らかくして捨てるものはバッサリと大切なものはどんなことをしても守る 邪魔なプライドなどない方が良い 頭を下げて済むの...

カルヴェロ1952llさん

贅沢で風変わりな配役

織田家臣団がわからないとつまらないだろうな、これ。あと秀吉好きなら痛快だろう。それほどひねってるわけじゃないし、笑える場面も多くはないが、実際とは違うにせよ、山崎の戦いの次の日本史の重要密室イベ...

肉ネ~ムさん

圧倒的大泉洋感

史実を知らなかったので話はなかなか楽しめた。秀吉の根回し上手は見習いたいね。 が、俳優があまりに俳優そのまますぎたというか、もう秀吉が完全に大泉洋。良くも悪くも、そこが気になってしまった。

コトブキさん

DVD・ブルーレイ情報

インタビュー

三谷幸喜監督&役所広司、7年ぶり再タッグの先にある見果てぬ夢

コメディではなく喜劇、と三谷幸喜監督はのたまう。監督第6作となる「清須会議」は少年時代から夢中になり、いつかは撮りたいと願っていた時代劇。だからこそ、「大爆笑コメディにはならない」と知りながら、自筆の小説の映画化に挑み、監督としてのエ...

関連ニュース

受賞歴

第37回 日本アカデミー賞(2014年)

ノミネート

優秀監督賞 三谷幸喜
優秀脚本賞 三谷幸喜
優秀音楽賞 荻野清子