「007」メカ担当Q、ボンドとの“複雑な関係”を暴露!? アンニュイな仕草がキュートな特別映像

2019年12月25日 10:00

ベン・ウィショー演じる、人気キャラクター・Q
ベン・ウィショー演じる、人気キャラクター・Q

[映画.com ニュース]世界的な人気を誇る「007」シリーズの第25作「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」の特別映像がお披露目された。映像には、主人公ジェームズ・ボンドを支える、ベン・ウィショー演じるMI6(英国諜報部)の秘密兵器開発担当Qが「僕とボンドの関係は複雑だ」と悩ましげに語る姿がおさめられている。

キャリー・ジョージ・フクナガ監督がメガホンをとり、前作「007 スペクター」から約5年ぶりに放たれる最新作。ボンド役を演じるのは「本作が最後」と自ら語ったダニエル・クレイグをはじめ、レイフ・ファインズナオミ・ハリスロリー・キニアレア・セドゥージェフリー・ライトらおなじみの面々が続投。新たにラミ・マレックラシャーナ・リンチアナ・デ・アルマスが共演する。ジャマイカで穏やかな生活を送っていたボンドが、友人の頼みで誘拐された科学者を救出する過程で、最新技術を保有する黒幕を追う。

本編映像は、劇中でボンドに散々振り回されながらも、健気に支える人気キャラクター・Qにフォーカス。ボンドとQという正反対なコンビのやりとりはファンの間で高い人気を誇っており、シリーズに欠かせない注目ポイントだ。映像には現役を退いたはずのボンドがMI6の仲間マネーペニー(ハリス)とともに現れ、Qが「生きていたのか」と再会を喜ぶほほ笑ましい場面がおさめられている。

良好な関係を築いているかに見えるが、過去には「007 スカイフォール」で敵に狙われたボンドがアストンマーチンDB5を大破させ、「007 スペクター」では改造を施したDB10を無断で持ち出した挙句に水没させるなど、様々な迷惑を被っているQ。「軽いノリもたまにはいいが、もっと慎重になって欲しい」と、メガネをいじるアンニュイな仕草で不満を呟く。そして、「いつも彼に振り回される。どこまでも命知らずだ」という言葉を証明するかのように、ボンドが橋から飛び降りる、まさに命がけのダイナミックなアクションシーンが挿入されている。

007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」は、2020年4月10日から全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • デッド or キル
  • シャドウ・チェイサー
  • フィアー・インク
  • デザート・ストーム
  • デッド・ハンティング
  • 寄性獣医・鈴音 GENESIS
  • ザ・ブラック・ベア
  • ヒューマン・レース
  • スペイン一家監禁事件
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
OSOREZONE

Powered by 映画.com