ワンダーウーマン
ホーム > 作品情報 > 映画「ワンダーウーマン」
メニュー

ワンダーウーマン

劇場公開日

解説

DCコミックスが生んだ女性ヒーローで、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」でスクリーンに初登場した、ガル・ギャドット演じるダイアナ・プリンス/ワンダーウーマンを主役に描くアクション大作。女性だけの島のプリンセスだったダイアナが、いかにして最強の女戦士=ワンダーウーマンとなったのかが描かれる。女しかいない島で、プリンセスとして母親に大切に育てられてきたダイアナ。一族最強の者しか持てないと言われる剣に憧れ、強くなるための修行に励む彼女は、その中で自身の秘められた能力に気付く。そんなある日、島に不時着したパイロットのスティーブとの出会いで、初めて男という存在を目にしたダイアナの運命は一転。世界を救うため、スティーブとともに島を出てロンドンへと旅立つ。スティーブ役は「スター・トレック」シリーズのクリス・パイン。「モンスター」でシャーリーズ・セロンにアカデミー主演女優賞をもたらしたパディ・ジェンキンス監督がメガホンをとった。

作品データ

原題 Wonder Woman
製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 141分
映倫区分 G
上映方式 2D/3D
オフィシャルサイト  

特集

全世界が夢中!なぜこの《最強美女》は“日本でも”超人気なのか?全米今夏No.1ヒット作は──映画ファンも映画.comも絶対支持!!
美しくブッ飛ばす! 全世界ヒットを決めた話題の女性スーパーヒーローがついに日本へ

全米サマーシーズンNo.1ヒットの座を勝ち取り、全世界大ヒットを記録中の「ワンダーウーマン」が、8月25日より日本公開。「ワイルド・スピード」シリーズで注目を集めたガル・ギャドットが美女戦士を演じ切り、「スター・トレック」シリーズのク...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

勇壮な女戦士が現代に取り戻す、DCスーパーヒーロー映画の崇高なる精神
ワンダーウーマンの映画評論・批評

「マーベル・シネマティック・ユニバース」を順調に展開させているマーベルに比べ、「DCエクステンデッド・ユニバース」の仕切りに少々もたつきが感じられるDC。マーベルと競合しようと成果を急ぐあまり「バットマン vs スーパーマン ジャステ...ワンダーウーマンの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全349件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

「DCエクステンデッド・ユニバース」シリーズ関連作品

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi