劇場公開日 2020年11月20日

Mank マンクのレビュー・感想・評価

3.461
12%
53%
28%
3%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全61件中、1~20件目を表示

4.0フィンチャー映画史上、最も熱い物語かも。

村山章さん
2021年3月31日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
村山章

3.5「市民ケーン」と共にクレイジーなハリウッド黄金期が蘇る

2020年11月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

デビッド・フィンチャーが今は亡き父親で作家だったジャック・フィンチャーの脚本を手に、30年来製作を目指してきた執念の作品は、ハリウッドのゴールデンエイジに正しく評価されなかった「市民ケーン」(41)に関わった、不遇の脚本家の才能を再評価し、その存在を救済しようとする。膨大な台詞が吹き荒れる中、クレイジーだった時代の空気感が蘇り、観客は次第に混沌とした映画製作の闇へと引き込まれて行く。予想に反して、主人公の脚本家、 ハーマン・J・マンキウィッツと監督オーソン・ウェルズのガチ対決はラストの数分で、フィンチャーは主に、マンキウィッツを通してMGMの創設者、ルイス・B・メイヤーや、「市民ケーン」のモデルになった新聞王、ウィリアム・ランドルフ・ハースト等、映画の都の巨人たちの実像を詳らかにしていく。特に、輝くスターの宝庫と言われた自社MGMについて、「いや、スターは他社で輝いているだけだ」(お抱えだったジョーン・クロフォードがコロンビアで女優開眼したりとか)と切り捨てるメイヤーの怪物ぶりが笑える。メイヤーは「ジュディ 虹の彼方に」でも子役を食い尽くす悪魔のようだった。そんな風に、華やかなハリウッド好きの知識に新たなページをユニークなタッチで書き加えてくれたフィンチャーに感謝しつつも、繊細な明暗法を取り入れた風合いのあるモノクロ画像が、反面劇場では暗すぎて俳優の顔が判別できない恨みも。近く始まる配信ではどいだろう?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
清藤秀人

3.5私には難しかった…

みなさん
2021年10月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

悲しい

難しい

「市民ケーン」の脚本執筆の過程を描く作品。本作を観る前に、まず「市民ケーン」を視聴し作品を理解しておくことを強くお勧めします、、その事前準備を怠ったために本作を3割くらいしか楽しめなかった気がする…。時系列や固有名詞や社会情勢が難しいが、おそらく傑作ではある!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みな

3.0予習して見れば良かった

ふわりさん
2021年5月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

難しい

女性陣が全員魅力的だった。
モノクロ映画は見にくくて苦手なんだけど、女性陣がさらに素敵に見えた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふわり

3.5一向に書かない脚本家の毒舌

2021年5月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

興奮

難しい

物書きであるはずの脚本家が、ペンも持たずタイプも打たないでよく書けたものだが、才能を認める会社が、メイド付きの高価なホテルに高級酒まで提供して書かせる厚遇にも、皮肉と揶揄を撒き散らせずにはおれない作家の性分が周りを混乱に陥れ、仕事は一向にはかどらない。そんなやつの本を買う気になったオーソンウェルズとの顛末やいかに。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フレンチカンカン

3.5フィンチャー監督のフィルターを通した市民ケーン

movieさん
2021年5月13日
Androidアプリから投稿

21053.ソーシャル・ネットワークと対を成す

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
movie

3.5「バラのつぼみ」の意味がわかった!

kossyさん
2021年5月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 こだわりがいっぱい。モノクロ撮影のみならず、フィルム作品のようにチェンジマーク(黒い点、パンチマーク)がつけられていたことに驚き。その他、物語の構成にも『市民ケーン』と同じく過去のエピソードに舞い戻ったりする技法が使われていた。ただし、残念ながらオーソン・ウェルズ作品のような光と影のバランスは感じられなかった。

 ザナドゥと呼ばれる新聞王の城。やっぱり動物園のようにゾウやらキリンやらサル(マンクじゃなくモンキーだよ!)がいっぱい登場する。せっかく5月5日こどもの日に鑑賞したのに、観客はお一人様でございました。おーい、動物いるよ~

 それにしてもマンクの会話が面白くて、メモを取りたくなるほどウィットに富んだ切り返しが素晴らしかった。やっぱり伊達に脚本家やってるんじゃないのね・・・頭が下がります。新聞王の愛人アマンダ・セイフライドもよかったけど、それよりリリー・ジェームスの可憐な姿に惹かれました。夫の行方不明という一報が届き、慰めてあげたくほどなのにマンクときたら・・・てな感じ。

 驚くべき展開というものがほとんどなく、序盤でマンクが交通事故に遭ってたことくらい。まぁ、最後にはクレジットに載せるどうのこうのでウェルズと葛藤があったこともそうか。個人的には「バラのつぼみ」のくだりですかね。いつもクビになってるってのも痺れるわぁ。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 8 件)
kossy

3.5よかった

2021年5月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
吉泉知彦

3.5マンクの魅力

りあのさん
2021年5月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

脚本家マンクはアルコール依存症だが、「市民ケーン」の脚本を引き受けていた。それまでの機知に富んだ行動や正論を吐く姿などマンクの視点から紹介する。
マンクの魅力が存分に楽しめる作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
りあの

3.0まあ予想通りでしたが、何度も観たい映画ではないな

roadyさん
2021年5月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

デビッド・フィンチャー&トレント・レズナーの作品ということで、イオンシネマが公開してくれたので、観に行ってきました。
難解との前評判もありますが、事前に「たまむすび」だったと思うのですが町山さんの簡単な解説を聞いていたので、何となくは理解できた感じ。
でも、イマイチのめり込めず、玄人受けする映画だったなという感想。次回は、シカゴ7裁判を観る予定。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
roady

4.0美術賞!撮影賞!

H1DE!さん
2021年4月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

モノクロなのに、とても映像が綺麗でした!

第93回アカデミー賞
美術賞 撮影賞
受賞おめでとうございます🎉🍾

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
H1DE!

3.5「市民ケーン」を超えられるのか楽しみ

tomさん
2021年4月25日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

知的

あの「市民ケーン」の脚本家ハーマン・J・マンキウィッツにスポットを当てた物語。
「市民ケーン」がアカデミー9部門にノミネートされながら
脚本賞のみの受賞となった理由に・・・なるほどね、とうなずいちゃいました。
新聞王ハーストに気に入られながらも最終的に敵に回して脚本を完成させ
ある意味命がけで仕事をやり抜いた姿に惚れ惚れしちゃいました。
30~40年代のハリウッドをモノクロで映し出して
「市民ケーン」のシーンがオーバーラップするような映像。
さすがデビッド・フィンチャー監督ですね。
「市民ケーン」の9部門を超える10部門にノミネートされたけど
結果はいかに・・・楽しみです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tom

3.5金かかってる!

としさん
2021年4月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

2021年4月23日
映画 #MANKマンク (2020年)鑑賞
@福岡中洲大洋映画劇場

Netflix入ってないので、Netflixの映画は初めて見ました
テレビ用にこのレベルの映画を作るのか!と驚くのはもう古いんでしょうね
かつてのMGMが今やNetflixなんだろうな

今や伝記映画と言えば、#ゲイリー・オールドマン ですね

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とし

3.5市民ケーンもう一度見なくては!

Yoshi Kさん
2021年4月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

幸せ

市民ケーンもう一度見なくては!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Yoshi K

3.0今年は「市民ケーン」公開されてから80周年

2021年4月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

1 著名な脚本家・通称マンクの「市民ケーン」の創作や30年代におけるハリウッドでの活動の一端を描く。

2 映画界の裏面史モノとして期待して観たが、やや期待外れであった。良くなかったのは①メインストーリーが平板で弱いこと②回想が効果的ではないことに尽きる。

3 メインストーリーは「市民ケーン」の創作過程。冒頭の執筆のキックオフ場面やその直前に起きたハプニングの場面は《つかみはok》で良い感じでした。
しかし、その後は執筆の進捗が語られても産みの苦しみなどオリジナル脚本特有の場面が描かれていません。また、クレジットタイトルにおける名前の扱いについてオーソン・ウェルズとの確執、モデルとなったメディア側からの強烈な圧力などの食い付きが弱い。火星人襲撃のラジオドラマを実況中継風に流すなど、常に話題性のあるドラマづくりをしてきたウェルズ。彼が関わった「市民ケーン」の完成稿とマンクの初稿との違いも知りたかった。

4 メインストリーの途中で、回想という字幕を出してからフラッシュバックする場面が何度も出てきます。大不況時代での映画産業の状況や映画作りの舞台裏が興味深いところ。また、共和党と民主党の選挙戦や上流階級の食事会のシ−ンが描かれ、マンクの思想的立ち位置や内心の鬱積が示されました。こうした点が「市民ケーン」の底に流れる批判的精神の源になったのかもしれません。いづれにしても、回想シーンは面的にまとめて挿入したほうがマンクの人物像を語る上で効果的だったと思う。

5 全編を通じ、台詞回しやシ−ンのテンポがはやく現代的。モノクロ映画にしたのなら、台詞回しや動きをもう少し落ち着かせスタンダードな作りにした方が完成度があがったと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ショコワイ

3.0予備知識無しだったらどうだったか

2021年3月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
北のやまさん

0.5マジで無理

あのマンク様の話だゾ〜
有名なんだゾ〜
レジェンドだゾ〜

って気持ちにはなりません
私にはマジで無理。
吐いた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヴォルデモーツッ!ヴォルデモーッ!ヴォルデモーチッ!ヴォルデモォォオ!ヴォヴォヴォーヴォ・ヴォールデェ!簿盧出基尾!ヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォッヴォオオラエモン!

3.0こだわり抜いたモノクロ作品

Iwarenkonさん
2021年3月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

市民ケーンを観てからの本作ではあった。
もちろんフィンチャーとオールドマンのダックなので、期待はしたのだけれど、楽しめたか?の観点からすると、個人的には全くダメだった。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Iwarenkon

3.5名作と謳われる市民ケーン。誕生秘話を楽しみにしていたのだが「成る程...

2021年3月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

名作と謳われる市民ケーン。誕生秘話を楽しみにしていたのだが「成る程、そうだったのね!」というほどの感慨は得られなかった。当時のハリウッドの香りは漂っているし、退屈することはないけれど、何か物足りない、そんな印象で終わってしまった映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
tsumu miki

3.5モノクロ映像が「市民ケーン」の世界観を彷彿

2021年3月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

映画史に残る名作「市民ケーン」の脚本家ハーマン・マンキウィッツの苦闘と人間像を描いた作品。「裸足の伯爵夫人」などで弟のジョセフは知っていたが、脚本家である兄の存在は、これまで全く知らなかった。
ハーマンはアル中で、おしゃべり、皮肉屋である一方、内心には強い正義感を持っており、演じるゲイリー・オールドマンがとにかく上手い。
モノクロ映像の質感や撮影技法が、題材である「市民ケーン」の世界観を彷彿とさせる。なかでも、新聞王ハーストの城の動物園(キリン!)、庭園、食卓などのキッチュさが印象的。
ルイス・マイヤー、アーヴィング・ダルバーグ、デヴィッド・セルズニック、ベン・ヘクトなど実在人物が次々に出てきて、予備知識がないと分かりづらいが、1930年代のハリウッド黄金期の舞台裏を覗き見している面白さもある。
デヴィッド・フィンチャーが、父の残した脚本を、念願叶って映像化したものとのことで、題材であるハーマンとともに、「忘れられた人々」にスポットを当てる心意気に、大いに賛同する。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 5 件)
山の手ロック
「Mank マンク」の作品トップへ