劇場公開日 2017年4月7日

  • 予告編を見る

LION ライオン 25年目のただいまのレビュー・感想・評価

3.8312
26%
56%
15%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全312件中、1~20件目を表示

3.5Google Earthがもたらす視点

2021年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

長距離電車に偶然乗り込んでしまい、家から遠く離れたカルカッタで孤児として保護され、オーストラリアに養子として渡った子どもの数奇な運命を描いている。インドは複数言語が存在するために小さな子どもでは意思疎通が測れないこともある。ストリートキッドと間違われて孤児院に預けられるとオーストラリアに養子として南半球にまで行ってしまう。
とても良い夫婦にもらわれた彼は幸せに暮らし、立派に成長したが今もインドのどこかで帰りを待つ母がいある。そんな母を探し出すために、おぼろげな記憶とGoogle Earthで故郷を探し出す。
物語も感動的で良いが、テクノロジーと視点について考えさせられた。Google Earthというのは改めて、世界を狭くしたというか、繋げたというか、とにかく人に超俯瞰的な視点を与えたのだなと思う。視点という点から考えると革命的なサービスだったのだなと改めて思わされた。映画は視点の置き方が非常に重要な媒体だが、Google Earthのこの超俯瞰的視点をここまで重要な要素とした扱った映画はこれまでなかったかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

3.5ルーニー・マーラの存在をもっと生かせたはず

2017年4月11日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

学生になった主人公が出会う恋人を、「ドラゴン・タトゥーの女」のパンキッシュな天才ハッカーから「キャロル」の同性愛に目覚めるデパート店員まで幅広い役をこなすルーニー・マーラが演じているのだが、正直物足りない。二人が出会ってから付き合うようになるまでの過程や、サルーが故郷探しに没頭して不仲になるくだりが、割に淡々と語られる。本来ハードルが高い異人種間恋愛だから、障害を乗り越えるだけの何かが二人にあったはずだし、それをサルーの生い立ちから形成された人間性と結びつけて描くこともできたのではないか。実話ベースのドラマとはいえ、そうした脚色があれば、全体のテーマに恋愛エピソードもうまく絡んだと思う。

オーストラリアの白人夫婦がなぜインド人孤児を二人も養子に?という疑問の答えが、ニコール・キッドマンが演じる養母の夢の話で明らかになるのだけど、ここのスピリチュアルな感じが印象的だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
高森 郁哉

4.0実話ですよね

2021年6月7日
Androidアプリから投稿

実話ですよね。愛されていても、愛されていなくても、孤児になってしまうのですよね。奇跡ですね。心暖まる終わり方で良かったです。もう一度みたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
酒飲む野郎

4.0グーグルアーススゲー!

2021年5月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

興奮

幸せ

実話ベースというのが驚き。

序盤の事象を伏線とし回想からの収束は素晴らしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
褐色の猪

3.0子役のサルーが魅力たっぷり!

2021年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

まず言いたいのは、この手の映画につきものの「感動の再会」に伴う涙。確かに泣けます。そこは外してない。でも、そこに至るまでの抑えておくべき事象をていねいにつぶしておかないと、必ずしも感動には至らないということです。

そういう意味では、この映画は期待に応えているし、その一点に絞って見せればよかったと思います。あまりにも、余計なものを描き過ぎた。もっとはっきり言ってしまえば、大人になった後の、サルーの日常を描く必要性を、まったく感じないということ。只々、映画が長くなるだけで、恋人との逢瀬など、バッサリ切ってよかったと思います。

デブ・パテルの、雰囲気たっぷりの主人公ぶり。彼は、今まで演じてきた中で、もっとも素の自分に近い役なのではないかなと思いました。良かったのは、水面から顔を出す登場シーンのみで、そこからはどんどん期待値が下がっていきました。ニコール・キッドマンも、初めて実年齢に近い、若づくりの必要のないというか、首元のたるみなんかを容赦なく映し出されていて、それなりの覚悟をもって挑んだ役だと思います。

でも、何といっても、子役のサルーの素晴らしい演技。彼に尽きます。ほとんどセリフのないフィジカルな演技で、観客の目をスクリーンにくぎ付けにしてしまう魅力にあふれているのです。彼が出会う、数々の大人たち。それを自分の本能だけで選別していく洞察力だったり、小さな体に満ち溢れているエネルギーたっぷりの動きだったり、蝶の大群に魅了されている幼い好奇心だったり、説明のいらない奇跡的な美しいシーンが、網羅されています。それだけでも見る価値ありだと思います。個人的には、小さいのに、走るフォームがとても完成されていることに感心しました。大人用の自転車を持ち上げるシーンも、どうやら自力でやっているようです。なので、彼は子供ながらに、完成された骨格の持ち主のようです。

それもあって、成長した姿のデブ・パテルが、集落でも頭一つ抜けた背の高い大人に成長したのは、ちょっと不自然な印象を受けました。いくら栄養状態がいい環境で育てられたとはいえ、もって生まれた体格はそんなに簡単に覆らないでしょう。ストーリー的にも、「親子」という説得力が、画面を通じて生まれていませんでした。

総合的に見て、いい部分と、そうでない部分の落差の激しい、、非常に残念な作品でした。

2018.5.30

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

3.5インドの映画は美化されていてリアルを伝えたい

aykさん
2021年4月26日
スマートフォンから投稿

2019年にインドに行きました。
今から10年前にインドに投資した人が
10年経っても発展しない国はこの先ないだろう。そしてこの先10年経っても何も変わらないだろう、というくらい、インドの貧困は凄まじかったです。
インドで言う東京に当たるところですら治安は悪い。
ホテルに入るには車チェックしてから柵が降りて、中に入るには荷物検査に通してから。
世界2位の人口数を誇るのに
人口13億人に対して貧困率が13.4%。
日本人全員以上の人が貧困ということ。
この映画は、本当に一部に過ぎない。
今日1日を生き残るために必死に物乞いをする人たちがたくさんいました。
インドに行って世界観が変わったことを、この映画を通して思い出しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ayk

3.0塞翁が馬

84さん
2021年4月4日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
84

5.0遅ればせながら観ました

MiMaさん
2021年3月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

産みの母、育ての母もいずれも母親に感情移入してしまいました。
サルーが故郷に帰ったとき、「早く!早く!走って!」と1秒でも早く産みの親と会ってほしくて、気持ちがせわしかったです。妹と対面したときも胸がいっぱいに。
ネットで検索したところ、産みの母と育ての母も対面できたようで良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MiMa

3.0

GABIさん
2021年3月10日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
GABI

3.5実話と知り、感動と困惑

こたつさん
2021年2月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こたつ

4.0目を背けたくなる現実

r oさん
2021年2月7日
iPhoneアプリから投稿

文盲の母、幼い子供が労働や盗みを働いて得られるのは不衛生な牛乳。家族思いな子供たち。物語前半の描写は、自分がどれだけ恵まれているかを再認識させられる。大人になった主人公の、何もかも恵まれた生活に対する「吐き気がする」のセリフが印象的。

今もなお世界でこのような現実があることをなんとなく知りながら、他人事として生きている自分への嫌悪感を感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
r o

3.5全てが今に繋がっている

2021年2月6日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
movie mamma

5.0綺麗な映像のドキュメンタリー

2021年1月30日
スマートフォンから投稿

泣ける

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
むぎぶー

3.0映像は綺麗、ストーリーとしては中身が薄い

2021年1月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

映像が綺麗で、俳優も脚本もいいと思う。

だけど、実話自体の内容が薄いのか、尺をとるためにやっているの?って見えてしまう、主人公の葛藤の下りが長い。

迷子になった子供がオーストラリアに養子として出国、25年後故郷に帰ったという話し。有名女優を起用しているけど、そこを深掘りするか、全部無くすかで良かったと個人的に思う。

実話としての最大のオチが最後にあるとしたら、それもインパクトに欠けたと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キムラファンマルケ

3.0タイトルなし

ケイさん
2020年11月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ

4.5LION

2020年11月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

インド行方不明者の問題を知る。
再開シーンは感動的。
ピアノの音楽が主人公の心情を表していて素晴らしい。
タイトル名を忘れていたラストにライオンの意味を明かす。鳥肌だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ABCD

4.0ボタンの掛け間違い

Jさん
2020年10月4日
iPhoneアプリから投稿

ボタンの掛け間違いのような
紙一重で人生は良い方にも悪い方にも転ぶ

実の子を育てるよりも不運な子供を
引き取り育てた方が意義があるという言葉

なんでも過剰な現代を改めて考えさせられた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
J

4.5寒いレビューが目立ちますね

2020年8月8日
iPhoneアプリから投稿

ノンフィクションものであればここまでの完成度はあまりありません。

作品として完成させるなら改善点は多いかもしれませんが、私はこの作品はこれで良かったと思います。だってラストが感動したもん!

ストーリーの構成は単調で、時系列もいじることなく進んでいきますし、育ての両親の想いや、サルーが25年間インドの家に帰れなかった理由、または役者の使い方、作品としてみれば大いに不満がある方もいるかもしれません。

私も途中までは、3.5くらいの評価なのかなと思っていました。しかし、もうただの一般観覧者からすればラストのワンシーン、タイトルの意味、それらに感動した瞬間、評価が4にも5にも変わっていいはずです。

序盤、列車の中の緊張感の演出も上手いですし、子役の演技も際立ちます。私は、実家の見つけ方も好きです。あそこはかなり脚色があると思いますが、ど定番の予測可能な、でもワクワクする描き方でした。

ここまで引き込まれたノンフィクション映画は他になかったかもしれません。

確実にお勧めできる作品ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Wataru Kumazawa

3.5実話

見聞さん
2020年8月4日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
見聞

4.0家族になるという意味。人間の愛情に貧富の差はない。

2020年8月2日
iPhoneアプリから投稿

インドに住む5歳の主人公が、不運にも、兄とはぐれ迷子となり、浮浪児となる。あぶない大人に利用されそうになりながらも保護され、幸運にも、オーストラリアに住む夫婦の養子となる。この愛情深い養父母はもう1人インド人の男の子を引き取り、4人家族として不自由のない暮らしの中で主人公は育てられる。

幸・不幸はなにが決めるか。
主人公は迷子になったお蔭で、貧困から抜け出せたとも言えます。しかし兄弟となったもう1人の養子の子は、同じ環境でも、全然馴染めず、ずっと適応できないまま苦しんでいる。

主人公は適応し、順風満帆な幸せな人生を送っている。
しかし大学生となり、新しい環境と友人との会話から、何かが動き出す。
自分のルーツへの扉。
それは抑えることのできない自分自身への旅。

インドの母や兄の記憶。地名も自分の名すらうろ覚えなのに。
迷ったあそこから記憶を辿りGoogle Earthで、くる日もくる日も探さずにはいられない。

すると恵まれて幸せだった暮らしが、
突如「吐き気がする」ほど忌々しく感じられてしまう。
実母を探そうとする自分を、養母に知られたくない。
愛しているからこそ傷つけたくない。

仕事、恋人も、養父母との関係も、距離を置くようになり、これまでの穏やかな日常が土台から崩れていきそう。

主人公を傷つけないように、誰も言葉にはしないが...
ほんとは主人公は実母や兄に、捨てられたのではないか。口減らしに。年間何万人も同じような子いるという事実。
20年以上経って親を探したところで、かえってヤブ蛇では。だって真実は時として残酷だから。
ならばもうこのまま、インドのことは忘れて。
今が幸せなら、それでいいじゃないか。

観客の私ですら、苦くもうっすらそんな思いを抱きつつ。主人公の恋人もさりげなく「引っ越してるかもよ」などと言ってみたり。

でも主人公は違いました。
貧しい家だったけれど、母も兄も自分に愛情を持ってくれていたこと。
自分がいなくなって、どれだけ心配しているか。
信じているのです。

5歳でも、自分がほんとうに愛されているかどうか、
わかるんですね。そしてそれは時間が経っても消えない。
逆に甘い言葉をかけても、利用しようとしてるかどうかもわかる。

人間社会は愛もあれば、嘘や偽りもある。
真実は心の眼でしか見えないし、人を信じるのは勇気が要ります。
最近私も人間性善説に迷いが出てきたところです。

でもこのニコール・キッドマン演じる養母が教えてくれる。優しさも、人間のもう一つの真実だと。

養母は2人の養子に、幸せをもらえたと同時に、
大人になっても心が潰れそうなほど心労が重なっています。
養子をとった自分は正しかったのか。
迷いが出たことを正直に打ち明けつつも、本当に選り好みせず、育てにくいもう一人の養子に対しても忍耐強く見守り続けます。

子は授かりものですね、実母だろうが養母だろうが。
愛情とは、覚悟のこと。
自然に湧いてくるだけのものではありません。

私も正直、子育てって20歳になれば終了と思っていました。そこまで頑張るぞって。
が、全然そうじゃない。
一生続く。むしろそこからが大変なことも。

家族になるって、親子になるって、たくさんの課題を乗り越えて行かなくてはならない。
愛情が本物かどうか試されてしまう。血が繋がっていても。残酷です。

一人で越えられない時、その苦しさが、否応なく家族の心にも流れ込んできます。
一緒に耐えられるか。
ギリギリの判断をしないといけないことも出てくる。

いまの世の中は断捨離の流れ、物だけでなく関係も切り捨てることが早いように感じます。
社会も会社も変わりましたから。
ストレスフルだから、簡単にしないと、自分が潰れてしまう。抱えきれないのです。
だから何でも面倒を減らす。

でもこの面倒臭い何か。捨てられない何か。
お金ではなく、それを持つことが豊かさで、人を支えてくれるものかもしれない。
一生に一つか二つくらいですよ。
そういうものに出会うのは。
捨てたら楽なんですが。
逆に安易に手放してはいけないのかも。

若い時は、失くしてもまた次がある、と私も考えていました。
でもそうじゃない。
この映画、実話です。執着しないことは大事だけれど、愛には粘りも要りますね。少し考え、変わりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
xmasrose3105
「LION ライオン 25年目のただいま」の作品トップへ