「どうしても粗い作品だと思ってしまう」夜は短し歩けよ乙女 SHさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

夜は短し歩けよ乙女

劇場公開日 2017年4月7日
全155件中、16件目を表示
  •  
映画レビューを書く

どうしても粗い作品だと思ってしまう

独特な世界観とか独創的なお話しというものは感じるけれど、本当に面白いと思えなければ、どうしてもテキトーだなぁと感じてしまう。
なんで星野源なのか?なんで花澤香菜なのか?なんで秋山竜次なのか?いらぬ疑問を感じてしまったのは、やはり作品に入り込めなかった証拠だと思う。全ては作品の質を高めるためだと思うけれど、客寄せパンダ的な要素を感じてしまうのは、下衆の勘繰りといったところ。

SH
さん / 2017年6月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi