スターリンの葬送狂騒曲

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
スターリンの葬送狂騒曲
スターリンの葬送狂騒曲
5%
41%
44%
7%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1953年の旧ソ連を舞台に、独裁者スターリンの死によって巻き起こった政権内部の争いを辛辣かつコミカルに描き、ロシアで上映禁止となって話題を集めたブラックコメディ。粛清という恐怖で国を支配していた絶対的独裁者スターリンが急死した。厳かな国葬が執り行われる一方、その裏では次期最高権力者の座を狙う側近たちが熾烈な争いを繰り広げる。出演は「ファーゴ」のスティーブ・ブシェーミ、「ハングオーバー!」シリーズのジェフリー・タンバー、「007 慰めの報酬」のオルガ・キュリレンコ、モンティ・パイソンのマイケル・ペイリン。エミー賞受賞とアカデミー賞ノミネートの経歴を持ち、テレビシリーズ「官僚天国 今日もツジツマ合わせマス」など政治風刺作品に定評のあるアーマンド・イアヌッチが監督・脚本を手がけた。

2017年製作/107分/G/イギリス
原題:The Death of Stalin
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2017 MITICO - MAIN JOURNEY - GAUMONT - FRANCE 3 CINEMA - AFPI - PANACHE -PRODUCTIONS - LA CIE CINEMATOGRAPHIQUE - DEATH OF STALIN THE FILM LTD

映画レビュー

3.5ソ連の独裁者スターリンのことは知っていても、その死後に起きた権力争...

村山章さん
2018年8月31日
PCから投稿

笑える

怖い

知的

ソ連の独裁者スターリンのことは知っていても、その死後に起きた権力争いのことは詳しくないので、映画を観てから調べてみた。決して史実通りではないが、大方こんな感じであったことは確かなようだ。

製作側も決して史実の完全再現を目指していないことは、役者たちの見た目を現実の人物に寄せようとしていないことからも明らかだと思う。史実をもとにした風刺的なブラックコメディという点では、ジョージ・オーウェルがロシア革命以降のソ連の姿を動物が主人公の童話として戯画化した『動物農場』の試みにも似ている。

とはいえ現実の政局や権力争いはバカげたコントでは収まらないし、スティーヴ・ブシェーミみたいに分かりやすく小悪党なルックスでもない。しかし一歩引いてみればバカげていることは変わらないので、政治に嫌気がさした時にこの映画のロクでもないキャラたちを当てはめてみると、少し冷静な視点を取り戻せるような気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
村山章

4.0笑いの後に襲い来る、ヒヤリとした恐怖

2018年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

怖い

本作をめぐり生じるのは二つの感情だ。一つは目の前で起こるドタバタ劇に対するバカバカしさ。そしてもう一つはそれが史実に基づいているという恐怖だ。この両極端の感情が二枚貝のように共存することで、本作の怪物性は鮮烈に解き放たれていく。

ブシェミの妙演にふっと笑みがこぼれ、彼は決して非情になりきれるはずはないと心のどこかで線を引いてしまう自分がいる。しかし彼もまた歴史上の有名人であり、そんなコミカルな表情だけで乗り切れる問題でもない。歴史は小説よりも奇なりと言われるが、スターリン死後の権力闘争はまさにその言葉が相応しいどころか、言葉の意味さえも飛び越えるナンセンスな混沌がそこには存在する。

イアヌッチ監督は過去にも政治コメディで絶賛されてきた人。皮肉なのは、世界における現実の政治ショーが、今や破竹の勢いで本作のナンセンスぶりを凌駕しつつあること。コメディならば早くこの夢、覚めてほしいものだ。

コメントする
共感した! (共感した人 8 件)
牛津厚信

4.0権力に群がるおじさんたち

everglazeさん
2020年12月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

知的

難しい

スターリンの死後に巻き起こる、ソ連共産党幹部達のてんやわんやを茶化して描いたブラックコメディ。

詳細は全く知りませんでしたので、後から色々読んで、そこそこ史実に基づいていると思ったのですが、歴史家からすると間違いだらけのよう。

粛清を恐れるあまり、常識的判断ができなくなった世の中。

スターリンに嫌われないようにと、どのネタがウケたか毎晩メモする、阿呆らしいほど地道な努力✨

文字通り「生き延びる」ため、終始ご機嫌を取っていた君主が突然不在となれば、新たに安全な立ち位置を確保しなければならない。こりゃ大変!

それまでの言動と大きく矛盾しないよう注意しつつ、委員会ではハブられないように意見を(嫌々)一致させておく日和見ぶり。

決断を実行する際は、誰に責任を取らせるかがとても重要。自分でなければそれで良い♪

不安定なパワーバランスのせいで、「善悪」もコロコロ変わり、いつ殺害対象になるか分からないから、部下も堪ったものではない。

「失脚=死」とまで行かなくとも、主義に関係なく政界なんてどこもこんなもんなんでしょうか…。
うぅ…寒気がします。

低評価なのは、字幕の文字数制限で?過激な台詞の口汚さと面白さに、翻訳がついて行けていないからでしょうか??ジワリと笑える所が多かったですが、”swap”シーンには爆笑しました。

他国がロシア語でこの内容を撮影したら、かえって不謹慎だと思います。

ロシアでは上映禁止となり、上映した劇場は訴えられたと。ロシアもまだまだまだですな。

独特のユーモアを味わう、風刺たっぷりの政治ブラックコメディでした。

“Jesus Christ, it’s the bishops.”
“I thought we’d banned those freaks.”
“Sneeze on the bastards as they go past.”
“Do you think I wanted those boyfriends of Christ to be here?

“This is how people get killed, when their stories don't fit. Safe travels.”

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
everglaze

5.0歴史+ブラックコメディ

2020年11月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キウイジャム
すべての映画レビューを見る(全84件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る