夜は短し歩けよ乙女のレビュー・感想・評価 (6)

夜は短し歩けよ乙女

劇場公開日 2017年4月7日
155件中、101~120件目を表示 映画レビューを書く

原作どうり原作があまり

原作があまり面白くないし映像化したからと、、、
たった1日の話なのだが不自然に長い

太郎
太郎さん / 2017年4月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とにかく楽しい映画です❗😆

すごく面白かった。そして、主人公に同情して、最後は幸せな気分になれる、笑って泣けるアニメだと思います。
「四畳半神話体系」の絵のテイストは変わらず、原作「夜は短し」のポップな良さがちゃんと描かれていてよかったと思います。
賛否両論あるみたいですが、「四畳半」のアニメを動画サイトで見て、「夜は短し」の原作読まれてから、見に行く事をおすすめします❗
細かい設定や「四畳半」との関連がわかると数倍面白くなりますよ❗

よしみ
よしみさん / 2017年4月14日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

湯浅ワールド

良くも悪くも湯浅監督の作品といった感じ。
個人的にはとても好きだが、原作を読んで想像した世界とギャップがある人はあまり楽しめないかも…
初見の人には李白のキャラが軽くみられるかもしれないのが少し残念。
声優陣の熱演と湯浅作品の無骨なキャラクターや世界観がとても良い作品でした!
4畳半のキャラクターやシーンが所々出て来たところもとてもうれしいです(((o(*゚▽゚*)o)))

adverg3
adverg3さん / 2017年4月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良し

自分は小説もアニメも好きなのですが、小説とアニメは別物と考え、アニメのそれを期待して見に行ったのでまんぞくでした。初見の人は言うまでもありませんが、小説から来た人が楽しむのは難しいのではと思います。何を求めているのかで、評価が分かれるでしょうね。

りょう
りょうさん / 2017年4月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分にはむり

ミュージカルみたいになったあたりからなんなの?って感じでつまらなくなった。原作も知らず見に行ったから
自分には合わない映画だった

akkibubuu
akkibubuuさん / 2017年4月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

別物の世界 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

私は原作小説から読んで、映画を観ました。
SNS、CM等で、小出しに流される映画のワンカットに乙女と先輩と周りの人々の、あの面白おかしくどこか変でいとおしさを感じる1年間が映像化されたことが本当に嬉しくて観るのがとても楽しみだったのです。
しかし、観た結果「あんまりではないか」という思いが正直拭えません。90分という短い時間の中で纏められた手腕、キャスティングの正確さ、京都の背景の映像の細かさは確かに素晴らしいです。月並みな言葉になりますが「凄い!」と思いました。しかし、それでもこの作品は『夜は短し歩けよ乙女』ではありません。著者の京都愛が伝わってくるような風景描写はほとんど省かれ古本市の神様は美しい少年ではなく四畳半の妖怪が縮んだ存在になり、学園祭の偏屈王の恋愛はチープなものになりました。
「私の好きな登場人物たちはこんな人たちだったのか?」という悲しみでいっぱいです。正直、四畳半の演出を乙女たちの話に、この原作を映像化する際に関しては必要がなかった気がします。
今、私が一番おそれていることは、映画から入った方たちが原作を読んで批評する風潮が来たらどうしようということです。過剰反応は十分承知しております。でも、やっぱり私の愛した『夜は短し歩けよ乙女』は映画の中に見つかりません。似たような話だと感じる、まったく違う世界のお話でした。

あずまこ
あずまこさん / 2017年4月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

不思議な世界観 星野源のキャラクターが、そのままアニメになったよう...

不思議な世界観
星野源のキャラクターが、そのままアニメになったようだ
個性的な映画で、好き嫌いがはっきりと分かれるだろう
劇中の掛け合いの歌が素敵、ロバート秋山の新たな才能を発見

アップル
アップルさん / 2017年4月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

お好きな方、どうぞ

自分には合わなかった。見ている最中、なんでこんな映画観ちゃったんだろう、とずっと思ってた。どうでもいいストーリーだった。

栗太郎
栗太郎さん / 2017年4月12日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

中学の時に読んだ小説です

原作は子供の頃に読んだ小説で、
ずっと好きだった作品です。
それがアニメ映画化されると聞いてその時点で観るしかない!と思っていて
しかも主人公の声優は星野源、その他にも花澤香菜や神谷浩史、中井和哉など豪華な声優揃い。
事務局長と樋口さんが好きでした。
原作の勢いがあってわくわくする感じを忠実に再現できていて、
観ていて楽しくなる作品でした。
とにかく黒髪の乙女が可愛い。
自分もいつかこんな夜を過ごせたらいいなと思いました。
魅力的なキャラクターばかりで素敵です。
最後、2人が結ばれるシーンでは
心から「おめでとう!!」と言いたくなりました。
2人には幸せになってほしいです´ᴗ`

もか
もかさん / 2017年4月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

《君の名は。》より好き!

個人的には「君の名は。」よりはるかに面白かったです。

誘われていったので最初は期待していませんでした。中村佑介さんのキャラクター原案でなければ正直、観なかったと思います。

森見さんの作品は読んだことがありますが、この作品は読んだことがなかったのでかえって映画に入っていくことができて楽しめました。
一緒に観た人は原作も読んでいましたが、映画のほうが面白かったそうです。

映画は好みがありますが、私は久しぶりに楽しい映画をみていい時間が過ごせました。

優
さん / 2017年4月12日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

素敵‼

凄く良かった‼

na22911yasu
na22911yasuさん / 2017年4月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作も好きだし映画も好き

原作読破済みで、映画を見ました。あまりネタバレしないよう気をつけます。

一番気に入っているシーンは李白さんの電車がやってくるシーンです!あとはやはり黒髪の乙女、可愛いですね。樋口師匠の声優さんが事情で変わってしまったけど、それでも師匠は師匠でした!樋口師匠飛ばないけど、まあ、普通飛べないからね。

所々原作と違っているシーンがあり、いいな!って思うところと、変えないでほしいところがありました。

クライマックスの先輩の元へ辿り着くシーンが少し長く感じ、原作読んでない人には分からないし、読んでてもなんだかごちゃごちゃしてるな?って思うかも。
林檎のあの子の話がまさかの改変で驚きました…ここは好き嫌いがあるのではないでしょうか。ミュージカルのところは、早口過ぎて何言ってるのかわからなかった。

原作未読の母と妹はちょっと良く分からなかったそうです。原作を知ってると入りやすいのかも知れませんね。

でも私は2回見に行きましたが、楽しめました。一回目の時に見落としたところが見つかったりして面白かったです。

原作ももちろん大好きですが、映画ならではの改変で楽しい作品だったと思います。ぜひ原作を読んでほしいです。

キャメロン
キャメロンさん / 2017年4月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

森見ワールド台無し

かなり以前に原作は読んでいたが、森見登美彦の世界観が台無しになってしまった、見なきゃ良かった。もう一度崩れた森見ワールドを取り戻すため再度原作を読み直そうかな。日本のアニメでも失敗作はあるのだ。

kouhei1813
kouhei1813さん / 2017年4月11日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

あっという間

不思議な世界感でした。キャラクターが共感が持てるとこと、憧れるとこと双方あって魅力的でした。

まる
まるさん / 2017年4月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不思議

な世界 訳のわからん議論、演劇で大学時代のサークルとか歓迎会とか思い出した そういえばこんなんだったかな~ 飲み会も風邪も人と繋がってるってことなんですかね 絵は大正ロマンぽい感じ

ゆう
ゆうさん / 2017年4月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

評価は個人差がありそう

他の方のレビューを見ると原作を読んで補完される作品なんだな。と思います

『乙女』と『よく会う先輩』の恋模様を摩訶不思議でポップに描かれていて、この様な表現が出来るのはアニメーションならではじゃないだろうか?

途中間延びするところもあり評価は個人差がかなりありそうですが、自分は好みなのでこの監督の他の作品も見てみようと思いました

kanade.sou
kanade.souさん / 2017年4月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

♪二人は今映画の中へ♪ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

以前、松竹系映画館の本編前に流れるポリシーシネマでホフディランが出演していたアニメの画風がとても印象的に残っていて、その後、これ又以前、ノイタミナにて放映していたアニメも同じ画風で、その大正的ノスタルジー溢れるイメージに強烈に頭にこびり付いていた。夢二的で、少女漫画のようなそのアニメを制作した今作品の監督が巷で天才と呼ばれていたのは今作品に触れて初めて認知したのである。
アニメーションの動きも又、それこそ創世記の手塚的のそれであり、飲み物を飲む喉の動きが膨らみながら下に下がることや、ドタバタ劇等々、今主流のアニメとは一線を画す、とても郷愁を誘う作りになっている。
原作は未読なのだが、これもまた少年少女向けの内容で、イメージとピッタリなのではないだろうか。
中二病的な自意識過剰さを引き摺る『先輩』が、ラストシーンの喫茶店での憑物が取れたような穏やかな笑顔が大変印象的に映る。それまでの右往左往ぶりがハチャメチャな程、その対比が大変面白い。
しかし、それ以上の今回のヒロインの『黒髪の乙女』の無双ぶりに、久しぶりに爽快感というものをアニメで味わえたことに嬉しく感じる。京都先斗町、多分京都大学、鴨川、修学旅行でしか訪れたことがない京都の面白さが充分演出されていたのではないだろうか。今時点の今年の俺的ランキングトップの作品である。

いぱねま
いぱねまさん / 2017年4月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

夜はとっても長いよ

フラットなアニメーションにいい意味で違和感を感じるものの、徐々にそのノスタルジックな世界に入ってしまう。
本来の値段で買えるものを高値で取引することについて提言していたり、ただノスタルジックなだけでなくメッセージ性もある。

細かく笑えるシーンが散りばめられていたり、突っ込みどころ(そういう世界観)もあって、見ていてずっと楽しい世界観。
(コンビニの名前がHIGHSON(LAWSONローに対抗してハイ)とか)
セリフが掛かっているものも多々ありニヤッとする。
例えば《先斗町の"ぽんと"》と《リンゴが頭の上にポンと跳ねた》とか、《私の恋(鯉)だ》とか。

回想シーンはシルエットのみのアニメーションが統一感があってとても素敵だった。
飲んで食べて幸せを感じているとハッピーオーラが全てお花でキュンキュンした。

エンドロールで中村佑介(キャラクター原案)のキャラクターとアジカンの曲が合わさっているのは新鮮だった。
(いつもジャケットだけでMVのイメージがなかったので)

王道のアニメが好きな人には少し抵抗のある世界観かもしれないけど、声優陣の違和感のなさや言い回しが可愛かったり私はとても好きでした。

まえじー
まえじーさん / 2017年4月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんとも…。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

絵は綺麗だし、声優の方達も役にはまっていたと思う。
感想としては、李白翁は裏の顔はあるが人生に悲観している悪人ではないし、学園祭事務局長も秘密組織のトップではなかったはずだ。1番納得できなかったのは、パンツ番長。パンツ番長はあんなに軽いやつではなかった!
キャラクターの表現がすこし雑な感じがしました。

KAISEI IWAGAMI
KAISEI IWAGAMIさん / 2017年4月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作読まないといまいちわからないです

原作は読んでいませんが少し途中で飽きてしまいました。
しかし確実に他のアニメ映画とは違う雰囲気を放っていて登場人物の描き方も面白かったです。
きっと原作では文体なども相まって読ませる作品なのだろうと思いますがこちらは少し退屈に感じてしまいました。
ハマる人にはハマりそう。

じーなか
じーなかさん / 2017年4月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

155件中、101~120件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi