Mank マンク

劇場公開日

Mank マンク

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ソーシャル・ネットワーク」「ゴーン・ガール」の鬼才デビッド・フィンチャーがメガホンをとり、「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」のオスカー俳優ゲイリー・オールドマンが、不朽の名作「市民ケーン」の脚本家ハーマン・J・マンキーウィッツを演じたNetflixオリジナル映画。1930年代のハリウッド。脚本家マンクはアルコール依存症に苦しみながら、新たな脚本「市民ケーン」の仕上げに追われていた。同作へのオマージュも散りばめつつ、機知と風刺に富んだマンクの視点から、名作誕生の壮絶な舞台裏と、ハリウッド黄金期の光と影を描き出す。「マンマ・ミーア!」のアマンダ・セイフライド、「白雪姫と鏡の女王」のリリー・コリンズ、テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のチャールズ・ダンスら豪華キャストが個性豊かな登場人物たちを演じる。Netflixで2020年12月4日から配信。一部の映画館で11月20日から劇場公開。

2020年製作/132分/G/アメリカ
原題:Mank

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • WILD CARD/ワイルドカード
  • PARKER/パーカー
  • ザ・スクワッド
  • タイム・トゥ・ラン
  • エヴァリー
  • ドッグ・イート・ドッグ
  • ザ・ドア 交差する世界
  • 隻眼の虎
  • マリオネット 私が殺された日
  • 死体が消えた夜
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

Netflix映画「Mank マンク」12月4日(金)より独占配信開始

映画レビュー

3.5「市民ケーン」と共にクレイジーなハリウッド黄金期が蘇る

2020年11月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

デビッド・フィンチャーが今は亡き父親で作家だったジャック・フィンチャーの脚本を手に、30年来製作を目指してきた執念の作品は、ハリウッドのゴールデンエイジに正しく評価されなかった「市民ケーン」(41)に関わった、不遇の脚本家の才能を再評価し、その存在を救済しようとする。膨大な台詞が吹き荒れる中、クレイジーだった時代の空気感が蘇り、観客は次第に混沌とした映画製作の闇へと引き込まれて行く。予想に反して、主人公の脚本家、 ハーマン・J・マンキーウィッツと監督オーソン・ウェルズのガチ対決はラストの数分で、フィンチャーは主に、マンキーウィッツを通してMGMの創設者、ルイス・B・メイヤーや、「市民ケーン」のモデルになった新聞王、ウィリアム・ランドルフ・ハースト等、映画の都の巨人たちの実像を詳らかにしていく。特に、輝くスターの宝庫と言われた自社MGMについて、「いや、スターは他社で輝いているだけだ」(お抱えだったジョーン・クロフォードがコロンビアで女優開眼したりとか)と切り捨てるメイヤーの怪物ぶりが笑える。メイヤーは「ジュディ 虹の彼方に」でも子役を食い尽くす悪魔のようだった。そんな風に、華やかなハリウッド好きの知識に新たなページをユニークなタッチで書き加えてくれたフィンチャーに感謝しつつも、繊細な明暗法を取り入れた風合いのあるモノクロ画像が、反面劇場では暗すぎて俳優の顔が判別できない恨みも。近く始まる配信ではこの問題が解消されていることを願う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
清藤秀人

4.0フィンチャーは現代のウェルズ?古き良き自分の罠にかかる共作・共犯関係!!

よしさん
2020年12月4日
Androidアプリから投稿

(FLASHBACK) 40年代の現在と30年代の回想が入り組んだ語り口を突破口に、テンポ良く時にコミカルに昔のハリウッドを描く。その中で冒頭ではうだつの上がらないアルコール依存症の中年脚本家が、徐々に積み上げていき、後半からと相手の本拠地に乗り込む圧巻の終盤にかけてただ一人反骨の象徴としてヒーローに見えてくる。昔らしいゆっくりとした暗転に、丁寧に右上のチェンジマークまで。映画史上屈指と名高い傑作『市民ケーン』のモデルとなった人々ウィリアム・ランドルフ・ハーストとマリオン・デイヴィスとの出会いから執筆中・後のあれこれまで、脚本家ハーマン・ジャコブ・マンキーウィッツを中心に描かれる。
NETFLIXとの4年間との独占契約を結んだのも記憶に新しい完璧主義フィンチャーが父の脚本を、同業者からの支持リスペクトも厚い名優ゲイリー・オールドマンをタイトルロールに、アマンダ・セイフライドや、白黒で見るとより一層オードリー・ヘップバーン味のあるリリー・コリンズを起用した見応えあるドラマ。正直、長年愛されてきている傑作『セブン』『ファイト・クラブ』といった作品群に比べるとまだ愛着も取っつきやすさも覚えていないが、撮影や編集、衣装美術など技術・裏方的な部門でもストリーミング作品としてはよりインパクトあるアカデミー賞大量ノミネートもあり得そうな各種方面での充実っぷり。そして映画の魔法は意識的に起こそうと思って起こせるものだと証明してみせた。遂に、やっと見られた!

60日とパスタ「タイプの音が聞こえないぞ」なぜかZ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よし

2.0個人的にはいろいろとダメだった

kenshuchuさん
2020年11月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

マンクがいかに「市民ケーン」の脚本を書き上げたのかを描く物語。
「市民ケーン」を観た記憶なんてほとんど残っていなかったから、事前にネットにあったネタバレ解説を読んで臨んだらそれが大正解だった。
ケーンのモデルとなった新聞王とマンクの因縁を徐々に明らかにしていく流れなのだが、それが市民ケーンと同じ構成。オマージュもあった(自分が気づいたのは少しだけ)し、裏話的なエピソードもあったりする。だから好きな人にとってはたまらないのかなと思いながら観ていた。
後半盛り上がるはずなんだが、後半も退屈だった。話し方とか内容が個人的に受け入れられなかったからなのか。もっと面白いのかもしれないのにと思いながら、それでも退屈だなと感じてしまった。不思議な映画だった。少しだけ自己嫌悪。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 16 件)
kenshuchu

4.0マニアック

2020年11月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

そりゃ配信にするよね

フィンチャー作品じゃなかったら絶対映画館まで行かない

タイウィン・ラニスター(ゲームオブスローンズ)はああいう役やらせたら成田三樹夫or佐藤慶みたいで最高

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 17 件)
うんこたれぞう
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る