コッポラ監督、盟友ルーカスの才能惜しむ「『スター・ウォーズ』以外の映画作るべきだった」

2020年12月16日 11:00

フランシス・フォード・コッポラ
フランシス・フォード・コッポラ

ゴッドファーザー」シリーズや「地獄の黙示録」などで知られる巨匠フランシス・フォード・コッポラが、盟友ジョージ・ルーカスが「スター・ウォーズ」以外の作品を作らなかったことが残念だとの心情を吐露している。

コッポラ監督は、1990年製作の「ゴッドファーザーPARTIII」を再編集した「ゴッドファーザー 最終章 マイケル・コルレオーネの最期」が公開中。同作のプロモーションのために受けた米Vultureのインタビューで、愛弟子にあたるルーカスについてコメントしている。

南カリフォルニア大学の映画学科の学生だったルーカスは、コッポラ監督の「フィニアンの虹」のアシスタントに抜てきされた。ふたりはこれをきっかけに友情を育み、コッポラ監督はルーカスの監督のデビュー作「THX-1138」では製作総指揮を担当し、監督第2作「アメリカン・グラフィティ」ではプロデューサーを務めている。その後も黒澤明監督の「影武者」の製作総指揮を共同で務めたり、ルーカスが所有するスカイウォーカー・ランチ内で育てたブドウを、コッポラ監督が所有するワイナリーに提供したりと、親交を深めてきた。

コッポラ監督は、ルーカスが「スター・ウォーズ」という大ヒットシリーズを生みだしたことに関して、「彼は、多くの人に喜びと幸せと楽しみと、いくらかの英知を与えるものを作り上げた」と絶賛。しかし一方で、「悲しいことに(『スター・ウォーズ』で多忙になったせいで)ほかに企画していた映画を実現できなかった。ジョージは、卓越した才能の持ち主だ。『アメリカン・グラフィティ』を見れば、あらゆる革新性に気付くはずだ。彼はもっと作品を作るべきだった」と惜しんだ。

ルーカスは、2012年にルーカスフィルムをウォルト・ディズニー社に売却。これを機に、ルーカスはエンタメ界から引退している。

コッポラ監督は、「ジョージのことは自分の弟のように大事に思っている」とルーカスにエールを送り、「我々年寄りは(若いクリエイターの)成功を祝わなくてはいけない。たとえば娘のソフィア(・コッポラ)は、ある意味において、すでに私より成功している。人々は(私よりも)彼女の新作に注目している。そうあるべきだと思う」と持論を展開した。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • プラネット・テラー in グラインドハウス
  • デス・プルーフ in グラインドハウス
  • 極道兵器
  • デッドボール
  • ハングマンズ・ノット
  • ファミリー☆ウォーズ
  • 血を吸う粘土
  • ホーンズ 容疑者と告白の角
  • クラウン
  • シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア
OSOREZONE

Powered by 映画.com