ワンダーウーマンのレビュー・感想・評価

ワンダーウーマン

劇場公開日 2017年8月25日
349件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ガル・ガドットと、彼女を抜擢した人、本当にありがとう。

ガル・ガドットといえば長年にわたり、ほぼ「ワイルド・スピード」シリーズでしか観られない美女で(出演しているのは5~7作目までだが)、たまに別作品でセクシーなチョイ役で顔を見せる程度だったので、女優業への野心があまりない人かと思っていた。

ところが『ワンダーウーマン』絡みのパティ・ジェンキンス監督のインタビューを読むと、ガルはオーディションを受けてもなかなか役に恵まれず女優引退すら考えていたのだとか。

もしDCユニバースにおけるワンダーウーマン役の大抜擢がなかったら、われわれ映画ファンはどれだけ大きい損失を被っていたことか。『バットマンVSスーパーマン』でもガルのワンダーウーマンは輝きまくっていたが、単独主演作である今回の彼女の魅力は本当に抗いようがない。

ただ筋立てやストーリー運びはいささか凡庸に感じるところが多く、ガルを眺める眼福と彼女がまとった媚のないユーモアが作品を支えている正真正銘のスター映画だと思っている。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年8月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

ガル・ガドットの見事なスーパーヒーロー像

女性参政権もなかったころの第一次大戦時に、スーパーヒ―ローを活躍させるという時代設定が面白い。女性に社会の行く末を決める権利がなかった時代に、女性が戦争に身を投じて戦争を止める。女性をエンパワーメントさせる作品として世界で評判になっているが、その評価に間違いはない。

軍神アレスを倒せば世界が救われるという、勧善懲悪的な思考で島を出たダイアナは、戦争を身をもって体験して、世界の複雑さを学んでいくのだが、物語自体は勧善懲悪から抜け出せていない点は少し残念。

しかし、脇役も含めて魅力的なキャラクター(はみ出したちの活躍もまた、マイノリティへの目配せか)が多く飽きさせることなく長丁場を持たせることができている。なによりガル・ガドットの起用は大成功だろう。美しく強いワンダーウーマン像に完璧に合致した。

DC映画は不調が続いたが、起死回生の一本になったことだろう。

ローチ
ローチさん / 2017年8月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

重厚な語り口と筋書きが映画の余韻を高めてくれる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

まずもって、ダイアナが一枚の写真を見つめながら100年を回想していく語り口に心を奪われた。

そこから予感できることは二つ。劇中では彼らがこの写真撮影のために整列する一瞬が描かれるだろうし、本作の終わりでもこの写真を通じて回想から覚めゆく場面が描かれるだろう。こういった構成上の伏線が道しるべとなり、作品全体が抜群の安定感で重厚に包み込まれているように思えるのだ。

これほど卓越した構成ゆえにヒロインがヨーロッパの激戦地を縦横無尽に駆け巡っても我々はどんと構えてこれらを見守ることができるし、様々なテーマ性、メッセージ性をしっかりと噛みしめ、ダイアナらと同じ目線で冒険し、成長していくことも可能だ。

毒ガス博士の存在感も強烈だが、ダイアナの底知れぬパワフルさにも気分が高揚した。かつてこれほど快活かつ丹念に描かれたヒーロー映画があっただろうか。全てを統率したパティ・ジェンキンスに敬意を表したい。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年8月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 5 件)

ガル・ガドットの眼力がもたらすカタルシス!!

女性だけの大国を受け継ぐべく、類い希なフィジカルを授けられ、生まれてきたヒロインが、やがて、愚かな人類の救世主となる!!これまではマッチョなヒーローにのみ与えられてきた設定が、女性に代わったことでなぜここまで説得力を持つのか?この世の理不尽が主に弱々しい男の捻れた欲望を起点にしている場合が多いからだ。ワンダーウーマンの自分に忠実な行動が、終始、観客を惹きつけて止まないのはそのためだ。好奇心、疑問、怒り、愛、そして、信念。それらが、演じるガル・ガドットの眼力によって表現される時のカタルシスとエロチシズムは、来る「ジャスティス・リーグ」の救世主になるのはもはや確実。本作でも、ガドットの力演によって相手役、クリス・パインの意図した(または無意識の)木偶の坊ぶりが、愛すべき個性へと昇華されている。恐るべし!!ワンダーウーマン!!

MP
MPさん / 2017年8月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ガル・ガドットのしなやかな美しさが光る

「ワイルド・スピード」シリーズの頃からアクションもいける美人女優ということで大いに注目してきたが、満を持しての主演作。まあ、「バットマン vs スーパーマン」でお披露目済みなので、一定水準を超えることは予想していたが、期待を上回る出来に大満足。やはり女性監督パディ・ジェンキンスとの相乗効果が大きかったのだろう。“ヒーローの着地”で大写しになった太ももがわずかにプルプル揺れるショットがあるのだけど、あれなんかは確実に女性ならではの視点。男性ヒーローではあり得ない、女性だからこその柔らかさが美しさであり、強さでもある。それがワンダーウーマンの魅力であり存在意義なのだ。

ロンドンに着いたダイアナがアイスクリームを美味しそうに食べる場面や、ブティックでの早着替えシーンなどは、きっと女性の心をくすぐるだろう。本作はジャスティス・リーグの女性ファン獲得に大いに貢献するのではないか。

AuVis
AuVisさん / 2017年8月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

神様だけど

この手の映画にストーリーを期待しちゃいけないし、ツッコミ所にも目をつぶらないといけないのは分かってるんですけど、敵役の神様がどうにも違和感ありすぎて全世界神様にみえないんだな、これが。

とても楽しく鑑賞させていただきましたが、そこだけきになっちゃいました。

madamasako
madamasakoさん / 2017年11月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ワンダーウーマン可愛いーーーー

こんなにキュートなヒロイン居ますでしょうか、、
新しい世界に戸惑うけど、信念を曲げない。良いなぁと思ったのは、頑固すぎない素直さも持っているところ。
戦争を止めたいという悲壮感漂う願いだったので、ラストは仕方ない、、かもしれないけどやっぱり悲しいーーーー

キムチ
キムチさん / 2017年11月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

男どもはコレ見て発情

「最高!」だとか「カッコいい」「美しい」などとみんな綺麗事をのたまってはいるものの、男どもは自身をオッ立てて欲情してるんだろ? 股間を膨らませてワンダーウーマンのピンチや敗北を妄想し、凌辱してみたいんだろ? 公開前の109シネマズの男子トイレにワンダーウーマンのチラシが沢山散乱してたぞ(笑) ワンダーウーマン陵辱とか敗北と検索してごらん。

ハーイハーイハーイ
ハーイハーイハーイさん / 2017年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

DCにしては暗さ控えめ?

出来がちょっとアレだったバットマンvsスーパーマンにも出てきたワンダーウーマンの単独映画。気持ちを高揚させる音楽と共に印象づけられた「美女戦士は天然系?」というフレーズ。これは違うんじゃないの?
美女戦士は天然、ではなく無垢。だからこそ成り立つ物語。善を信じるダイアナが、悪を打ち倒すために猪突猛進に突き進む様を、楽しみ、案じ、応援する話。
非情な現実に直面した時にどうするのか?という問いに対し、ダイアナが選んだ答えがいいね!それでこそヒーロー(ヒロイン?)

バットマンvsスーパーマンの時のような高速肉弾戦を期待していたのだけど、思ったよりも控えめ。ワンダーウーマンを改めて紹介する映画だし、仕方がないかな。肉弾戦以外のパワーも見せたいよね。こっちもかっこよかったし。
冬にDCヒーローが集う映画、ジャスティスリーグが公開される。それにも出るらしいが、きっと続編もあるんだろう。ワンダーウーマンが持つのは神の力。それに匹敵するような強大な敵を出せるのだろうか?楽しみである

サブレ
サブレさん / 2017年11月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良い映画

普通に楽しめるアクション・ヒロイン映画。

stoneage
stoneageさん / 2017年11月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

きれい!

面白かった

にゃる
にゃるさん / 2017年11月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

主演の人、美しい。 続きが観たいと思ってしまった。

主演の人、美しい。
続きが観たいと思ってしまった。

Third Man
Third Manさん / 2017年11月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

DC ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

女性ヒーローもの始めて見た、面白い

cameo
cameoさん / 2017年10月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

欠点は沢山ある。それでも素晴らしい映画だと断言したって構わない! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

悪役アレスの意外性とインパクトが足りないし、演じるデヴィッド・シューリスにも正直僕は不満だった。要はスピルバーグが撮った『戦火の馬』の憎まれキャラ・ライアンズの延長だから、二面性のあるアレスを演じても驚けなかった(『ローグ・ワン』のメンデルゾーンか、『ダンケルク』のライアンスに是非演じてほしかった)。それにDCEU映画2本目の『バットマン VS スーパーマン』よりスケールがちょっと小さく感じる場面が見受けられて、もうちょっと遠近法にこだわりが欲しかった。せっかく舞台が興味深い第一次世界大戦下なのに…。クライマックスのダイアナ対アレスのバトルも頑張ってるけど、単調性を少し抱いてしまったのも確かだった。だから世間が感じるよりも、”あと少し”とこの場を借りてどうしても伝えたかった。

ただそれでも高評価にしてる理由は断言するが、その欠点を凌駕するほど映画がホントに素晴らしかった!ガル・ガドットのダイアナは間違いなくパーフェクトで、今年のアカデミー賞の候補に上がるか今からワクワクです!クリス・パインのスティーブ・トレバーも久しくお目にかかれなかったクラシカルな雰囲気が似合う正統派ヒーローで、ぶっちゃけハン・ソロを思い出す瞬間が何度もあった。あとユエン・ブレムナーが『トレインスポッティング』や『AVP』以来というべき、実に生き生きした芝居を見せてくれて嬉しかった。ブレムナーとシューリスって最近役が固定気味な印象が多かったけど、ここで先にブレムナーが殻を破ったようでワクワク。敵サイドのエレナ・アナヤもすごく印象的だった(未見だけどアルモドバルの『私が、生きる肌』を少し思い出すマスクだった)。

でも一番素晴らしいのは監督のきめ細やかさが光っている場面だった。無人地帯(ノーマンズランド)でダイアナが戦火を颯爽と駆ける場面は、過去に一度も観た事がない名シーンだと断言できるし、スティーブがダイアナへ最後に伝えた“愛してる”や終戦後のイギリスで貼られるモノクロ写真のスティーブ、あそこで僕は何度も何度も泣いて泣いて泣きまくった。多分あんなに泣いたのは『聲の形』『T2』や『アルマゲドン』のクライマックス、『グリーンマイル』のコーフィーとジョンの別れのシーン以来だった。そして本編終了後のエンドクレジット・テーマソングは、必死に拍手を我慢するほど圧倒的にカッコ良くて、オールナイトが終わった途端の外の朝日が綺麗だった。もう本編と現実がリンクした瞬間だったし。

長々と書き殴ったが、欠点はたくさんある。でもそれを込みにしても大好きな映画だった。Blu-ray、『ジャスティス・リーグ』に『2』も今から楽しみだし、またもや先鋭的傑作を作ったワーナー/DCに感謝!一度は観ないと後悔するよ!

平田 一
平田 一さん / 2017年10月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「バットマンvsスーパーマン」に出てきたときはあんなにテンション上...

「バットマンvsスーパーマン」に出てきたときはあんなにテンション上がったのに、メインになるとイマイチ。ハードル上げすぎたかな。

ボケ山田ひろし
ボケ山田ひろしさん / 2017年10月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

内容は酷い。映像は綺麗。それだけ。

毒にも薬にもならないアクション映画。
映像美以外は何も評価出来ない。

アメリカ人らしい、大味でどうでも良い作品。

主人公の美しさだけでもっていこうとする感じが、ちょっとなぁ・・。

ベリス
ベリスさん / 2017年10月22日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

想像以上に、、、

映画を観過ていて観る映画が無かったので、
よい年した中高年夫婦ですが観に行きました。

最初はちょっと「?」でしたが、
観ていくうちに吸い込まれるような感じでした。
若い子と感じ方は違うでしょうが、
これ系映画未体験のおばちゃんでも最後まで
観れました。

akoako
akoakoさん / 2017年10月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

DCEU傑作?

女性だけが住む島で育ったアマゾネスの王女ダイアナ。史上最強の女戦士を目指し、日々訓練を積み重ねていた彼女が外の世界に出会い、世界の危機を救うために奮闘する様を描いたワンダーウーマン第1作目にして、記録尽くしの大ヒットとなったDCEU4作目。

評価の面で低迷するDCEUシリーズを救うまさにヒーローのような大ヒットに恵まれ、各方面から絶賛の嵐を受けたようで、内容的にも作品的にも女性が大活躍した点が大きく評価された今作。
突如ドゥームズデイ戦に参戦し、バットマンをあっという間に蚊帳の外に追いやる戦犯的な活躍をみせたBvsSからおよそ1年半。むしろバットマン、スーパーマンやってんの誰よくらいの勢いで世界的に名を馳せたガルガドットがパワフルでコミカルでキュートで電波なダイアナプリンス、ワンダーウーマンを演じる。

序盤の神話的な人物名がやたら出てくるのは情報過多で少し退屈かもしれないが、矢とか縄を使ったアクションがなかなか新鮮で面白いのと、突然ブレスレット?をガッ!!とやってブワッ!!となるのがチートすぎて笑える。この時点で大体敵なし笑。バットマン頑張れ笑。

そしてパートナーとして共に行動するスティーブことクリスパインがとても良い。
距離感の保ち方がすごく良い笑。初めての男性を前にして、まったく女性らしい慎ましさを心得てないダイアナに対して、かなり戸惑いながらも紳士にエスコートしていく様がヤバイ笑。めちゃめちゃカッコ良いのにダイアナに振り回されてる姿がかなり愛らしい笑。

アクションの面ではザック節がキレキレで飛べないことを除けばほぼスーパーマンと遜色ない動きを見せる。
盾1枚で銃弾の嵐を凌ぎ切り、剣一本で軍隊を薙ぎ払い、最終的には素手で戦い出す笑。
さすがに銃弾を受ければ傷付くため、真正面から胸張って銃撃を浴びることはできないが、腕で弾くのは余裕のようで戦闘能力においては余裕でジャステイスリーグNo.2に入り込めるのではないのだろうか。

しかしそんな彼女も人間であって、ただ少し世間知らずなだけなんだという描写も多々あり、スティーブと惹かれ合う恋愛の感情や、アレスを倒しても争いを止めない不条理さやスティーブを亡くすことによる絶望の感情を経験して生きているというヒューマンドラマ的な面でも秀逸な出来だ。

強いて言えば悪役のインパクトが弱いが、現状のDCEUで最高傑作なのは明らか。
いよいよジャステイスリーグ本番!といったタイミングの作品であったはずなのに、繋げていく感じが薄かったのは少し盛り上げ不足かなとも感じた。
にしてもガルガドット、ホントに綺麗ですね見惚れますよこれは笑。
二児のお母さんと聞いて驚いた。かっけぇママ!

オレ
オレさん / 2017年10月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

少し期待しすぎちゃったかな。

ストーリーはいつものアメコミヒーローのお話。
でも、ガル・ガドットはかなり格好良かった。

may.u
may.uさん / 2017年10月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヒーロー

やたらカッコいい予告シーンと音楽が気になって観賞。
映画が終わってポスターを見るまでずっとマーベル映画だと思ってましたごめんなさい。

あまり見かけない女性が主人公となるヒーロー物の映画です。
映画全体を通して、クスっとするシーンや山場となるシーンもあり最後までは見れましたが、
映画終了後の余韻等は特に無く「あぁ終わった」といった感想しか出てきませんでした。

理由として、取り合えずよくあるヒーロー物の主人公を女性にしてみました!というだけのような印象を受け、
同じヒーロー物のマーベル映画と比べた際に映像の迫力や物語の展開において
どうしても見劣りしてしまうように感じてしまったためです。
男性主人公のずっと訴えていたアレはなんだったのか。

割と楽しみにしてただけに残念ですが、続編に期待したいと思います。
鑑賞するかはわかりませんが。。

小幸
小幸さん / 2017年10月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

349件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi