米撮影監督組合賞は「Mank マンク」が受賞

2021年4月20日 16:00

「Mank マンク」Netflixで独占配信中
「Mank マンク」Netflixで独占配信中

米撮影監督組合(ASC)に所属する会員によって選出される第35回ASC賞が4月18日(現地時間)、バーチャル形式で行われ、「Mank マンク」のエリック・メッサーシュミットが選ばれた。

メッサーシュミットは、テレビシリーズの「マッドメン」や、映画「ゴーン・ガール」や「アントマン」での照明技師を経て、デビッド・フィンチャー監督が製作総指揮を手がけるNetflixドラマ「マインドハンター」で撮影監督に就任。そのまま、フィンチャー監督がメガホンをとった長編映画「Mank マンク」で撮影監督に起用されている。ASC会員は、「Mank マンク」の美しいモノクロ映像を評価したようだ。

なお、特別賞のASC Board of Governors Awardは、ソフィア・コッポラ監督に贈られた。同賞は撮影監督と映像芸術の発展に貢献した業界の重鎮に与えられるもので、コッポラ監督は「いままでもらった賞のなかでもっともクールな賞です」とスピーチで述べている。

今年の米アカデミー撮影賞には、「Mank マンク」のほか、「ノマドランド」「この茫漠たる荒野で」「Judas and the Black Messiah(原題)」「シカゴ7裁判」がノミネートされている。

第93回アカデミー賞授賞式は、4日25日(現地時間)に米ロサンゼルスで実施。今年は新型コロナウイルス感染防止対策として、例年のハリウッドのドルビー・シアターではなく、ダウンタウンにあるユニオン駅がメイン会場となる。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ノマドランド (字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 次の「007」は「ジェームズ・ボンドの再開発」 プロデューサーが告白

    1

    次の「007」は「ジェームズ・ボンドの再開発」 プロデューサーが告白

    2022年7月2日 12:00
  2. 残酷描写の連続、46カ国以上が上映禁止のタブー作「セルビアン・フィルム」 モザイク削除版予告公開

    2

    残酷描写の連続、46カ国以上が上映禁止のタブー作「セルビアン・フィルム」 モザイク削除版予告公開

    2022年7月2日 22:30
  3. 今井翼の生涯ベスト映画、最近感銘を受けた作品は?【あの人が見た名作・傑作】

    3

    今井翼の生涯ベスト映画、最近感銘を受けた作品は?【あの人が見た名作・傑作】

    2022年7月2日 11:00
  4. 「かぐや様は告らせたい」新作アニメ制作決定 古賀葵「本当に夢みたいです」

    4

    「かぐや様は告らせたい」新作アニメ制作決定 古賀葵「本当に夢みたいです」

    2022年7月2日 17:00
  5. クリスチャン・ベール&ラッセル・クロウがMCU初参戦 「ソー ラブ&サンダー」を勢いづける実力派に注目

    5

    クリスチャン・ベール&ラッセル・クロウがMCU初参戦 「ソー ラブ&サンダー」を勢いづける実力派に注目

    2022年7月2日 18:30

今週