ワンダーウーマン : 映画評論・批評

ワンダーウーマン

劇場公開日 2017年8月25日
2017年8月15日更新 2017年8月25日より丸の内ピカデリーほかにてロードショー

勇壮な女戦士が現代に取り戻す、DCスーパーヒーロー映画の崇高なる精神

「マーベル・シネマティック・ユニバース」を順調に展開させているマーベルに比べ、「DCエクステンデッド・ユニバース」の仕切りに少々もたつきが感じられるDC。マーベルと競合しようと成果を急ぐあまり「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(16)は精度を欠いた出来になってしまい、来たる「ジャスティス・リーグ」への不安は募るばかりだ。

しかし、本来アメコミヒーローの実写映画化は、DCが模範を示してきたはずだ。特にこのジャンルの基盤となっているクリストファー・リーヴ主演の「スーパーマン」(78)は、現実とファンタスティックな設定をシームレスに接合。スーパーヒーローが人間社会において正義をまっとうする、その成長の物語を気高く描いていた。

画像1

ワンダーウーマン」は、そんなDC映画の起点に戻り、先行きへの不安を一気に解消する作品になっている。邪神アレスの脅威に備え、日々戦闘力を鍛え上げてきたアマゾン族の女戦士たち。だが外界から閉ざされてきた彼女らの島に、第一次世界大戦の影響が及び、アマゾン族のプリンセス・ダイアナ(ガル・ギャドット)は人間界との関わりを余儀なくされていく。そして、戦争の背後にアレスの存在を感じた彼女は、ドイツの毒ガス虐殺計画を阻止しようと動く英軍スパイ・スティーブ(クリス・パイン)と目的を一致させ、人類を救うために島を後にするのだ。「世の中に不正が起これば、何もしないか行動するかだ」という、彼の信念に自らを重ねながら。

だが、強者が弱者を迫害し、女性の権利が剥奪された人間界を目の当たりにして、ダイアナは岐路に立たされる。人類は守るに値する存在なのかーー? 本作はこうした問いをダイアナに投げかけ、彼女が自らの意志によって守護神=ワンダーウーマンとなっていく過程を力強く捉えていく。スーパーヒーローとして不確定な者が、市井の人々にその自覚をうながされていく展開も、「スーパーマン」の精神を汲むものとして見る者の魂を高揚させる。

それはもう、マーベルに勝つとか負けるといった問題ではない。DCがかつて確実に持っていた、スーパーヒーロー映画のあるべき姿。それを「ワンダーウーマン」で取り戻したことがたまらなく誇らしく、そして頼もしいのだ。

尾崎一男

関連コンテンツ

特集

全世界が夢中!なぜこの《最強美女》は“日本でも”超人気なのか?全米今夏No.1ヒット作は──映画ファンも映画.comも絶対支持!!
特集

全米サマーシーズンNo.1ヒットの座を勝ち取り、全世界大ヒットを記録中の「ワンダーウーマン」が、8月25日より日本公開。「ワイルド・スピード」シリーズで注目を集めたガル・ギャドットが美女戦士を演じ切り、「スター・トレック」シリーズのク...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全349件)
  • 神様だけど この手の映画にストーリーを期待しちゃいけないし、ツッコミ所にも目をつぶらないといけないのは分かってるんですけど、敵役の神様がどうにも違和感ありすぎて全世界神様にみえないんだな、これが。 とても... ...続きを読む

    madamasako madamasakoさん  2017年11月16日 04:11  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • ワンダーウーマン可愛いーーーー こんなにキュートなヒロイン居ますでしょうか、、 新しい世界に戸惑うけど、信念を曲げない。良いなぁと思ったのは、頑固すぎない素直さも持っているところ。 戦争を止めたいという悲壮感漂う願いだったので... ...続きを読む

    キムチ キムチさん  2017年11月12日 17:53  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 男どもはコレ見て発情 「最高!」だとか「カッコいい」「美しい」などとみんな綺麗事をのたまってはいるものの、男どもは自身をオッ立てて欲情してるんだろ? 股間を膨らませてワンダーウーマンのピンチや敗北を妄想し、凌辱して... ...続きを読む

    ハーイハーイハーイ ハーイハーイハーイさん  2017年11月11日 11:31  評価:0.5
    このレビューに共感した/2
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ジャスティス・リーグ ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなた 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督) 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi