夜は短し歩けよ乙女のレビュー・感想・評価 (4)

夜は短し歩けよ乙女

劇場公開日 2017年4月7日
151件中、61~80件目を表示 映画レビューを書く

うーん🤔

小説版とは違って1夜でまとめられてるから小説を読まないで見た人にはわかりにくそう、でもそれを上回る面白さ❗️

じょー
じょーさん / 2017年4月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

なかなか不思議な空間でしたが…

度々くる「クスッ」と笑うシーンがあって好きでした。四畳半神話大系もこの機会に見てみたいですね。

あと「聖☆お兄さん」でも思いましたが星野源は上手いか下手か相変わらずわからないです。
なのに違和感がないのが凄いなぁと…

しーぷまん
しーぷまんさん / 2017年4月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

京都に住んで出会ったアニメ

原作は知らず、数年前に見た四畳半もうろ覚え状態で見に行きました。なので、結構楽しめました。
森見登美彦×湯浅監督の世界観や なつかしいキャラクター達など、、、乙女はあんなにお酒強い子だったんですね。
中村佑介さんのデザインをCDジャケ写に愛用しているアジカンが主題歌というつながりもおもしろいなと思いました。
最後の方の先輩が性欲モンスターみたいになってしまったのは本当に残念です。
先輩はうぶでピュアで真剣に一途なはずだから。
それにしても何故映画にしたのでしょうか。
ふらっと見た一般客がこのわけわからない話を理解するのは難しいと思います。
無理に一夜にまとめずとも、じっくりじっくりテレビアニメ一期分でやってもよかったと思います。私も四畳半を最初見たときはわけわからず徐々に面白いと思うようになったので(笑)

みどり
みどりさん / 2017年4月22日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

よくわからなかった

中盤〜最後の方はとても良かったのですが、あれを一夜の話にするのは無理があると思いました。あと世界観が不思議すぎました。

Lemon
Lemonさん / 2017年4月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

1人で

キャストもバッチリ。
原作を読みたくなる

来場特典その2 乙女から先輩への手紙

話の構成、絵のタッチ、カラー、音楽がすべて楽しい。
人との出会いはなにかのご縁。

ゆきんこ
ゆきんこさん / 2017年4月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

悪夢

友人が見たら酒が飲みたくなったと言うので、つまりはいい作品なのだろうと、予告で公開されていたプリンセスダルマの姿に一抹の不安を抱きながら観に行きました。
結婚式の宴会から軽快に物語が進むのでなるほど、これはいいなと思いつつも、おい、パンツ総番長が友人なのか!しかし、なぜ樋口は飛ばない!結末はどうするつもりか!詭弁踊りは羽海野チカ先生を参照して欲しかった…と話が進むにつれて不安はますます大きくなって行きます。
そして、乙女が先輩にお友達パンチをかました時、思いました。
最悪だ…!!と。
でしゃばるなよ小津!でしゃばるなよ炬燵!ギャグとしてのミュージカルなのにつまらんぞ!象の尻を返せ!樋口式飛行術を返せ!ジュンパイロよ!なぜそこに!
1時間半に物語を収めるにはある程度の原作との違いは仕方がないけれども、これでは全くの別物ではないか!!と叫びたくなるほどの原作レイプ加減でした。
もう悪夢。1時間半の純粋な悪夢。
悪夢は酒を飲んで忘れるに限るとビールを飲みながらフラフラと家に帰りました。
いいところをあげるとするならロバート秋山が声優上手。全然わかんなかった。
私は外堀を埋め立て、小高い丘まで積み上げ、そこに小屋を建てて本丸を見下ろす先輩を観たかった…。

ふこうかしかわいいくから
ふこうかしかわいいくからさん / 2017年4月20日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

映画化ってこれくらいしても良い

近年、原作忠実、正確描写が善とされる風潮があるが、アニメーション表現の限界に挑戦した鬼才湯浅監督らしい作品。とにかくドラッギー。

そもそも原作は文体を楽しむ作品であったが、そこは台詞として取り込みつつのあの映像であるから情報過多となっていた。また原作の4部構成をおもいきって一晩にすることで一本の映画としてなんとか成立させていた。
監督の次回作のキャラをカメオ出演させたことも森見登美彦と似た遊び心があり世界地続きであると思わせてくれた。

兎に角、湯浅監督の世界観に合うか合わないかで賛否別れるだろう。
出演キャラ等も「一見さんお断り」感でていたが、京都が舞台なのでそれもご愛嬌。

さいてょ
さいてょさん / 2017年4月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

視覚と感覚が胸焼け

原作は読んだこと無いけどアニメ『四畳半神話大系』は好きだったので鑑賞。

くどい……。

あの不条理な雰囲気やイラストは好きだけど『四畳半神話大系』は30分だから丁度良かったのね。
絵面の一枚一枚はキレイで好きだけどずっとハイテンションが続くとそれは山が無いのと同じで途中で飽きた。
大トロは一貫だから美味しいと感じ、もっと食べたいと思うのだ。

内容は一晩に目まぐるしく事件が起き過ぎて「なんで?どうして?」と着いていけなかった。
でも途中から「これは追ってるようで追いかけられてる世間慣れしてない先輩と乙女版『不思議の国のアリス』なのね」と理解しようとするのを止めたら逆にスッと入ってきた。
しかしアート系とでも言うのか、これは好みが別れるのも納得。
原作を読んだらまた見たいけど2時間ひたすら溶かしバターを飲み続けるような濃い内容は原作を読んでいても辛いかもなぁ……。

オカマ声ちゃん
オカマ声ちゃんさん / 2017年4月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

個性的です

個性的でストーリーが予測できず楽しかったです。

志津川たぬき
志津川たぬきさん / 2017年4月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

安い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作は読まずに誘われて観ました。四畳半シリーズ?も観たことはありません。

ところとごろ笑える所もありましたが、大筋で見ると雑で安い話。
あれを一夜の話にするのは無理がある。
話も途中で読めてしまったし、中だるみしてる。

京都の風景もあまり出てこないし、キャラクターの外見や描写も好きにはなれなかった。
古本の神様があれで美少年というのはちょっと…。

Ta.Ma
Ta.Maさん / 2017年4月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

うーん。

色々残念でした。
原作好きで観たんですけど…
一夜にまとめる必要があったのか?
1年、春夏秋冬うだうだしてる先輩が良いのに。
絵は好き。音楽もいい。
でも。
つまらなかった。

みん
みんさん / 2017年4月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

世界観についていけないが、乙女はいい娘

予備知識全く無しで鑑賞。四畳半なんとかも観てません。何となく評価がいいので気になって足を運びました。
とにかく色んなエピソードが詰め込まれていて、様々な飲み会、送別会、飲み比べ勝負、ゲリラ演劇と風紀委員との追いかけっこ、それに絡む恋愛、これらが一晩で起きた話だと知った時はマジかよと思った。この時空が歪んだような、変人たちが集まったようなカオスな雰囲気はうる星やつらビューティフル・ドリーマーを思い出した。もう記憶も朧気だけど^^;
その中で黒髪の乙女は一つの清涼剤。まあ、この娘もかなり変なんだけど^^、お酒大好きうわばみで、楽しいことには臆さず挑戦していく真っ直ぐなキャラには惹かれた。
特に女の子なら絶対にやらないであろう、恥ずかしい詭弁踊りも躊躇なくやってるし^^;こんな娘と一緒にいたら楽しいよ、主人公の青年が惚れるのも解る。応援しちゃうよ。
世界観にはついていけなかったけど、低い評価を付けるのは憚られる、記憶に残る作品。他の人の評価にもあったけど、楽しい大学生活を一晩に凝縮したような感じですね^^

月野沙漠
月野沙漠さん / 2017年4月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  萌える 幸せ 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

これはこれでよい

小説とは異なる点が多々あったけど、それはそれでわかりやすかったり、おもしろかったり、ステキだったり、、あと、自分が思い描いていた世界よりも素適にオモチロク描いていてとても楽しかった。

ちぺ
ちぺさん / 2017年4月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

シュール

全編シュールでニギヤカ
全編クライマックスのようでお疲れです(^-^;

花形右京
花形右京さん / 2017年4月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

あたしは最高でした、が...

たぶん星野源さんが出てるからって見に行った人はついていけないくらい「私」は出てこないし、湯浅ワールド全開でした。

原作を読まなくても楽しめますし
原作よりもわかりやすい表現も多く、オススメです!
また、「四畳半神話大系」を見ていればもっと楽しめる作品でした。

Cifer
Ciferさん / 2017年4月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ひとことReview!

湯浅ワールド全開の快作。

極東新天地
極東新天地さん / 2017年4月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

表現がすてき

原作も読まず見に行きましたが楽しめました
物語がどんどん進んでいきあっという間だった
例え方とか話し方がとても独特で素敵だなと思った
確かにあの出来事が一夜で起こったというのは短すぎるけど、それくらいあっという間にたくさんの事があっだだろうと思う
演劇のシーンでどういう歌なんだろうと思ったけどみなさん歌が上手だった
事務局長と樋口さんがお気に入り
花澤さんの乙女が可愛くて大好きになりました
声優の人もすごく良かったと思う
小説読みたい

さーち
さーちさん / 2017年4月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

豊かに伸び伸びと描かれる乙女の感情、紡ぎ出される美しい言葉の嵐 独...

豊かに伸び伸びと描かれる乙女の感情、紡ぎ出される美しい言葉の嵐
独特な世界観にたくさんの夜を詰め込んで
乙女は歩き続ける

ラストが好きです
彼だけの時間、彼女だけの時間を互いに知りたいと思うこと。
なんて素敵なのだろう。

Mitsouko
Mitsoukoさん / 2017年4月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

要するに最後のセリフ

原作は読んでいるが相当前のことであるので観ながらこんな場面あったなぁと懐かしさも感じつつの視聴。
ただ、こうも前衛的な内容であったかと驚きもあった。点と点のつながりが線になっていかないという。点が終わればすぱっと次の点と、目まぐるしく流れる劇画的時間。状況とセリフが押し寄せる。
これで作品の吸引力が途切れないというのは中村さんの絵の魅力とカラフルな演出の妙だろう。
終盤の先輩の「こじらせ」の見せ方で映像としては必要なのはわかるがだいぶしらけてしまったのだが、最後のカフェに向かう乙女とそこで待つ先輩のお互いに対する純な想い(最近こうストレートな相手に対するワクワク感溢れる子どもらしさを伴った想い[褒めてます]は映像作品では出てこない)、そこから最後の例のごとく大変有名な「セリフ」まで見ればそれはもうお話としてはプラス方向に絶対に成立してしまう。
要はみんなこの最後のセリフを聞きに来ているのだから当然と言えば当然なのだが。
最後に。森見登美彦の作品は、作品の内容自体がおもしろい、というよりは彼の文体とその語り口にこそ魅力があるのだと再認識した。映像もいいが、彼の作品は他のどの作家よりも文章で味わうべきである。

ぱんだまる
ぱんだまるさん / 2017年4月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ばかばかしい笑いと伏線が綺麗に繋がる面白さ!

「ナるべくカのじょのメにとまる」略称ナカメ作戦を続けてばかりで前に踏み出せない冴えない「先輩」と彼が恋心を寄せる何だかぶっ飛んでいる「乙女」のなが~~~~~~い一夜の物語。といっても先輩と乙女はただひたすらすれ違う。二人が見るのは同じ景色なのに乙女は自由気ままに動き回り、先輩は彼女に追いつくためにあっちこっちをうろうろ。
そんな二人の周りを奇人変人が取り囲むからさらに大混乱…そのてんやわんやな騒ぎっぷりが魅力です。
映画の8割くらいがばかばかしさで満ち溢れているけれど、短いストーリーの中にしっかりと伏線が張られ、とっちらかる話が綺麗に繋がっていて本当にすごい作品でした!

cha
chaさん / 2017年4月16日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

151件中、61~80件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi