LION ライオン 25年目のただいま

劇場公開日:

LION ライオン 25年目のただいま

解説

インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで故郷を探し出したという実話を、「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテル、「キャロル」のルーニー・マーラ、ニコール・キッドマンら豪華キャスト共演で映画化したヒューマンドラマ。1986年、インドのスラム街で暮らす5歳の少年サルーは、兄と仕事を探しにでかけた先で停車中の電車で眠り込んでしまい、家から遠く離れた大都市カルカッタ(コルカタ)まで来てしまう。そのまま迷子になったサルーは、やがて養子に出されオーストラリアで成長。25年後、友人のひとりから、Google Earthなら地球上のどこへでも行くことができると教えられたサルーは、おぼろげな記憶とGoogle Earthを頼りに、本当の母や兄が暮らす故郷を探しはじめる。

2016年製作/119分/G/オーストラリア
原題:Lion
配給:ギャガ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第74回 ゴールデングローブ賞(2017年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演男優賞 デブ・パテル
最優秀助演女優賞 ニコール・キッドマン
最優秀作曲賞 ダスティン・オハローラン ハウシュカ
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

映画レビュー

3.5Google Earthがもたらす視点

2021年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

長距離電車に偶然乗り込んでしまい、家から遠く離れたカルカッタで孤児として保護され、オーストラリアに養子として渡った子どもの数奇な運命を描いている。インドは複数言語が存在するために小さな子どもでは意思疎通が測れないこともある。ストリートキッドと間違われて孤児院に預けられるとオーストラリアに養子として南半球にまで行ってしまう。
とても良い夫婦にもらわれた彼は幸せに暮らし、立派に成長したが今もインドのどこかで帰りを待つ母がいある。そんな母を探し出すために、おぼろげな記憶とGoogle Earthで故郷を探し出す。
物語も感動的で良いが、テクノロジーと視点について考えさせられた。Google Earthというのは改めて、世界を狭くしたというか、繋げたというか、とにかく人に超俯瞰的な視点を与えたのだなと思う。視点という点から考えると革命的なサービスだったのだなと改めて思わされた。映画は視点の置き方が非常に重要な媒体だが、Google Earthのこの超俯瞰的視点をここまで重要な要素とした扱った映画はこれまでなかったかもしれない。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
杉本穂高

3.5ルーニー・マーラの存在をもっと生かせたはず

2017年4月11日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

学生になった主人公が出会う恋人を、「ドラゴン・タトゥーの女」のパンキッシュな天才ハッカーから「キャロル」の同性愛に目覚めるデパート店員まで幅広い役をこなすルーニー・マーラが演じているのだが、正直物足りない。二人が出会ってから付き合うようになるまでの過程や、サルーが故郷探しに没頭して不仲になるくだりが、割に淡々と語られる。本来ハードルが高い異人種間恋愛だから、障害を乗り越えるだけの何かが二人にあったはずだし、それをサルーの生い立ちから形成された人間性と結びつけて描くこともできたのではないか。実話ベースのドラマとはいえ、そうした脚色があれば、全体のテーマに恋愛エピソードもうまく絡んだと思う。

オーストラリアの白人夫婦がなぜインド人孤児を二人も養子に?という疑問の答えが、ニコール・キッドマンが演じる養母の夢の話で明らかになるのだけど、ここのスピリチュアルな感じが印象的だった。

コメントする (0件)
共感した! 6件)
高森 郁哉

4.5映画で初めて泣きました

2022年9月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

怖い

とても面白いと思いました。
テンポ良く物語が進み、この後どうなるんだろう‼︎ってハラハラもしていたので、深く見入ってしまいました。
世界で起こってる悲しいことを改めて実感しました。
あまり重要ではありませんが、題名にある「ライオン」の秘密も思っていたのとは違ったので驚きました。
見るかどうか迷ってる方は物は試しと思って一回見てみることを強くお勧めします。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
BP

3.53.5

2022年9月19日
iPhoneアプリから投稿

日本では考えられないようなことが
インドでは日常的に起こっていることに驚く。
前半のサルーが迷子になり、たった一人で
見知らぬ地を生き抜く姿はとにかく辛い。
たった5歳にして壮絶な経験をするサルー。
しかしサルーだけではなく、多くの小さい子供たちが
想像もできないほど苦しんでいた。

裕福な家庭に引き取られることが幸せではない。
自分が生きてきた現実とあまりにも違うことに、
心が対応するのは難しく、
それほど幼い子供たちが負ってしまった
心の傷は大きいことが分かる。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
さあああん
すべての映画レビューを見る(全332件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「LION ライオン 25年目のただいま」以外にこんな作品をCheck-inしています。