アンソニー・マラス

アンソニー・マラス
英語表記
Anthony Maras
出身
オーストラリア/アデレード

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

オーストラリア出身。ギリシャのイカリア島にルーツを持つ。高校生の頃から短編映画を自主制作し、フリンダース大学で法学を修めたのち渡米。カリフォルニア大学で映画制作を学ぶ。現代国際社会特有の戦争や紛争、麻薬取引問題などに翻弄される市井の人々を描いた「Azadi(原題)」(05)、「Spike Up(原題)」(07)、「The Palace(原題)」(11)といった短編監督作で世界的に高い評価を獲得。バラエティ誌による「2018年注目すべき映画監督10人」にも選ばれた。2008年のインド・ムンバイ同時多発テロ事件で実際に起きた人質脱出劇をデブ・パテル主演で映画化した「ホテル・ムンバイ」(18)で、長編監督デビューを飾る。

関連作品(映画)

アンソニー・マラスの関連作品(映画)をもっと見る

関連動画・予告編

アンソニー・マラスの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

アンソニー・マラスの関連記事をもっと見る

他のユーザーは「アンソニー・マラス」さん以外にこんな人をCheck-inしています。