僕が君たちに悲劇をプレゼントするよ―変わり者たちが彩る“どん底人生”  デブ・パテル主演作、予告編

2020年11月24日 12:00

チャールズ・ディケンズの名作を映画化した「どん底作家の人生に幸あれ!」
チャールズ・ディケンズの名作を映画化した「どん底作家の人生に幸あれ!」

デブ・パテル(「LION ライオン 25年目のただいま」「ホテル・ムンバイ」)が主演し、米批評家サイト「Rotten Tomatoes」で92%(11月20日時点)のハイスコアを獲得した「どん底作家の人生に幸あれ!」の予告編がお披露目された。映像には、主人公・デイヴィッド(パテル)の風変わりだが優しい叔母を演じたティルダ・スウィントンや、「僕が君たちに悲劇をプレゼントするよ」と呟くベン・ウィショーらの姿がコミカルに映し出されている。

スターリンの葬送狂騒曲」を手掛けたアーマンド・イアヌッチ監督がメガホンをとり、英作家チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイビッド・コパフィールド」を映画化。既に6度も映像化されている名作のユーモラスな魅力に光を当て、ウィットにとんだセリフ、ファンタジックな映像を交えながら、デイヴィッドの波乱万丈な人生を描き出す。

画像2

予告編では、デイヴィッドが数奇な運命に翻ろうされるさまを活写。幸せな少年時代は、母の再婚をきっかけに終わりを告げる。暴力的な継父に追い出され、借金まみれの老紳士の里親の下で過酷な労働に明け暮れる日々を経て、最愛の母の訃報が飛びこんでくる。

大都会でひとりぼっちになり途方に暮れていたデイヴィッドは、やがて裕福な伯母に助けられ人生が激変。上流階級の名門校に進学し、運が向いてきたかと思った矢先、謎めいた男ユライアにより、またもどん底人生を歩む羽目になってしまう――。少年の頃から記録してきた周囲の愛すべき変わり者たちとのエピソードを胸に、何度でも立ち上がろうとするデイヴィッドの姿が切り取られており、ポジティブな物語を予感させる。

画像3

「なるべく多彩なキャストにしたかったんだ」というイアヌッチ監督の言葉通り、国際色豊かな面々が集結。パテル、スウィントン(「デッド・ドント・ダイ」)、ウィショー(「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」)をはじめ、ピーター・キャパルディ(「パディントン」)、ヒュー・ローリー(「トゥモローランド」)、アナイリン・バーナード(「ダンケルク」)らが顔をそろえた。

どん底作家の人生に幸あれ!」は、2021年1月22日から東京のTOHOシネマズ シャンテ、新宿シネマカリテほか全国で順次公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • インサイダーズ 内部者たち
  • オールド・ボーイ(2003)
  • 哭声 コクソン
  • V.I.P. 修羅の獣たち
  • ドッグ・イート・ドッグ
  • ブリムストーン
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • ハロウィンII
  • インサイド
  • アンチクライスト
OSOREZONE

Powered by 映画.com