キアヌ・リーブス主演「ジョン・ウィック4」に真田広之

2021年6月22日 11:00

真田広之(右)も参戦
真田広之(右)も参戦

キアヌ・リーブス主演のシリーズ最新作「ジョン・ウィック4(原題)」に、真田広之の出演が決定したと米Colliderが報じた。真田は、2013年の映画「47RONIN」(カール・リンシュ監督)でリーブスと共演している。

リーブスが伝説の元殺し屋ジョン・ウィックを演じるシリーズ第4作は、前3作に続きチャド・スタエルスキが監督。「イップ・マン」シリーズ、「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」の人気アクション俳優ドニー・イェンが、主人公ジョン・ウィックと同じ過去を持ち、共通の敵を相手にしてきた旧友を演じる。また、ロンドンを拠点に活動する日本人アーティストのリナ・サワヤマ、Netflix映画「密航者」のシャミア・アンダーソンがキャスト入りしているほか、「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」のビル・スカルスガルドが出演交渉を進めている。

シェイ・ハッテン(「アーミー・オブ・ザ・デッド」)&マイケル・フィンチ(「アメリカン・アサシン」)が脚本を執筆。スタントマン出身のスタエルスキ監督は、真田について「俳優として、アクションパフォーマーとして長年尊敬してきました。『ジョン・ウィック』ファミリーに彼を迎え入れることができ、とてもうれしく光栄に思っています」と語っている。「ジョン・ウィック4(原題)」は今夏からフランス、ドイツ、日本で撮影が行われ、22年5月27日全米公開の予定。

真田は、デイブ・バウティスタと共演したザック・スナイダー監督作「アーミー・オブ・ザ・デッド」が現在Netflixで配信中。「デッドプール2」のルイス・タンと共演した新作アクション「モータルコンバット」が6月18日から、ジョニー・デップと共演した「ミナマタ(原題)」が9月から日本で公開される。

さらに、「ジョン・ウィック」第1作の共同監督デビッド・リーチ伊坂幸太郎の小説「マリアビートル」を映画化する「Bullet Train(原題)」(22年4月8日から全米公開)ではブラッド・ピットと共演。そして、米FXのリメイク版「将軍 SHOGUN」に主演することが決定している。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン