風立ちぬのレビュー・感想・評価

メニュー

風立ちぬ

劇場公開日 2013年7月20日
418件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ほんたうに、ほんたうに美しいものだけを。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

宮崎駿、五年目の(最後の?)作品。

この映画を見たときに、僕は涙が止まらなかった。

それほどまでに、この映画を美しいと感じた。

いや、正しくは

(醜いほどのエゴで)

「美しさ」が表現されている映画だと感じたからだ。

この美しさとは、宮崎駿の美学のことである。

彼の思う美しい世界、美しい映画とはこのような姿をしていたのだ。

だから、この映画は極端に賛否両論になるであろうことは火を見るよりも明らかだ。

要するに、彼の美意識を美しいと思うか。美しくないと思うか。

コレばかりは、宮崎駿という人が(という人の創作する世界観が)好きかキライかだから

仕方がないと思う。

黒川の無念、菜穂子との恥ずかしいまでのラブシーン、煙草のニオイ、日本人の業。

ほんの50年ほど昔まで行われていた、無知で愚かな治療法。

菜穂子の気持ちを考えれば、張り裂けそうな想いが伝わってくる。

そしてあの、もっとも美しい嫁入りのシーンで、

宮崎駿は自分の絵を捨てた。

あのシーンの菜穂子の顔は、彼の筆ではない。

最近の流行りの、どちらかと言えば、貞本義行のようなラインなのだ。

それを宮崎駿がOKしたこと。

そして、それを「最も美しくないといけない」あのシーンに採用したこと。

そのくせその様式、たとえば古い手作りガラスの表現などにはこだわる美意識。

二郎のガラス越しの世界には、美しいものしか映らない。

そして、彼が美しくないと感じたものは、この映画からどんどん消えてゆく。

母も、女中も、菜穂子も、魔の山の思ひ出も、美しいものを作り出さなくなった友人も、戦争も、

二郎の目には入らなくなってゆく。

忘れてしまうのだ。

つまり、戦争も、菜穂子も、美しくないものであるがえに、描かれない。消えてゆく。

そして彼が見た最後の夢は、「紅の豚」で皆が旅立っていった、

あの戦闘機乗りたちのあの世ではなかったか。

そこでは、なんと残酷なことか、美しかった頃の菜穂子が待っている。

しかしそれもまた、「彼の見たかった」美しい夢でしかない。

これほど美しく、残酷な映画はないだろう。

理解できるものを選ぶ映画である。

まさに、ワインを飲みながら、愉しむ映画であろう。

ワインの飲めないお子様、味のわからぬ無粋なものは、この映画に「描かれる」資格がないのだろう。

残念だが、アキラメたまえ。

加藤プリン
加藤プリンさん / 2015年4月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素敵な二人だなぁ

次郎と菜穂子のやりとりが好きです。

bp
bpさん / 2015年3月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:TV地上波、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大泣きした

大泣きした

Syoma
Syomaさん / 2015年3月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自己満足

ジブリファンの期待や希望を一切排除し、宮崎駿氏が自分のやりたい事だけをやった自己満足の作品。
これで引退宣言というのもよく理解できます。
最後にヤリ逃げしようって魂胆ですね。
この題材をアニメ映画化する意味が分からないのですが、宮崎駿氏に出来る事がアニメしか無かったという事なのでしょう。
最後にジブリを深く傷つけてしまった最低の作品ですが、全て計算通りなのでしょう。
自分で作り上げたジブリを最後に自分でぶち壊し、次の世代へ道を開けて去るつもりなのでしょう。

ぺどりーと
ぺどりーとさん / 2015年3月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いいシーンがたくさん!でも全体の印象は今一つ

関東大震災や飛行シーン等は宮崎アニメ独特の描写で興味深く、淡々と進むストーリーの割りに飽きずに観ることができた。
ただ、ラストの表現が曖昧ですっきりしない。ゼロ戦を開発する執念と、妻を愛する気持ちのどちらを描きたかったのだろうか。
あと、声優については毎回ジブリ映画でつらい思いをしてきたが、今回はさらにひどかった。印象が少し悪くなったのは確か。

kenshuchu
kenshuchuさん / 2015年3月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良いのはユーミンの歌のみ

俺は概してアニメが嫌いだ。

だがユーミンの歌が好きだし
何やら賞をとった作品らしいのできっと良いに違いない。
こんな俺でもアニメのことが好きになれるかもしれない。
......という事で頑張って半分までは観た。

が、その後は苦痛に耐えられず
ほぼ音声だけを聞きながら今、これを書いている。

(絵を含め)あらゆる表現が生ぬるくイライラする、気持ち悪い。
ますますアニメが嫌いになってしまった。

駿の作品はこれが初めてだが
駿のオナニーはもう二度と見ない。

あっ「ひこうき雲」が流れてきた、やっぱりいい曲。

こんな俺だが
「かぐや姫の物語」は途中から数十分しか見ていないのに惹き込まれてしまった。
録画しなかったのを後悔......Amazonで買うか。

yk
ykさん / 2015年3月17日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

声優が合ってない感じ

声優が合ってない感じ

小虎
小虎さん / 2015年3月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

純文学大人ジブリという感じで、子供の視聴者は完全スルーでした。動き...

純文学大人ジブリという感じで、子供の視聴者は完全スルーでした。動きがさすがジブリということで目を惹く場面は多々ありましたが、必ず寝るでしょう。
個人的には良作に感じました。
淡々とした中にも深みはしっかりと感じられます。
登場人物で一人も悪役がいないのと、あっさりした感じが何度も観れるように思いました。
庵野監督はやはり違和感を感じましたが徐々にそれも慣れというか麻痺しました。効果音を声で行うというのも奇妙な感じがしましたがまあ実験的でよいかと思います。

MR.3
MR.3さん / 2015年3月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

(-_-)

まず言っておきたい。
未来少年コナン、テレビ版ルパン三世最終章、ルパン三世カリオストロの城、ナウシカ、ラピュタ…までは宮崎駿さんの作品の大ファンでした。もののけ姫以降はトーンダウンしましたが。
昔は観ている人を楽しませる映画、
現在になるにつれ、監督の自己表現映画になっていたのではないか。そして、正にその集大成がこの映画。だと思います。

さて本題です。テレビで放映されたので、録画。
いざ観始めたら…五分ほどで、観る気が失せました。絵のタッチ、声優の声、冒頭の雰囲気…自分には面白くないと直感で分かりました。
映画や音楽など、冒頭の部分、掴みが、重要だと思います。最初に気持ちが入らないと、大抵は自分にハマらないことが多いからです。

この映画を全て観ると、ネガティヴな感想しか出てこなさそうなので、観るのをやめておきます。

SICK_JOY
SICK_JOYさん / 2015年3月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

脳内妄想?

何が言いたいのか意味不明。
マスコミの大宣伝の話題性だけで商業的には成功したらしい。
戦争反対!ならはっきり言えば?

本当は評価に値しない。

蛍の墓が名作なら、これは超ド級の駄作。

退屈でくだらない。宮崎駿映画はもののけ以降は毎回どんどん劣化している。

主役の声も気持ち悪い。ドイツの変なおっさんとかも気持ち悪い。 史実、事実無視的なとこもオカシイ。 堀越本人の孫も「全然違います」って言ってた位。

ただゼロ戦や設計者の威光を題材にした脳内妄想映画。 時間損した。

44mm
44mmさん / 2015年3月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣いた

2回目の方が感動した。初めて劇場で2回観た作品、そして初めて映画を観て泣いた作品。

ちかし
ちかしさん / 2015年3月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

間違いなく、集大成!!

引退作に相応しく、全てを出し切ったかのような作品でした。
紅の豚を始め、宮崎監督の趣味と、思いが詰まった、とても良い作品でした。
ただ、一つだけ残念なのは、効果音に人の声などを使うなどの様々な試みをしていますが、やはり粗が目立ち、良し悪しに差があったので、☆4にしました。
まだご覧になっていない方、是非ご覧になっては如何でしょうか。

toto
totoさん / 2015年3月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

主人公の声はやっぱり違う人が良かった。 棒読みはちょっと… 話の内...

主人公の声はやっぱり違う人が良かった。
棒読みはちょっと…
話の内容は専門的なところがわかりにくかった。
物語後半の菜穂子と二郎の恋愛模様は素敵だった。

さとらこ
さとらこさん / 2015年3月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いつまでも心に残る

監督の引退作という意味合いで見ると余計に感慨深い。
「なぜこの国はこんなに貧乏なんだ」という思いの中で、ただ純粋に美しい飛行機を作りたいという想い。その形が兵器という矛盾。二郎の葛藤に、宮崎駿のリスペクトと愛情あふれるメッセージが、カッペリーニ氏を通して伝えられます。そしてすっかり消え失せた純愛の女神を寄り添わせることで、この映画は日本映画にいつまでも光をともすことになります。黒川氏のキャラクターもいとおしい。

スペンス
スペンスさん / 2015年3月1日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大人ジブリに感動

一番欲しいものが、ここにありましたね。胸が締め付けられる想いで、何度も涙してしまいました。
ただ、美しい飛行機を作りたいだけの二郎さん。そんな気持ちとは裏腹に、自分の創り出したものがたくさんの命を奪うことになるなんて、思いもしなかったのでは。儚なさ、切なさ、理不尽さを考えてしまう作品です。

mizupoyo
mizupoyoさん / 2015年3月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何処かで読んだ恋愛ものでした

恋愛の部分は 《神々の消えた土地》 と似通っていました。

ごめん
ごめんさん / 2015年2月28日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しい。

美しい風景。美しい物語。美しい人々。
そして美しい飛行機。何もかもが素晴らしい。
特に二郎と菜穂子の恋愛物語に心を奪われる。
菜穂子の声を担当した瀧本美織が特に良い。
彼女の古風で慎ましいニュアンスはいまどき稀有である。
くらべて二郎役の庵野秀明さんにはがっかりさせられた。
この作品の唯一の失敗だと思う。
これはナチュラルな演技を求める監督たちの、
陥りやすい落とし穴で、
名監督山田洋次さんでさえこれに近いミスを犯すことがある。
素人はやはり素人なのです。
日常のリアルと演技のリアルはまったく違うもので、
素人には役の心の中までは喋れない。
だから演技をしない笠智衆さんは素晴らしいのだ。

この作品が公開されたあと、
戦争を肯定しているのではと騒がれたが、
いったいどこをどう解釈したら、
そんな馬鹿馬鹿しい感想になるのだろうか。
これは美しい飛行機を作ることに、
生涯をかけた「職人」の物語である。
技術者はただひたすらに美しいものを作ることに腐心する。
それを平和利用するか戦争に使うかは、
権力者や政治家たちの仕事だ。
物語の最後に現れる飛行機の残骸の山に、
ちゃんと作者の忸怩たる悲痛なメッセージがあるではないか。
喫煙シーンの多さにも批判があったようだが、
これも実にくだらない。
大人たちの喫煙はあの時代の風俗なのだ。
それでは危険だから時代劇で刀を抜くな、
と言っているようなものだ。
現代の安っぽい価値観でしか物事を判断していない。
誰が何と言おうとこの作品は秀逸である。

cupidpapa
cupidpapaさん / 2015年2月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ウタマルの映画評を事前に聴いていてわかり難い映画かと思ってだけどけ...

ウタマルの映画評を事前に聴いていてわかり難い映画かと思ってだけどけっこうわかり易かった。
凄く真っ当なオーソドックスな映画でした。
でもドイツ人との会話はちょっと。あとからならなんとでも言えるわた思ってしまいました。

高峰
高峰さん / 2015年2月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大正の恋って、イイ!!

飛行機の技師を夢見る青年の、10年間を描いたお話。

勉学に励む若者たちも、居候先の優しい夫婦も、みんな素敵!!

何より、2人の純粋な恋のシーンが良かった!
儚いけど幸せな結婚生活は現代とは違って、でも変わらないものもあって。

どうしようもなくときめきました(*´∇`*)

主人公の声がうーんだけど、だんだん慣れます笑

全体を通して綺麗で、最後の作品なんて寂しいなあって思います。すごく良かった!

つん
つんさん / 2015年2月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

儚く、美しい。

ジブリで一番好きです。

金曜ロードショーで久々に見ましたが、やっぱりいいですね。
春の桜が散っていくのを見ているときと同じ気持ちになります。

日本ならではの繊細さというか、侘び寂びというか…そういったものが感じられます。

宮崎監督、素晴らしい集大成です。

haya
hayaさん / 2015年2月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

418件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報