ホテル・ムンバイ

劇場公開日

ホテル・ムンバイ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2008年のインド・ムンバイ同時多発テロでテロリストに占拠されたタージマハル・パレス・ホテルでの人質脱出劇を、「LION ライオン 25年目のただいま」「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテル主演で映画化。2008年11月、インドを代表する五つ星ホテルが500人以上の宿泊客と従業員を人質にテロリストによって占拠された。宿泊客を逃がすために、プロとしての誇りをかけてホテルに残ったホテルマンたち。部屋に取り残された赤ちゃんを救出するため、決死の覚悟で銃弾の中へと向かう父と母。テロリストたちに支配される極限の状況下で、特殊部隊の到着まで数日という過酷な現実を前に、人々の誇りと愛に満ちあふれた脱出劇が描かれる。パテルが宿泊客を守ろうとするホテルマン役を演じるほか、「君の名前で僕を呼んで」のアーミー・ハマーがアメリカ人旅行客役で出演。監督はこれまでも数多くの短編作品を手がけ、本作が長編初監督作となるオーストラリア出身のアンソニー・マラス。

2018年製作/123分/R15+/オーストラリア・アメリカ・インド合作
原題:Hotel Mumbai
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

映画レビュー

4.5テロの描き方

ローチさん
2019年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

テロの描き方に大きな特徴を持った作品だった。この手の作品では、人質の人々の英雄的行為にスポットをあてて、テロリスト側は悪役として扱われることが多いが、この映画はテロリストの事情も描いている。家族のために命をかけるホテルのゲストに対して、テロリストも貧しい家族のために戦っていることが示唆される。ホテルの一流の食事を食べて喜んでいる姿も印象的。おそらく彼らはテロリストにならなければ、あのような一流ホテルには一生縁がなかっただろう。
この映画は、テロ報道のあり方についても考えさせられる。テロ首謀者もまたテレビ報道を逐一チェックしており、実行犯につぶさに情報を伝えている。そのせいで犠牲者が増えたと思しきシーンも描かれている。
監督はこれが長編映画初監督だそうだが、そうとは思えないほど成熟した作りになっている。リアリズムに徹した演出も見事。大変見応えある作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ローチ

4.5多民族・多宗教のインドに対する豪出身監督の誠実なまなざし

AuVisさん
2019年9月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

怖い

興奮

ムンバイで2008年に起きた同時多発テロ事件が題材。デヴ・パテルが演じるアルジュンは複数のホテルマンをモデルに創作されたが、勇敢で冷静な料理長などは実在し、物語の大部分は実話だという。事件直後は日本でもそれなりに報じられたはずだが、ご多分にもれず記憶にほとんど残っていない。だからこそ、ホテル従業員と宿泊客らの勇気ある行動や自己犠牲の精神を伝える本作が日本公開されたことに感謝したい。

アルジュンをシーク教徒の設定にしたのはパテルのアイデアだとか。信者のアイデンティティーであるターバンを巻いたアルジュンに、偏見の目を向ける老白人女性に返す彼の言葉が胸を打つ。本作で長編監督デビューしたアンソニー・マラスはギリシャ系オーストラリア人。脚本も共同で書き、テロ実行犯の少年たちの不安な心情も描くなど、単純に善悪を図式化せず、多様な人々の言動を通じて人間の本質に迫ろうとする誠実で真摯な姿勢が好ましい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 41 件)
AuVis

5.0映画館でじっくりと

deepGOさん
2019年12月5日
iPhoneアプリから投稿

地元で見る機会を無くし、はるばる柏まで遠征して観賞。映画館もgood。映画もgood。遠征した甲斐がありました。緊張感が続く作品は映画館でみるのが一番。
ホテルの従業員をヒーロー扱いにしないところが良。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
deepGO

4.5久々にドキドキした・・・

ミッチさん
2019年12月4日
Androidアプリから投稿

この手の事実に基づいた映画は数あれど、これほど緊迫感がありドキドキさせられたのはベン・アフレックの「アルゴ」以来かも。「アルゴ」より若干エンタメに寄せてるかもしれないが、これは間違いではないと思うし、凄い映画を観た・・・これが素直な感想だ。

どこまで事実に忠実なのかは分からないが、この人は助かるだろうと思う人達も、いとも簡単に犠牲者になってしまう。生か死か、紙一重の選択による運命の分かれ道が目の前で繰り返す状況に、スクリーン越しの映画とは言えやりきれない感情が渦巻く。

映画として見ても、登場人物の背景や人柄を必要最低限できちんと伝え、実効犯達が黒幕に躍らされて犯行に及んでいるだろう状況もよく分かる。編集も素晴らしいの一言だ。
調べればこのオーストラリアの監督は、これが長編デビューとか・・・。
これからが非常に楽しみな監督だ。

しかしこのインドの出来事を、何故オーストラリアが映画化しようと思ったのか。
そしてこの映画を観たかもしれない犠牲者の遺族は、どのような気持ちなのだろうか。
勿論映画だから多少の脚色があるだろうが、そこを遺族はどう見るのだろうか。
そんな事を考えていたら映画は作れないのかもしれないが、少しでもこの映画が犠牲者や遺族に寄り添ったものであることを祈るばかりだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミッチ
すべての映画レビューを見る(全151件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る