夜は短し歩けよ乙女のレビュー・感想・評価 (7)

夜は短し歩けよ乙女

劇場公開日 2017年4月7日
160件中、121~140件目を表示 映画レビューを書く

評価は個人差がありそう

他の方のレビューを見ると原作を読んで補完される作品なんだな。と思います

『乙女』と『よく会う先輩』の恋模様を摩訶不思議でポップに描かれていて、この様な表現が出来るのはアニメーションならではじゃないだろうか?

途中間延びするところもあり評価は個人差がかなりありそうですが、自分は好みなのでこの監督の他の作品も見てみようと思いました

kanade.sou
kanade.souさん / 2017年4月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

♪二人は今映画の中へ♪ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

以前、松竹系映画館の本編前に流れるポリシーシネマでホフディランが出演していたアニメの画風がとても印象的に残っていて、その後、これ又以前、ノイタミナにて放映していたアニメも同じ画風で、その大正的ノスタルジー溢れるイメージに強烈に頭にこびり付いていた。夢二的で、少女漫画のようなそのアニメを制作した今作品の監督が巷で天才と呼ばれていたのは今作品に触れて初めて認知したのである。
アニメーションの動きも又、それこそ創世記の手塚的のそれであり、飲み物を飲む喉の動きが膨らみながら下に下がることや、ドタバタ劇等々、今主流のアニメとは一線を画す、とても郷愁を誘う作りになっている。
原作は未読なのだが、これもまた少年少女向けの内容で、イメージとピッタリなのではないだろうか。
中二病的な自意識過剰さを引き摺る『先輩』が、ラストシーンの喫茶店での憑物が取れたような穏やかな笑顔が大変印象的に映る。それまでの右往左往ぶりがハチャメチャな程、その対比が大変面白い。
しかし、それ以上の今回のヒロインの『黒髪の乙女』の無双ぶりに、久しぶりに爽快感というものをアニメで味わえたことに嬉しく感じる。京都先斗町、多分京都大学、鴨川、修学旅行でしか訪れたことがない京都の面白さが充分演出されていたのではないだろうか。今時点の今年の俺的ランキングトップの作品である。

いぱねま
いぱねまさん / 2017年4月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

夜はとっても長いよ

フラットなアニメーションにいい意味で違和感を感じるものの、徐々にそのノスタルジックな世界に入ってしまう。
本来の値段で買えるものを高値で取引することについて提言していたり、ただノスタルジックなだけでなくメッセージ性もある。

細かく笑えるシーンが散りばめられていたり、突っ込みどころ(そういう世界観)もあって、見ていてずっと楽しい世界観。
(コンビニの名前がHIGHSON(LAWSONローに対抗してハイ)とか)
セリフが掛かっているものも多々ありニヤッとする。
例えば《先斗町の"ぽんと"》と《リンゴが頭の上にポンと跳ねた》とか、《私の恋(鯉)だ》とか。

回想シーンはシルエットのみのアニメーションが統一感があってとても素敵だった。
飲んで食べて幸せを感じているとハッピーオーラが全てお花でキュンキュンした。

エンドロールで中村佑介(キャラクター原案)のキャラクターとアジカンの曲が合わさっているのは新鮮だった。
(いつもジャケットだけでMVのイメージがなかったので)

王道のアニメが好きな人には少し抵抗のある世界観かもしれないけど、声優陣の違和感のなさや言い回しが可愛かったり私はとても好きでした。

まえじー
まえじーさん / 2017年4月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんとも…。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

絵は綺麗だし、声優の方達も役にはまっていたと思う。
感想としては、李白翁は裏の顔はあるが人生に悲観している悪人ではないし、学園祭事務局長も秘密組織のトップではなかったはずだ。1番納得できなかったのは、パンツ番長。パンツ番長はあんなに軽いやつではなかった!
キャラクターの表現がすこし雑な感じがしました。

KAISEI IWAGAMI
KAISEI IWAGAMIさん / 2017年4月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作読まないといまいちわからないです

原作は読んでいませんが少し途中で飽きてしまいました。
しかし確実に他のアニメ映画とは違う雰囲気を放っていて登場人物の描き方も面白かったです。
きっと原作では文体なども相まって読ませる作品なのだろうと思いますがこちらは少し退屈に感じてしまいました。
ハマる人にはハマりそう。

じーなか
じーなかさん / 2017年4月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

玄人向け ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ハマる人にはハマる、玄人向け(オタク向け)な映画。
意味が分からなすぎて面白い、
極論になりそうな映画。
わたしは面白い方にハマりました。
声優の豪華さ、ミュージカル要素、作画はあまり期待せず、
映画というより深夜アニメのつもりで見るのがいいかも。
ノンストップで突き進む映画です。

くじら
くじらさん / 2017年4月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

学生の一夜

京都大学がモデル。あるサークルの学生たちの一夜を描いた話。

誰もが孤独ではなく、人との繋りの中で生きている……というようなことがこの映画のメッセージなのか。単なる恋愛ものではない空気を感じた。それにしても、主役の乙女の酒豪ぶりがすごい(笑)

はまり役だったかは別として、星野源のボイスは、不器用で優しい一途な学生の雰囲気に合っていたと思う。

映像は、独特な表現技法?紙っぽいペラペラした絵。今回のような物語に向いているのかな、あまりこういう種類のアニメはみたことがないので新鮮だった。

エンディングはアジアンカンフージェネレーション。爽やか。

lava
lavaさん / 2017年4月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

絶え間ない

色とりどりの画面、止まらない音楽。初っ端から飛ばしていて、酩酊感のようなものを得られます。
しかし、非日常的な設定やユーモアの奔流に、原作を読み、前作に当たるテレビアニメを見た私ですら、少し引いてしまいました。どうだオモチロイだろうと、少し押し付けがましい感じがしたのです。
確かにオモチロイですし、映画とは非日常を見せるものでしょう。しかし、すんなり入り込めるように、間やグラデーションを作って欲しかったです。前半は詰め込みすぎだと思います。
まとまってはいたと思いますし、視聴後感は悪くはないのですが、いまいちノリきれませんでした。

uzi9mm
uzi9mmさん / 2017年4月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーん ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

四畳半神話体系が好きだったので気になり鑑賞

序盤の絵回しや音楽などで引き込まれた感はあったが中盤からドタバタが長すぎ。
気づいたら2人がくっつきそうになってる。
時間がなかったとはいえそこはもう少し描いて欲しかった。

特に先輩の家に乙女が行く描写あそこ長すぎ笑

小津の吉野さんは最高だった。

ibis
ibisさん / 2017年4月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

苦行

原作は未読だけれど、開演前に付録の小冊子読んだら面白そうだった。映画の内容的にもきっと原作は面白かったのであろうということが伺える。しかし映画そのものは上滑りのドタバタで終わった感がある。

Gonzo
Gonzoさん / 2017年4月10日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

どんどん引き込まれていく物語

キレイなアニメーションの世界観とストーリー展開にどんどん引き込まれてしまいました。
各キャストの声の存在感も楽しめました。
また観たいと思ってしまう、中毒性のある作品だなと感じました。

リリィ
リリィさん / 2017年4月10日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作ファン泣かせ

原作において重要な点、美しい情景描写、そして主人公や少女の感情の変化、私の大好きな学園祭等、大事な部分を全て溶かして骨だけにしたような内容でした。原作を読んでない人ならまだ見れるかも知れませんが一緒に行った未読の友達は浮かない顔でした。

蛭
さん / 2017年4月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

以前放送されていた四畳半神話大系のノリで小説版の内容をしっかり再現...

以前放送されていた四畳半神話大系のノリで小説版の内容をしっかり再現していたので満足。

halohalo
halohaloさん / 2017年4月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ご都合主義者達の宴

人恋しい病に罹った人々に絡まるご縁の糸を手繰る物語。

音響が良く、映像演出やキャラの動きはユーモラスだが、過剰に思う部分も多々あった。
脚本はご都合主義であるが、それをご縁と言われると反論の余地など無い。
ただ先輩の葛藤の描写が些か過剰である為、黒髪の乙女の感情の変化が極めて淡白に感じ物足りなかった。

結局のところナカメ作戦は、どれだけ彼女を思い行動できるかという至極まともな作戦。
ただ現実にはストーカー規制法の壁は越えられそうにない。

たろっぺ
たろっぺさん / 2017年4月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

京都行きたいな…

アニメ映画はやっぱり独特な表現が出来る世界があるなと。不思議な感覚に引きこまれていく感じ。内容はすごく破茶滅茶でスピード感たっぷり。夢の中に居るような異空間体験。そして観終わった後にお酒が飲みたくなり、懐かしい本が愛おしくなる♪♪そんな映画でした。
原作読んでもう一度観に行きたいかも。京都観光で世界観にハマる旅もしたくなりました(^_^)

ぶんず
ぶんずさん / 2017年4月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

森見登美彦作品のノリに慣れていないとついてこれない

森見登美彦作品のノリに慣れていないとついてこれない

だーしも
だーしもさん / 2017年4月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意味不明…。

絵がとにかく良い。好き。
…が、評判な話の面白さが全然わからないんたけど…。ナカメ作戦はわかるもののあとの良さがわからない。飲みっぷりのいい女の子と愉快な仲間たちレベルでしかついていけず理解不能なのでした。

peanuts
peanutsさん / 2017年4月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不思議な湯浅ワールド

前作四畳半神話大系からのファンでした。内容は湯浅監督ワールド全開の様相です。
同名小説を読んだ方もかなりプロットが書きかわっているので、新鮮に楽しめると思います。
独特の楽しげな画面を、所狭しとキャラクター達が生き生きと動き回ります。
アニメーションならでは!の表現も多く流石湯浅監督!といった所。
特にミュージカルパートは一見の価値有りです。
わたし、乙女、事務局長、総番長、樋口と声優も豪華かつハマり役で、花澤さん演じる乙女の可愛らしさに思わず頬がほころび、意外だったのですが総番長役ロバート秋山さんの迫力ある演技に脱帽です。
しかし、湯浅ワールドを表現しきるには93分はあまりに短すぎる。もっとこの世界を堪能していたい!と思わざるを得ないだけに残念でした。

ごー
ごーさん / 2017年4月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

夜は笑え歩けば浪漫

最高に楽しい時間でした!劇場は満席で完売!最初から最後まで目が離せなかった。展開が早くて詰め込みすぎた感はありますが、映像やキャラ設定、演出はもう大満足でした!ミュージカルは始めはなんだこれはと思いましたが、どんどんあの訳のわからない世界に引き込まれて最終的には笑ってしまいました笑
乙女がすごく可愛くて最後良かったです。
個人的には古本の神様のキャラが好きでした(^^)
アニメーションの動きも凄くタイプで本当見てて楽しかったです!これは四畳半も見なくては!と思いました!
もう一回みたいなぁー。特典も貰えたし良かったです!
星野源さん声優良かったですよ!神谷さんもさすがです!
なんかこの映画みたら自分も何か出来そうな気になりました!ありがとうございます!
皆さんも劇場にGOです⭐️

つぐちゃま
つぐちゃまさん / 2017年4月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作ファンには辛い出来かも… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作ファンなのでかなり期待して観ましたが、
期待ハズレ感が否めません。
ところどころ原作改変などがある為、注意が必要です。
映画オリジナルのミュージカルのくだり、長いしダルいし薄っぺらく本気でつまらなかったです。原作の楽しく不思議な文化祭の雰囲気をよくここまでブチ壊せたな。

あと、原作では四季の移り変わりが美しく、京都の和とファンタジックな世界観が味わえますが、諸々の改変により一切伝わってきません。
ただの画面がうるさいアニメになっていて、大変残念です。
絵もそんなに綺麗とは思えなかった。作品の雰囲気がまったく表現出来てないです。オシャレ風なだけ。

良いところを1つあげるなら、黒髪の乙女は可愛かったです。まぁ、原作の黒髪の乙女が可愛いんですけど。

星野源ファン、声優さんのファンなら楽しめるかもしれない。どちらにせよ、わかりにくい表現が多く人を選ぶ内容です。
原作読んでない人、この訳わからんストーリーや登場人物についてこれるの?謎です。

菜穂子
菜穂子さん / 2017年4月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

160件中、121~140件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi