おくりびと

130分
 

予告編・フォトギャラリー

ご使用のブラウザはHTML5に対応していません。

解説

遺体を棺に納める“納棺師”という職業を通して、様々な死と向き合い人生をみつめるヒューマンドラマ。監督は「壬生義士伝」の滝田洋二郎、音楽を久石譲が担当。ひょんなことから納棺師の見習いとなった元チェリストの大悟は、妻の美香には冠婚葬祭の仕事とごまかして働いていた。日々とまどいながらも様々な死と出会い成長していく大悟と、それを見守る美香を本木雅弘と広末涼子が好演。第81回アカデミー賞で、日本映画史上初の外国語映画賞を受賞した。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

脚本

撮影

スタッフの続きを見る

音楽

プロデューサー

作品データ

製作年 2008年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 130分
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

静かで美しい

所作一つ一つが美しかった。 多くのセリフではなく、所作、美しい風景、表情で繋いでいたのがよかった。 そこまで忌み嫌われる対象なのだろうか?と感じたのは無知だからなのか…素晴らしい仕事。

るんさん

現在終活中、勉強のために。 私、本木雅弘と全く同じ日に生まれてます...

現在終活中、勉強のために。 私、本木雅弘と全く同じ日に生まれてます(誰が興味あんねん!) 納棺師、たいへんな職業だと思います。無くてはならぬ貴重な仕事だともわかりました。でもねーどうせ一見さん...

はむひろみさん

納棺師、チェロ、石

ネタバレ注意

やっくるさん

DVD・ブルーレイ情報

映画評論

美学の極致まで達した死の儀式を見せる美しい映画

本木雅弘演じる主人公の“納棺師”が死に化粧と納棺の儀式を行う。死に装束の着物の衣ずれの音まで耳に心地よく響く。彼の所作ひとつひとつが指先まで神経が行き届いて、(ポーラ伝統文化振興財団の)記録映画でよく見る“匠の仕事”、美学の極致にまで...

インタビュー

映画初脚本の小山薫堂氏が語る「おくりびと」

東京で職を失ったチェロ奏者が、故郷の山形で遺体を棺に納める「納棺師」という職業に就き、様々な死と向き合いながら成長する姿を描いた人間ドラマ「おくりびと」。先の第32回モントリオール世界映画祭でワールド・コンペティション部門のグランプリ...

関連ニュース

受賞歴

第32回 日本アカデミー賞(2009年)

受賞

作品賞
監督賞 滝田洋二郎
脚本賞 小山薫堂
主演男優賞 本木雅弘
助演男優賞 山崎努
助演女優賞 余貴美子

ノミネート

主演女優賞 広末涼子
音楽賞 久石譲

第81回 アカデミー賞(2009年)

受賞

外国語映画賞