スターリンの葬送狂騒曲

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
スターリンの葬送狂騒曲
5%
40%
45%
7%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1953年の旧ソ連を舞台に、独裁者スターリンの死によって巻き起こった政権内部の争いを辛辣かつコミカルに描き、ロシアで上映禁止となって話題を集めたブラックコメディ。粛清という恐怖で国を支配していた絶対的独裁者スターリンが急死した。厳かな国葬が執り行われる一方、その裏では次期最高権力者の座を狙う側近たちが熾烈な争いを繰り広げる。出演は「ファーゴ」のスティーブ・ブシェーミ、「ハングオーバー!」シリーズのジェフリー・タンバー、「007 慰めの報酬」のオルガ・キュリレンコ、モンティ・パイソンのマイケル・ペイリン。エミー賞受賞とアカデミー賞ノミネートの経歴を持ち、テレビシリーズ「官僚天国 今日もツジツマ合わせマス」など政治風刺作品に定評のあるアーマンド・イアヌッチが監督・脚本を手がけた。

2017年製作/107分/G/イギリス
原題:The Death of Stalin
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2017 MITICO - MAIN JOURNEY - GAUMONT - FRANCE 3 CINEMA - AFPI - PANACHE -PRODUCTIONS - LA CIE CINEMATOGRAPHIQUE - DEATH OF STALIN THE FILM LTD

映画レビュー

3.5ソ連の独裁者スターリンのことは知っていても、その死後に起きた権力争...

2018年8月31日
PCから投稿

笑える

怖い

知的

ソ連の独裁者スターリンのことは知っていても、その死後に起きた権力争いのことは詳しくないので、映画を観てから調べてみた。決して史実通りではないが、大方こんな感じであったことは確かなようだ。

製作側も決して史実の完全再現を目指していないことは、役者たちの見た目を現実の人物に寄せようとしていないことからも明らかだと思う。史実をもとにした風刺的なブラックコメディという点では、ジョージ・オーウェルがロシア革命以降のソ連の姿を動物が主人公の童話として戯画化した『動物農場』の試みにも似ている。

とはいえ現実の政局や権力争いはバカげたコントでは収まらないし、スティーヴ・ブシェーミみたいに分かりやすく小悪党なルックスでもない。しかし一歩引いてみればバカげていることは変わらないので、政治に嫌気がさした時にこの映画のロクでもないキャラたちを当てはめてみると、少し冷静な視点を取り戻せるような気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
バッハ。

4.0笑いの後に襲い来る、ヒヤリとした恐怖

2018年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

怖い

本作をめぐり生じるのは二つの感情だ。一つは目の前で起こるドタバタ劇に対するバカバカしさ。そしてもう一つはそれが史実に基づいているという恐怖だ。この両極端の感情が二枚貝のように共存することで、本作の怪物性は鮮烈に解き放たれていく。

ブシェミの妙演にふっと笑みがこぼれ、彼は決して非情になりきれるはずはないと心のどこかで線を引いてしまう自分がいる。しかし彼もまた歴史上の有名人であり、そんなコミカルな表情だけで乗り切れる問題でもない。歴史は小説よりも奇なりと言われるが、スターリン死後の権力闘争はまさにその言葉が相応しいどころか、言葉の意味さえも飛び越えるナンセンスな混沌がそこには存在する。

イアヌッチ監督は過去にも政治コメディで絶賛されてきた人。皮肉なのは、世界における現実の政治ショーが、今や破竹の勢いで本作のナンセンスぶりを凌駕しつつあること。コメディならば早くこの夢、覚めてほしいものだ。

コメントする
共感した! (共感した人 8 件)
ぐうたら

0.5戦時中のプロパガンダのような映画

ねぎさん
2020年5月25日
スマートフォンから投稿

ただのフィクションのコメディ映画だとすれは面白い。しかしこれは史実が基となっていると言う形をとっている。西側の国が東側に悪い印象を植え付けるために作った映画かのようでまるで第二次世界大戦時のプロパガンダ映画を見たような気分になった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ねぎ

3.0ブラックコメディと呼ぶしかないのだろう。この映画は・・・・

Haruさん
2020年5月24日
PCから投稿

現実と妄想と幻想が変わりばんこに目に飛び込んできた。
独裁者とは滑稽で間抜け者なのだが、体制がシステム化されてしまえば事の良し悪しなど問題ではないのだ。問題なのは行為が美しいか美しくないかなのだ。
しかもその判断が独裁者の被害者意識の高低差で決まってしまう。国民の幸せに繋がるかどうかなど論外で、国家の存在なくして国民などあり得ないのだという妄想に支配された為政者の愚かな考えなのだろう。
チャップリンの描いたヒトラーではないもう一つの喜劇なのだ。
しかし、後味は悪くやるべきことは何か・・・・そんな事すら観たあと、想像するのにはくたびれすぎる映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Haru
すべての映画レビューを見る(全76件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る