トム・ホランド版「スパイダーマン」新3部作が準備中 ソニーとマーベルの関係も継続

2021年12月2日 11:00

トム・ホランド版の新3部作が準備中!
トム・ホランド版の新3部作が準備中!

大ヒットシリーズ第3弾「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」の世界公開を控えるなか、同作のプロデューサーであるエイミー・パスカルが、シリーズ継続の計画を明らかにした。

スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」は、「スパイダーマン ホームカミング」(2017)、「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」(19)に続く第3弾。トム・ホランドスパイダーマンことピーター・パーカーを演じ、ソニー・ピクチャーズがマーベル・スタジオと共同で製作を手がけている。

スパイダーマン」の映画化権を保有するソニー・ピクチャーズは、トビー・マグワイア主演、サム・ライミ監督の「スパイダーマン」3部作と、アンドリュー・ガーフィールド主演、マーク・ウェブ監督による「アメイジング・スパイダーマン」2部作を独自に製作。その後、マーベル・スタジオと歴史的なパートナーシップ契約を締結した。

その結果、ホランド演じるスパイダーマンを「キャプテン・アメリカ シビル・ウォー」や「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」「アベンジャーズ エンドゲーム」といったマーベル作品に出演させることと引き替えに、「スパイダーマン ホームカミング」と「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」にマーベル・スタジオのケビン・ファイギ社長がプロデューサーとして参加している。

しかし、「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」がソニー・ピクチャーズ史上最高となる世界累計興収11億ドルを突破すると、両社の関係が悪化。主演のホランドが仲介役を務め、「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」の製作に漕ぎつけたことが知られている。

このほど、同シリーズのプロデューサーを務めるパスカルは、米Fandangoのインタビューで「これはマーベルと一緒に作る最後の映画ではなく、(スパイダーマンの)最後の映画でもありません」とコメント。「私たちはトム・ホランドとマーベルと共同で次の『スパイダーマン』を製作する準備をしており、これを3部作のひとつと考えています」と、新3部作を企画中であることを明かしている。

なお、ソニー・ピクチャーズは「ヴェノム」とその続編の「ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ」、ジャレッド・レト主演の「モービウス」など、「スパイダーマン」に登場する悪役を主人公にした映画を製作しているが、これらの作品にマーベル・スタジオは関与していない。

スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」は、2022年1月7日に公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
モービウス (字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 第96回キネマ旬報ベスト・テン 「ケイコ 目を澄ませて」が日本映画作品賞、主演女優賞をはじめ4冠

    1

    第96回キネマ旬報ベスト・テン 「ケイコ 目を澄ませて」が日本映画作品賞、主演女優賞をはじめ4冠

    2023年2月2日 09:00
  2. 「鬼滅の刃」昼に鬼殺隊、夜に鬼が登場する特別広告を日本各地で実施

    2

    「鬼滅の刃」昼に鬼殺隊、夜に鬼が登場する特別広告を日本各地で実施

    2023年2月2日 00:00
  3. 米アカデミー、主演女優賞にサプライズノミネートされた女優の不正を調査

    3

    米アカデミー、主演女優賞にサプライズノミネートされた女優の不正を調査

    2023年2月2日 11:00
  4. 「ハムナプトラ」俳優が驚異の大変貌 体重272キロ、余命わずかな男を演じた「ザ・ホエール」予告公開

    4

    「ハムナプトラ」俳優が驚異の大変貌 体重272キロ、余命わずかな男を演じた「ザ・ホエール」予告公開

    2023年2月2日 08:00
  5. 黄泉の国からヒトラー、スターリン、チャーチル、ムッソリーニが帰還 カンヌ上映中止の衝撃作、4月公開

    5

    黄泉の国からヒトラー、スターリン、チャーチル、ムッソリーニが帰還 カンヌ上映中止の衝撃作、4月公開

    2023年2月2日 14:00

今週