シカゴ7裁判

劇場公開日:

シカゴ7裁判

解説

「ソーシャル・ネットワーク」でアカデミー脚色賞を受賞し、「マネーボール」や自身の監督作「モリーズ・ゲーム」でも同賞にノミネートされたアーロン・ソーキンがメガホンをとったNetflixオリジナル映画で、ベトナム戦争の抗議運動から逮捕・起訴された7人の男の裁判の行方を描いた実録ドラマ。キャストには、「ファンタスティック・ビースト」シリーズのエディ・レッドメインをはじめ、ジョセフ・ゴードン=レビット、サシャ・バロン・コーエン、マイケル・キートン、マーク・ライランスら豪華俳優陣が集結した。1968年、シカゴで開かれた民主党全国大会の会場近くに、ベトナム戦争に反対する市民や活動家たちが抗議デモのために集まった。当初は平和的に実施されるはずだったデモは徐々に激化し、警察との間で激しい衝突が起こる。デモの首謀者とされたアビー・ホフマン、トム・ヘイデンら7人の男(シカゴ・セブン)は、暴動をあおった罪で起訴され、裁判にかけられる。その裁判は陪審員の買収や盗聴などが相次ぎ、後に歴史に悪名を残す裁判となるが、男たちは信念を曲げずに立ち向かっていく。Netflixで2020年10月16日から配信。一部の映画館で10月9日から劇場公開。第93回アカデミー賞で作品、脚本、助演男優など6部門にノミネート。第78回ゴールデングローブ賞では脚本賞を受賞している。

2020年製作/130分/G/アメリカ
原題:The Trial of the Chicago 7

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第78回 ゴールデングローブ賞(2021年)

受賞

最優秀脚本賞 アーロン・ソーキン

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演男優賞 サシャ・バロン・コーエン
最優秀監督賞 アーロン・ソーキン
最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

Netflix映画「シカゴ7裁判」10月16日(金)より独占配信開始

映画レビュー

5.0インビジブルだった8人目

2021年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

本作を観る前の事前情報として、共謀していたわけでもない7人のデモ参加者が不当に逮捕されて裁判にかけられる程度のことは知っていた。そして、映画を見始めて何か違和感を感じた。この違和感ゆえに本作は傑作だと思ったのだけど。
裁判にかけられた人数が7人ではなく、8人だったからだ。なのに、なぜ本作で扱われた事件が「シカゴ・セブン」と呼ばれ、本作のタイトルも『シカゴ7裁判』なのか。
7人は暴動に発展したデモに確かに参加していた。しかし8人目の黒人ボビー・シールはデモに参加すらしていない。にもかかわらず、陪審員の心象を悪くする効果を狙ってか一緒に起訴され弁護士もつけられないまま裁判が進む。途中で裁判から外されたために、残った7人が「シカゴ・セブン」と呼ばれ、民主主義にために戦った英雄となったわけだ。
では、ボビー・シールは何と戦っていたか。彼が8人目としてカウントされていないこと自体に、アメリカ社会の根深い病巣があるのではないか。インビジブルになっていた幻の8人目を浮かび上がらせたことが本作を傑作にした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
杉本穂高

4.5法廷劇と民主主義の親和性を示す好例

2020年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

歳とともに嗜好が変化するのは珍しくもないだろうが、若い頃は弁論が延々と続く法廷劇がどちらかと言えば苦手だったし、アメリカではなぜ裁判を扱う映画(さらには弁護士が主人公のドラマも)が一定の人気を保っているのか解せないでいた。だがいつの頃からか、米国や他の国の作品でも面白いと思える法廷物に出会うようになり、対立する双方の言葉の応酬によって事件や陰謀の真実や全貌が明らかになっていく過程を楽しめることが増えた。

軍事法廷を扱った「ア・フュー・グッドメン」で脚本家デビューしたアーロン・ソーキンも、裁判やそれに準ずる状況での論争を物語のエンジンにすることを得意とするストーリーテラーだ(「ソーシャル・ネットワーク」「モリーズ・ゲーム」などもそう)。彼が脚本・監督を務めた本作を観て、法の下の平等や言論の自由といった民主主義の根幹をなす概念を対話によって語る上で、法廷劇のフォーマットが適しているのだと実感した。

ソーキンが訴訟の経緯などに関する史実を改変してまで描きたかったのは、法に基づく正義のあり方、言論と議論によって実現する民主主義といったものの理想の姿ではないか。もちろん理想と現実には隔たりがある。銃規制が進まず、差別も格差もなくならない今のアメリカを見ればそれは自明だ。それでもソーキンのような表現者たちは、理想を描く作品には現実をより良く変える力があると信じてメッセージを送り続けるのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
高森 郁哉

3.5脚本家ソーキンにとってはうってつけの素材

村山章さん
2020年10月31日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
村山章

4.0脚色の是非

2020年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

アーロン・ソーキンの筆致はいつもハッキリとした意思を持っている。「ソーシャル・ネットワーク」や「スティーブ・ジョブズ」のように、誰もが知る有名人をモチーフにした場合でも、ありのままの事実をなぞるようなことには興味がない。断片的な事実を巧みに組み換え、場合によってはフィクションを織り交ぜて壮大なドラマを紡いでいく。

悪く言えばこれは歴史の改ざんだ。彼の作品にはいつでも“事実とは違う”という批判がつきまとう。今回の「シカゴ7裁判」もまた、実際には起きなかったことを加えたり、事象が起きた時間を前後させたりと大胆な換骨奪胎を行っている。

評価の分かれ目は、その“脚色”の是非だろう。伝えたいテーマに寄り添うがあまり、事実を都合よく捻じ曲げていると批判する意見ももっともだ。ただ個人的には、ソーキンの手法は“ストーリーを語る”という映画の特性をかくも美しく浮かび上がらせていると称賛したい。

シカゴ7裁判という出来事が持つ意味を、できるだけ多くの人に伝えるためにはどうすればいいのか?虚構入り交じる映画という媒体を通して描く最も効果的な解のひとつが、ソーキンの筆致にあるのではないか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
オスカーノユクエ
すべての映画レビューを見る(全97件)