【インタビュー】デビッド・フィンチャー監督がほれ込んだ男「Mank マンク」の魅力

2020年12月12日 18:00

画像1

来年のアカデミー賞の大本命の1本と言われているデビッド・フィンチャー監督作「Mank マンク」。「ゴーン・ガール」以来、6年ぶりとなるこの新作は、映画史に残る傑作、オーソン・ウェルズ監督の「市民ケーン」(1941)の誕生過程を、まったく新しいアングルで描いたモノクロ作品だ。本作でフィンチャーがスポットを当てたのは、タイトルにもなっている「市民ケーン」の脚本家“マンク”ことハーマン・マンキウィッツ。そして、映画史のなかに埋もれてしまった“マンク”に光を当てた脚本を書き上げたのは、フィンチャーの実父であるジャック。フィンチャーにとっては宿願といっていい企画なのである。(取材・文/渡辺麻紀)

市民ケーン」は、新聞王チャールズ・フォスター・ケーンの波乱に満ちた生涯をさまざまな視点で描いた作品で、いまでも語り継がれる不朽の名作だ。主人公ケーンのモデルとなったのは当時、絶大な影響力をもっていた実在の新聞王ウィリアム・ハースト。愛人の女優マリオン・デイビスのため城や動物園を作り、映画製作にも手を出した男だ。「Mank マンク」では、マンクとハーストやマリオン、さらにはウェルズ監督との関係性が丁寧に描かれ、あたかも「市民ケーン」製作の舞台裏を観ているような面白さも味わえる。

画像2

「1980年代、ジャーナリズム界を引退した父は、映画の脚本執筆に意欲を見せていた。そんな彼に私が勧めたのがマンキウィッツとウェルズの関係性についてだったんだ。私はマンキウィッツという男にとても興味があったんだよ」

そのときから始まった父子のコラボレーション。フィンチャーもリサーチを続け、印象的なマンクのセリフの多くは、彼をよく知る人や、残っていたさまざまな記述からすくいあげていったと言う。

画像3

「多くの人たちがマンクのことを憶えていた。彼の言葉と一緒にだ。彼らは口を揃えてこう言っていたよ。『今まで会った誰よりもユーモラスで機知に富み、それと同時にいじわるな男だった。そのいじわるさが自分に向けられない限り、最高に楽しいヤツだった』ってね。アル中の飲んだくれだけど、愛すべき男。そんな男が実は『市民ケーン』では重要な役割を果たしていたことを世間に知らしめたかったというより、私はとてもシンプルに、彼にほれ込んでしまったんだ」

だからなのだろう、今回のマンクというキャラクターは、これまでのフィンチャー作品のキャラクターでは考えられないくらいに愛らしく魅力的。彼のセリフ、仕草、すべてが驚くほど刺激的で面白い。言うまでもなく、それには演じたゲイリー・オールドマンの功績が大きい。

画像4

「ゲイリーは挑戦を恐れない役者だ。しかも、ワンシーンのなかで、あらゆる感情を表現できる類まれな才能をもっている。古い知り合いでもある私たちは、いつか一緒に仕事をしようと言っていて、ここにきてやっとそのチャンスを得たんだ。私が望んだのは、たとえ辛辣で横柄な言葉を投げても、その瞳のなかにはいたずらっ子のような輝きを見せてくれるような演技だった。その方法を見つけるのは大変だったが、ゲイリーはちゃんとやってくれた」

しかし、なぜ、こんなに時間がかかったのだろうか? フィンチャーの言葉を借りるなら、「30年を費やした」企画なのである。

「私はモノクロで撮りたかったんだ。そして音もモノラルにしたかった。当時の雰囲気を伝える映画にしたかったからだよ。でも、そういうことを聞いて『面白そうだ、やろう!』と言ってくれるような人間はあまりいない。ましてや主人公は知られてない男だ。私にとってはとてつもなく魅力的だったが、観客がいい反応を返してくれると思う人は少なかった。それに、スーパーヒーローも登場しなければ、爆発も起こらないからね(笑)」

画像6

初心を貫いたフィンチャーは、本作をあたかも40年代に作られたかのように仕上げてみせた。モノクロ&モノラルの映画である。

「AMラジオを聞いているようなサウンドにしているんだ。もちろん『市民ケーン』の録音にも合わせている。映像はカラーで撮って変換したのではなく、撮影時からデジタルセンサーでモノクロの映像を録画するようにした。そのほうがダンゼン分かりやすいからね。ただし、スクリーンサイズだけはワイドにしている。スタンダードだと家のディスプレイには合わないからだよ。過去の技術を意識はしたが、それに縛られることはしなかったんだ」

このフィンチャーらしいこだわりを容認しゴーサインを出してくれたのは、フィンチャーが設立当時から密接な関係を築いているNetflixだった。

「現在、ストリーミングサービスがなかったら、カルチャーとしての映画が作られることはあまりなかったんじゃないかと思っている。下手をすると劇場は、マーベルのような映画ばかりになっていたかもしれない。そういう時代にストリーミングサービスの果たす役割はとても大きくなったと思うね」

本作で、30~40年代のハリウッドを克明に再現してみせたフィンチャー。当時の映画の都と現在のハリウッドを比べて、もっとも大きな違いを感じたのはどんなところだろう。

「私は多くの友人に本作を見てもらったんだが、面白いことに、彼らはみんな同じように『いやあ、本当に何も変わっていないよね』と言っていたんだ(笑)。物事が変われば変わるほど、結局、物事は変わらないんじゃないかと、私も思ってしまったよ(笑)」

Mank マンク」はNetflixで独占配信中。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 極道兵器
  • デッドボール
  • WELCOME TO JAPAN 日の丸ランチボックス
  • メランコリック
  • シライサン
  • ファンタズム
  • ファンタズムⅡ
  • ファンタズムⅢ
  • ファンタズムⅣ
  • ファンタズムV ザ・ファイナル
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. エディ・レッドメイン「リリーのすべて」でトランスジェンダー女性演じたのは間違いだったと語る

    1

    エディ・レッドメイン「リリーのすべて」でトランスジェンダー女性演じたのは間違いだったと語る

    2021年11月26日 13:00
  2. 【ハリポタ20周年記念】「ハリーポッター」シリーズ全作品総復習!

    2

    【ハリポタ20周年記念】「ハリーポッター」シリーズ全作品総復習!

    2021年11月26日 21:00
  3. 「地獄が呼んでいる」はネクスト「イカゲーム」か Netflix視聴時間1位を獲得

    3

    「地獄が呼んでいる」はネクスト「イカゲーム」か Netflix視聴時間1位を獲得

    2021年11月26日 10:00
  4. クリスマスはこれで決まり!「ホーム・アローン」12月24日に金ローで放送

    4

    クリスマスはこれで決まり!「ホーム・アローン」12月24日に金ローで放送

    2021年11月26日 06:00
  5. 「マトリックス レザレクションズ」本ポスター公開 全身黒×サングラス姿のネオとトリニティーが登場

    5

    「マトリックス レザレクションズ」本ポスター公開 全身黒×サングラス姿のネオとトリニティーが登場

    2021年11月26日 12:00

今週