宮崎大祐

宮崎大祐
ふりがな
みやざきだいすけ
誕生日
1980年1月16日
出身
日本/神奈川

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

神奈川県横浜市出身。早稲田大学政治経済学部を卒業後、ニューヨーク大学映画学部主催の映画祭でグランプリを受賞。オムニバス映画「TOKYO!」(08)の内、レオス・カラックス監督の「メルド」に美術アシスタントとして参加し、黒沢清監督作「トウキョウソナタ」(08)などで助監督を務める。筒井武文監督作「孤独な惑星」(11)ではじめて映画脚本を執筆。長編監督デビュー作「夜が終わる場所」(12)が海外の映画祭で高く評価され、14年にはベルリン国際映画祭のタレント部門に招待された。アジアの気鋭インディペンデント監督として期待される中、アジア4カ国合作のオムニバス映画「5TO9」(15)では、永瀬正敏を主演に迎え「BADS」を監督。長編第2作「大和(カリフォルニア)」(16)では米軍基地の町で暮らすラッパー少女の生きざまを描き、国内外で20近い映画祭に出品された。17年にはシンガポール国際映画祭のプロデュースで自身初の現代美術展「Specters and Tourist」を開催した。

関連作品(映画)

宮崎大祐の関連作品(映画)をもっと見る

写真・画像

宮崎大祐の写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

宮崎大祐の関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

宮崎大祐の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「宮崎大祐」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る