夜は短し歩けよ乙女のレビュー・感想・評価

夜は短し歩けよ乙女

劇場公開日 2017年4月7日
155件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

天才・湯浅監督が描く“京都”の濃密さ。

原作者は奈良の出身で京大卒。本作の舞台も京都であり、実在の地名や店がゴロゴロ登場する中、イマジネーションが暴れ回るアニメならではの表現がさく裂する。大傑作『MIND GAME』の監督ならではの荒唐無稽なエネルギーがたまらない。

もうひとつ、地域限定の話で申し訳ないが、こんなにも“京都”を感じる映画を初めて観た。これは自分が京都の左京区近辺で育ったから感じることで、京都以外の人には面妖なファンタジーの町にしか見えないかも知れないが。

ただ主人公の移動する距離感、キャラの動きの方向感覚、さりげない町の景色、遠景に見える山の稜線、そういったものがものすごくしっくりくるのだ。ムチャクチャなことばかり起きる話だが、街そのものにすごく説得力がある。

基本、京大近辺で進行する話なので京都市の右京区の人にさえピンとこないかも知れないコアな土着感が、この迷宮世界を二倍三倍愉快なものにしてくれた。稀有なご当地映画としても評価したい。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年4月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

繋がる話 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

とても気楽にほんわかと観れる作品に思える。

嫌悪感を抱く人は多いだろう。
かくゆう俺もその1人。
作画もそうだし、色彩も「?」
語られる物語もなんだか有象無象だし。
物語の終盤に至るまで「なんじゃこりゃ?」との疑念を払拭する事はできなかった。
ただ…見終えた感想として、表題のような事を感じた。
文学作品然とした作風でありながらも、実に現代にマッチするネタであり、人の社会とそれに関わる人々を軽くしなやかに表現していたように思えた。

劇場公開作品としては、暴挙ともいえなくはないが…1800円の価値を見出せるかどうかは人それぞれであろう。

あれこれ感想を述べ合うのにとても適した素材がふんだんに投入されていて、勝手な妄想を掻き立ててくれる。
例えば京都という舞台を考えてみても、古都というイメージが付きまとい、作品の語る夜の懐の深さだったり、不可思議な登場人物たちへの説得力が付加されてたりする。
古本の祭りが大々的に開催される事への違和感の緩和だったりと、そこはかとなく必然性を感じたりするわけだ。
古めかしい街並みにカラフルな人物たちが存在する違和感が、不思議な調和を奏でだしてくれるのも「京都」のおかげとも思える。
妖怪のような街の実力者がいたりするのも。
あ、「鎌倉」もありかもね。
大学生たちの無駄に上手い歌唱力に、若さ故の才能と情熱の無駄使いを感じてみたり、溢れるエネルギーの暴走を感じてみたり。
様々な題材的な裏側とその必然性を妄想する楽しみがあった。

なかなかに深く良い話が詰まってた。

U-3153
U-3153さん / 2017年11月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大学生の時に原作を読んでいたけど、

大学1年生の頃に原作に出会い、その後の大学生活に強く影響を受けました。(男性やお酒の趣味など、、もちろん京都も大好きになりました)
本ではサラサラ読めるわりには想像が小難しく苦戦した自分ですが、この映画に最初から出会えていれば安易に世界観を味わえたのになぁと思いました。それほど本の世界をそのままに、懐かしくも詭弁踊りに笑わされ、新鮮な気持ちで見れました。

nekomusumeeee
nekomusumeeeeさん / 2017年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

らしさ全開突き進め湯浅

『夜明け告げるルーのうた』と共にほぼ同時期に公開された湯浅政明監督作。
レンタルで先に見たのはあちらだが、公開はこちらが先。
あちらも独特の湯浅ワールドだったが、こちらはもっともっとらしさ全開!

黒髪乙女の後輩を振り向かせようとする主人公“先輩”の恋愛奮闘劇で、一見ラブコメ的だが、湯浅監督の手にかかれば、
クセが強いんじゃ!

たまたま奇遇を装って、(な)なるべく(か)彼女の(め)目に留まる。
「黒髪の乙女振り向かせ作戦も子供っぽいですから、“なかめ作戦”としましょう」「では、なかめ作戦を開始する!」(某映画より)
…でも、先輩、やってる事ほぼストーカー。
奇遇を装って黒髪乙女の前に現れるのは勿論、彼女を振り向かせる為なら、激辛鍋を食べ、黒髪乙女が幼少時好きだった本を手に入れ、黒髪乙女がピンチヒッターで出る事になった劇の相手役に文字通り“飛び入り”参加する。股間にソフトクリーム付けられたり、フル○ンで黒髪乙女の前に…。
でもでも全ては黒髪乙女の為。
恋路は遠し走れよ先輩!

で、先輩ゾッコンの黒髪乙女。
純情そうな可愛らしい娘ではあるが、彼女またなかなか不思議ちゃんなクセモノ。
魅惑の大人の世界に憧れ、酒は強いわ、ヘンテコな詭弁踊りするわ、代わりに劇のヒロインやるわ、風邪ひいた皆を見舞うわ…。パンチも強い。

本作、この二人以上に一癖も二癖も三癖もある強烈個性キャラのオンパレード。
女装趣味のある学園祭事務局長、パンツを履き替えた事の無いパンツ総番長、エロい日本画収集のオヤジ、古本市の神、妖怪みたいなジジイ…。
ファンタジーでもあり、時々ミュージカル。
酒くらべ、古本市、学園祭…これら全て、一夜の出来事!
独特の作風、作画、演出。シュールで奇想天外な世界観。

正直、意味不明なシーンも多々。
でも、一本の作品の話としては『夜明け告げるルーのうた』の方が筋が通ってるかもしれないが、この不思議なノリ、テンポ、雰囲気はこちらの方が好きかも。
それでいて最後は先輩と黒髪乙女のラブストーリーとして終着。
天晴れ!
好きになったら、これ、ハマる。

近大
近大さん / 2017年11月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

しかしこのアニメの夜は長い

いきなりアニメなのにお酒の話になったのには面を喰らいました。
冒頭から「つまらない」と思った方、少しお待ちを。
全部観てから判断して欲しい。(大人目線として)それだけの価値はこの映画にはある。

お酒あり、古本あり、演劇あり、etc....お下品あり。
小説をアニメ化し、現実的な様で非現実な表現。

監督の表現したい事をありったけアニメ化した様な情熱や新機軸は伝わって来るが、万人に受けるかはまた別。映画館で観る様なモノかと言われれば私的に別。
(例えば、過去短編小説アニメ「銀河鉄道の夜」が面白くなかった人ははっきり言って面白くない。小説なら小説のままでいいんじゃない?的感じ。)

私は文学アニメとして見れば面白みがありました。

巫女雷男
巫女雷男さん / 2017年10月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

小説の世界観を上手く表現してた。

小説の世界観を上手く表現してた。

たくや
たくやさん / 2017年9月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正直、前半部分はめっちゃ退屈で眠たくなる。映画の中で初めてそんなん思った

正直、前半部分はめっちゃ退屈で眠たくなる。映画の中で初めてそんなん思った

ふちふち
ふちふちさん / 2017年9月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

好き。

絵が好き。世界観が好き。説明的だけど、実はポップで、ププッと笑える感じが好き。あくまでも、爆笑じゃなく、プッと笑える感じが。

あみ
あみさん / 2017年8月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作を読んでからだとより面白い!

先輩と黒髪の乙女の長い夜のお話。
劇中に出てくる、電気ブランを飲んでみたくなりました!黒髪の乙女があまりにも美味しそうに飲むので……。

先輩の声は星野源さんがやられていましたが全く違和感がなく、作品に声が溶け込んでいて最後まで楽しめました。

内容の原作は小説なので、読んでおくとさらに楽しめると思います!

桜
さん / 2017年8月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ポップでキュートで面妖な京都ファンタジー

最近のアニメみたいに、写真と見間違えるような質感をもった背景や人物ではなく、絵とは平面に色彩を乗せる事で表現するものだと言わんばかりのポップで古臭い絵柄が観ていて楽しい。センスある色彩。アニメーションならではの非現実的描写が、内容とも絶妙にマッチしている。森見作品の、男はひたすら情けなくてしみったれたロマンチストで、女はひたすらチャーミングで謎めいていて強靱な、そんな愛すべき人々が暴れまわるには、こんな表現が相応しいのではないかと感じた。

P.P
P.Pさん / 2017年7月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

天才!

パプリカ以来の衝撃!!ほかの作品もみます!!!

けろろ
けろろさん / 2017年7月13日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

四畳半神話体系

四畳半神話体系と共通の登場人物が多数(というかほとんど一緒?)登場して来るので、事前に予習しておくと良いかも。

原作は知りませんが、アニメ同様テンポが良いので観ていて飽きません。

観終わって満足しますが、何か残るとかそういう感じではないですかね。

ちゃんたく
ちゃんたくさん / 2017年7月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

星野源の声がとても合っていた!

見終わった後、「あぁいい映画だったな」と思いました。
ただ話が非現実的過ぎて、内容について行けなくて、途中何度か眠くなりました。

yk7
yk7さん / 2017年7月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

楽しかった

原作は知らないが・・・・
スピーディーで支離滅裂で楽しい映画。
ウワバミ女子は怖いなー

シネパラ
シネパラさん / 2017年6月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スピード感そして言葉の力

言葉のやり取りが秀逸。
よくもまぁ、これ程の情報量とスピード感でもふるい落されないように散りばめたものだ。
そのセンスには脱帽。しかもこのテンポならふるい落されたとしても何度でも観れてしまうではないか。
最初、一体何処に着地点がとなったが割りと序盤で物語の方向性がわかる。

音楽も面白い何よりアニメーションを存分に生かしきった動きが最高。
これぞ、アニメーション(笑)

ジブリも好きだが、こういう感じのタッチも好き。
この作品に限らず賛否は別れるとは思うけれども、それはそれで物議を醸す程の魅力があるということ。
他の作品も観たくなった。

ぞうさん
ぞうさんさん / 2017年6月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

論理とフィクションの融合 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

この絵とアジカンのファンというのが私がこの映画を観に行った理由でした。
ナカメ作戦をしている先輩の一目惚れの相手は、黒髪の乙女。彼女に偶然を装って声をかけ続けた彼は、一夜限りの不思議な夜、先輩は彼女の目当てのものを必死で手に入れたり、演劇に割って入ったりと走り回ります。
しかしその夜も終わりに近づいた頃、先輩は風邪をひいてしまいます。それを自分の気持ちに気付いた黒髪の乙女は看病しに風が吹きつけるなか先輩の家に向かいます。
これだけ聞くと、なんだか単純な物語だなーと思うだけだけど、その合間に入る沢山な人との出会い、起こる出来事の中に深いメッセージのようなものを感じたように思います。
結婚は惚れ込んだ相手とするべきか、自分の理性を守るために惚れていない相手とするべきか。
本は全て繋がっている。(物事に途切れはないということ)
古くから受け継がれているものを受け継ぐということでできる世代を超えたコミュニケーション......
など、出していったらキリがないくらいです。

先輩と黒髪の乙女との関係の変化で起こる出来事から学んだことがとても多かった と思いました。
絵も見応えがあり、可愛くてとても面白かったです!
(映画館いっぱいに流れるアジカンは相変わらず最高でした)

Mahhy__*
Mahhy__*さん / 2017年6月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どうしても粗い作品だと思ってしまう

独特な世界観とか独創的なお話しというものは感じるけれど、本当に面白いと思えなければ、どうしてもテキトーだなぁと感じてしまう。
なんで星野源なのか?なんで花澤香菜なのか?なんで秋山竜次なのか?いらぬ疑問を感じてしまったのは、やはり作品に入り込めなかった証拠だと思う。全ては作品の質を高めるためだと思うけれど、客寄せパンダ的な要素を感じてしまうのは、下衆の勘繰りといったところ。

SH
SHさん / 2017年6月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

25分で飽き飽き。

オープニングの掴みは凄く良くて、直ぐ様映画に惹き込まれたのだが、変わらぬテンションに10分過ぎた辺りでお腹いっぱい。
何しろ、緩急というものがないから飽きてくる。
同じ様な事が今後も続くのかと思うと観ているのが拷問になってきて、25分で映画館を出た。
星野源の声優力は凄く良い。只それだけの映画。
ファンタジーを描くには、ちと表現力が足りてない。
脚本家が岸田戯曲賞のヨーロッパ企画の方だから期待したけど、台詞の言い回しが小劇団臭さ丸出し。商業映画に合ってない。
所詮、小劇団は小劇団って感じでした。
この映画観ないでANNA SUIのネイル買えば良かった〜っ!

日和
日和さん / 2017年6月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

懐かしき京都の学生時代

京都の左京区のお話なので、学生時代に遊んでいた場所がそのままでてきて、街並みがあまりにリアルで、お話に吸い込まれるように当時のことを久々に思い出しました。
夜に街を歩き回る時間は今の方が確実に長いけど、学生時代、学校での制作を離れて皆で遊んだ夜の京都の街は、当時の私には知らない物と知らない人達が多すぎて、初めてのことだらけで、一夜で何日分ものことを経験したような気持ちになって、すごくワクワクしてたなぁとじわじわと思い出しながら、お話に必死について行きました。必死について行かないと、皆に置いて行かれる!と、当時の私の気持ちに戻るようでした。
戻りたいとかじゃなくて、それが今に繋がってる感じが自分の中ですごくしっくりきて、ボロボロ泣いてしまった。
すごく心地よい映画でした。
元気がなくなった時にまた観たい。

ののの
のののさん / 2017年5月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いつもの!

湯浅監督作品はマインドゲームしかみたことないけど、まんまあの感じで楽しめた。キャラデザインもどっかでみた昭和テイストのオシャレ美少女だー、と思ったらあの(名前わすれたけど)あの、お方がデザインしてた。端々にクレヨンしんちゃんの香りが散りばめられて、とても楽しい時間がすごせる!と思っているけど、なかなか体感時間は長い。でも、とりあえず上映前のトレーラーで散々萌えアニメ見せられて、食あたり起こしてたのに、あっという間に湯浅ワールドに連れてってもらえたのは嬉しかった。君の名はのヒットのせいか、やたらアニメの宣伝が目についたが、この作品を見に来るやつは萌えアニメ層とは違うぞ。そんなセンスじゃ、君の名はの二匹目のドジョウはすくえるはずがない。ま、たのしめた映画だけど、マインドゲームを見たときのような衝撃はなかったな。本好き、京都好きならばもっと楽しめたか?原作はラノベみたいなので、気になったから立ち読みしてみよう。きっと、映画とはまったく違う印象で笑えるはずだ!

ひろぽん
ひろぽんさん / 2017年5月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

155件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi