夜は短し歩けよ乙女(ネタバレなし)のレビュー・感想・評価

夜は短し歩けよ乙女

劇場公開日 2017年4月7日
126件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

天才・湯浅監督が描く“京都”の濃密さ。

原作者は奈良の出身で京大卒。本作の舞台も京都であり、実在の地名や店がゴロゴロ登場する中、イマジネーションが暴れ回るアニメならではの表現がさく裂する。大傑作『MIND GAME』の監督ならではの荒唐無稽なエネルギーがたまらない。

もうひとつ、地域限定の話で申し訳ないが、こんなにも“京都”を感じる映画を初めて観た。これは自分が京都の左京区近辺で育ったから感じることで、京都以外の人には面妖なファンタジーの町にしか見えないかも知れないが。

ただ主人公の移動する距離感、キャラの動きの方向感覚、さりげない町の景色、遠景に見える山の稜線、そういったものがものすごくしっくりくるのだ。ムチャクチャなことばかり起きる話だが、街そのものにすごく説得力がある。

基本、京大近辺で進行する話なので京都市の右京区の人にさえピンとこないかも知れないコアな土着感が、この迷宮世界を二倍三倍愉快なものにしてくれた。稀有なご当地映画としても評価したい。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年4月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

小説の世界観を上手く表現してた。

小説の世界観を上手く表現してた。

たくや
たくやさん / 2017年9月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正直、前半部分はめっちゃ退屈で眠たくなる。映画の中で初めてそんなん思った

正直、前半部分はめっちゃ退屈で眠たくなる。映画の中で初めてそんなん思った

ふちふち
ふちふちさん / 2017年9月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

好き。

絵が好き。世界観が好き。説明的だけど、実はポップで、ププッと笑える感じが好き。あくまでも、爆笑じゃなく、プッと笑える感じが。

あみ
あみさん / 2017年8月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作を読んでからだとより面白い!

先輩と黒髪の乙女の長い夜のお話。
劇中に出てくる、電気ブランを飲んでみたくなりました!黒髪の乙女があまりにも美味しそうに飲むので……。

先輩の声は星野源さんがやられていましたが全く違和感がなく、作品に声が溶け込んでいて最後まで楽しめました。

内容の原作は小説なので、読んでおくとさらに楽しめると思います!

桜
さん / 2017年8月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ポップでキュートで面妖な京都ファンタジー

最近のアニメみたいに、写真と見間違えるような質感をもった背景や人物ではなく、絵とは平面に色彩を乗せる事で表現するものだと言わんばかりのポップで古臭い絵柄が観ていて楽しい。センスある色彩。アニメーションならではの非現実的描写が、内容とも絶妙にマッチしている。森見作品の、男はひたすら情けなくてしみったれたロマンチストで、女はひたすらチャーミングで謎めいていて強靱な、そんな愛すべき人々が暴れまわるには、こんな表現が相応しいのではないかと感じた。

P.P
P.Pさん / 2017年7月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

天才!

パプリカ以来の衝撃!!ほかの作品もみます!!!

けろろ
けろろさん / 2017年7月13日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

四畳半神話体系

四畳半神話体系と共通の登場人物が多数(というかほとんど一緒?)登場して来るので、事前に予習しておくと良いかも。

原作は知りませんが、アニメ同様テンポが良いので観ていて飽きません。

観終わって満足しますが、何か残るとかそういう感じではないですかね。

ちゃんたく
ちゃんたくさん / 2017年7月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

星野源の声がとても合っていた!

見終わった後、「あぁいい映画だったな」と思いました。
ただ話が非現実的過ぎて、内容について行けなくて、途中何度か眠くなりました。

yk7
yk7さん / 2017年7月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

楽しかった

原作は知らないが・・・・
スピーディーで支離滅裂で楽しい映画。
ウワバミ女子は怖いなー

シネパラ
シネパラさん / 2017年6月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スピード感そして言葉の力

言葉のやり取りが秀逸。
よくもまぁ、これ程の情報量とスピード感でもふるい落されないように散りばめたものだ。
そのセンスには脱帽。しかもこのテンポならふるい落されたとしても何度でも観れてしまうではないか。
最初、一体何処に着地点がとなったが割りと序盤で物語の方向性がわかる。

音楽も面白い何よりアニメーションを存分に生かしきった動きが最高。
これぞ、アニメーション(笑)

ジブリも好きだが、こういう感じのタッチも好き。
この作品に限らず賛否は別れるとは思うけれども、それはそれで物議を醸す程の魅力があるということ。
他の作品も観たくなった。

ぞうさん
ぞうさんさん / 2017年6月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どうしても粗い作品だと思ってしまう

独特な世界観とか独創的なお話しというものは感じるけれど、本当に面白いと思えなければ、どうしてもテキトーだなぁと感じてしまう。
なんで星野源なのか?なんで花澤香菜なのか?なんで秋山竜次なのか?いらぬ疑問を感じてしまったのは、やはり作品に入り込めなかった証拠だと思う。全ては作品の質を高めるためだと思うけれど、客寄せパンダ的な要素を感じてしまうのは、下衆の勘繰りといったところ。

SH
SHさん / 2017年6月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

25分で飽き飽き。

オープニングの掴みは凄く良くて、直ぐ様映画に惹き込まれたのだが、変わらぬテンションに10分過ぎた辺りでお腹いっぱい。
何しろ、緩急というものがないから飽きてくる。
同じ様な事が今後も続くのかと思うと観ているのが拷問になってきて、25分で映画館を出た。
星野源の声優力は凄く良い。只それだけの映画。
ファンタジーを描くには、ちと表現力が足りてない。
脚本家が岸田戯曲賞のヨーロッパ企画の方だから期待したけど、台詞の言い回しが小劇団臭さ丸出し。商業映画に合ってない。
所詮、小劇団は小劇団って感じでした。
この映画観ないでANNA SUIのネイル買えば良かった〜っ!

日和
日和さん / 2017年6月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

懐かしき京都の学生時代

京都の左京区のお話なので、学生時代に遊んでいた場所がそのままでてきて、街並みがあまりにリアルで、お話に吸い込まれるように当時のことを久々に思い出しました。
夜に街を歩き回る時間は今の方が確実に長いけど、学生時代、学校での制作を離れて皆で遊んだ夜の京都の街は、当時の私には知らない物と知らない人達が多すぎて、初めてのことだらけで、一夜で何日分ものことを経験したような気持ちになって、すごくワクワクしてたなぁとじわじわと思い出しながら、お話に必死について行きました。必死について行かないと、皆に置いて行かれる!と、当時の私の気持ちに戻るようでした。
戻りたいとかじゃなくて、それが今に繋がってる感じが自分の中ですごくしっくりきて、ボロボロ泣いてしまった。
すごく心地よい映画でした。
元気がなくなった時にまた観たい。

ののの
のののさん / 2017年5月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いつもの!

湯浅監督作品はマインドゲームしかみたことないけど、まんまあの感じで楽しめた。キャラデザインもどっかでみた昭和テイストのオシャレ美少女だー、と思ったらあの(名前わすれたけど)あの、お方がデザインしてた。端々にクレヨンしんちゃんの香りが散りばめられて、とても楽しい時間がすごせる!と思っているけど、なかなか体感時間は長い。でも、とりあえず上映前のトレーラーで散々萌えアニメ見せられて、食あたり起こしてたのに、あっという間に湯浅ワールドに連れてってもらえたのは嬉しかった。君の名はのヒットのせいか、やたらアニメの宣伝が目についたが、この作品を見に来るやつは萌えアニメ層とは違うぞ。そんなセンスじゃ、君の名はの二匹目のドジョウはすくえるはずがない。ま、たのしめた映画だけど、マインドゲームを見たときのような衝撃はなかったな。本好き、京都好きならばもっと楽しめたか?原作はラノベみたいなので、気になったから立ち読みしてみよう。きっと、映画とはまったく違う印象で笑えるはずだ!

ひろぽん
ひろぽんさん / 2017年5月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

湯浅ワールド

ピンポンや四畳半もそうですが、湯浅監督の作品は普通のアニメと違う作りなので、今回も楽しめました。
黒髪の乙女は花澤さんが演じていましたので、大人しい性格の娘と思っていましたが、飲むは食うわで、良い意味で裏切られてしまいました。
黒髪の乙女の方が、主役のような・・(^_^;)。
昨今の萌えアニメに慣れてしまった人には受け入れない作風ですが、一度湯浅ワールドに浸るのもいいですよ。

はるっち
はるっちさん / 2017年5月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

癖が強い

原作が好きで非常に期待しつつ視聴しました。
結論から言うと、まあ満足かな、という感じです。
あれだけのストーリーを約2時間に収めるだけでも難しいのに、さらには面白く楽しくまとめ上げたのですから拍手喝采ものです。
ではどこが不満だったのかというと、学園祭のストーリーです。
本当に個人的な意見で恐縮ですが、『偏屈王に扮した私』とプリンセスだるまを演じる乙女がラストを飾るシーンを差し替えたのは残念でした。
そこ以外は非常に満足度の高い作品でした。

宇喜多
宇喜多さん / 2017年5月27日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょっと物足りない。

紹介されて
「四畳半神話大系」を見てたから、
ちょっと物足りない。

主人公の声が変わったからか?
あの話すリズムがよかったのに。

京都に住んでいた訳でもないから
その辺も感情移入できない。

画の雰囲気とか好きなんだけど。

なんか、足りなく感じたなあ。

CinemaExpress
CinemaExpressさん / 2017年5月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

森見ファンなので・・・。

森見ファンなので満足できる映画でした!
ファンとして、この映画を見るときはまず森見作品を全部読んで「四畳半神話大系」を全部見た上で鑑賞してほしいです。するとしないで三倍ぐらい違うかも!

ねじまき鳥
ねじまき鳥さん / 2017年5月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

楽しめた

原作は読んでおらず、『四畳半神話体系』も見てない状態で鑑賞しました。友達が見たいと言うのに連れられて、あんまり期待せずに見たのですがものすごく面白かったです。

この作品の1番良いところはテンポだと思います。次から次へと話が進み、ジェットコースターのように気がつけば話が終わっているという感覚。常にセリフがある構成の力が大きいのでしょうか。

YouTubeが広まって以降、退屈な動画だと誰も見てくれないからという理由で、はじめしゃちょーのような、すごくテンポがいい、情報量の多い映像が世の中に多くなってる気がするのですが、これはまさにそのタイプで。2010年代の映像だなぁと最初から最後までひしひしと感じていました。

この作品の絵は基本ベタ塗りで、そこがまたIT革命以後、フォトショップが広まっている現代っぽさがあるな、とか思わせるのですが、そのことによって作り出される世界観がすごく好みでした。例えばベタ塗りだからこそ、主人公のワンピースがすごく魅力的に思えました。
また ベタ塗りにすることで、制作費抑えられるし一石二鳥だったのかなとか。

でも背景はものすごく描き込まれていて、情報量の多い映画だったから何度も見るときっと毎回新しい発見がありそうです。

でもでもきっとこの映画が面白い最大の理由はラストがドンピシャにハマるから!!有名な原作とだけあって脚本は最高でした。もちろん小説原作というのを忘れさせてしまうようなストーリーの雰囲気と合致しすぎている日本的な映像も最高でしたし。

ミュージカルパートが多いのでぜひ音響の良い映画館で見るのがオススメですよ!
四畳半神話体系が見たくなりました。

KMA765
KMA765さん / 2017年5月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

126件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi