LION ライオン 25年目のただいまのレビュー・感想・評価

LION ライオン 25年目のただいま

劇場公開日 2017年4月7日
240件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ルーニー・マーラの存在をもっと生かせたはず

学生になった主人公が出会う恋人を、「ドラゴン・タトゥーの女」のパンキッシュな天才ハッカーから「キャロル」の同性愛に目覚めるデパート店員まで幅広い役をこなすルーニー・マーラが演じているのだが、正直物足りない。二人が出会ってから付き合うようになるまでの過程や、サルーが故郷探しに没頭して不仲になるくだりが、割に淡々と語られる。本来ハードルが高い異人種間恋愛だから、障害を乗り越えるだけの何かが二人にあったはずだし、それをサルーの生い立ちから形成された人間性と結びつけて描くこともできたのではないか。実話ベースのドラマとはいえ、そうした脚色があれば、全体のテーマに恋愛エピソードもうまく絡んだと思う。

オーストラリアの白人夫婦がなぜインド人孤児を二人も養子に?という疑問の答えが、ニコール・キッドマンが演じる養母の夢の話で明らかになるのだけど、ここのスピリチュアルな感じが印象的だった。

AuVis
AuVisさん / 2017年4月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

こども時代の映像があまりに美しい

こども時代の映像があまりに美しい。インドって土とコンクリートと緑と汚物が混ざったような風景がまだまだ残っているんだろうな。今のうちにこのロケーションでたくさんの映画を撮っておいたほうがよいでしょう。将来は今の東京みたいに映画にならないこきれいな街になってしまうでしょうから。
後半は前半のすばらしい印象に負けるかな、展開はあるけど。
内容的には、そのまま。素直に感動できると思います。
最後、お兄さんの姿がズキンとくる、いいとこ突いてるなあ。ちゃんと拾ってるなあ、と。

okaoka0820
okaoka0820さん / 2018年10月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

それぞれの母の愛 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

幼い頃、迷子になり見知らぬ土地に一人きりになってしまったサルー。
そんな彼が25年の時を経て、Google earthでかつて暮らしていた故郷を探し、家族に会いに行くというストーリーは事前に知っていました。

故郷を探すことがメインストーリーかな?と予想していましたが、幼少期のサルーがどうやって生活をしていて、どういった経緯で迷子になってしまったのか。
見知らぬ土地に一人きりになった彼が経験した様々な出来事。

この描き方がとても良く、とにかくサルー少年が可愛すぎる。
彼の真っ直ぐな瞳、純粋無垢な笑顔。
その全てが心から愛おしく思え、桁違いの感情移入をしてしまうほど。
この少年の他の出演作品が1つも関連作品に上がっていなかったことも驚きました。
彼無しではここまで高い評価を得る作品になっていなかったのでは?と思えるほど、彼の存在は大きなものです。

そして養父母との出会い。
何故白人夫婦が黒人の少年を選ぶのか疑問に思いましたが、そのあと明かされた真実がまた衝撃的でした。
幼い日の不思議な経験から、自分の役割を見出した養母。
異人種の子を我が子として育てること、並大抵の覚悟ではできないことだと思います。

幸せになる自信があった。
でも実際には上手くいかないことも多かった。そこもまたリアルだと感じました。
現実は思ったとおりにはいかないものです。

そして取り憑かれたように故郷を求め、来る日も来る日も地図を辿るサルー。
偶然見つけた見覚えのある風景から、記憶を辿りながら地図を追いかけていくシーンは特に印象的で、どんどん記憶の中の故郷に近づいていく高揚感のようなものが手に取るように伝わりました。

そしてようやくたどり着いた故郷で、実母と再会したシーン。
周りにどんどん人が集まっていたことで、実母がどれほど彼の帰りを信じてずっと待っていたのかがわかりましたね。

兄の死の真相は本編では語られなかったけれど、その分エンディングで明かされたときはとても重みがあり、涙が止まりませんでした。

サルーは完璧ではない。
故郷探しに囚われるあまり、目の前にいる恋人のことを蔑ろにしてしまう。
故郷を探そうと思ったのも、友人の発言があったから。

それでもこの作品がここまで完成度の高いものになったのは、やはり二人の母の大きすぎる愛があったからこそだと思います。
そしてこれが実話だということ。計り知れません。

ラストで実際の二人の母が出会うシーンが流れましたが、あの瞬間を見せてくれた演出には、ありがとうと言いたいです。

全て引っくるめて、とてもいい作品を観させてもらいました。

chiiiii
chiiiiiさん / 2018年10月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった

これ事実を元に作った映画なんやね
あまり脚色してなさそうです
グーグルアースがもっと出てくるかなと思ったけどそんなに出てこなかったな

可愛そうな話しやけど、1番裕福に育った主人公
25年間のお母さんの気持ちを考えると悲しいし怖いし…(最後にはもっと悲しい事も)

ニコール・キッドマンかなり好きやけど、老けたなぁ

masamichi
masamichiさん / 2018年9月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ペッパ!!

幼少期のサルー役の子が本当に可愛い。
小さな子がこんな辛い思いをするなんて、泣かずにはいられない前半でした。
オーストラリアのご両親の心の広さにはとても感動しました。私にはとても真似できないや。
インドでは年間8万人もの子供が行方不明という事実にはかなりショックです。

サラ
サラさん / 2018年8月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動

子役かわいい

あべ2
あべ2さん / 2018年7月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これは、、、泣

実話が良すぎる。
前半の主人公の子役がうますぎて迷子のシーンとかもう見てるだけで泣きそうになった。
とりあえず見てくれ。

mg
mgさん / 2018年7月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心温まる話

この話実話だと思うとほんとにしびれました。
エンディングで実際写真や映像がsiaの曲にのせて流れるのがとても良かったです😂

チャム
チャムさん / 2018年7月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

鑑賞記録用

事実は小説よりも奇なり
本当にあった話とは思えない感動と奇跡

おぎゃ
おぎゃさん / 2018年6月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイトルの意味

ちょっとズルい気もするが、あんな終わり方されたら、些細な欠点はどうでもいい気がしてくる。

なお
なおさん / 2018年6月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

演技力

話の内容も興味深いが、演技力に惹きつけられる。
どうやってたどり着いたのか、もっとそこが突っ込んで描写されたらよかったな。
ちょっとざっくりしすぎな印象。

すらり
すらりさん / 2018年6月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛。

過去が何のためにあるのか、と考えた時に、過去とは「生きてきた道」と考えると、他の誰にも経験し得ない「自分だけのもの」「自分を自分たらしめる唯一のもの」と捉えることができる。

それは、自分にとって高尚なものであり、拠り所になるものでもある。そんな過去を背負い生きていく中で、その過去が、自分や自分をたいせつに思ってくれる人にとって、苦しめる要因にもなる。

過去とは、拠り所でもあり、向き合うべき対象でもある。過去に支えられて生きていける反面、いざ対峙すると苦しみをもたらす。過去と向き合うことほど、孤独なことはないから。

過去に支えられて今ここまで生きてこれた。でも、過去があるから今苦しくて孤独。2つの対立するアンビバレンツな情動を同居させて生きていくことの健全さを感じた。

きっとスラムの子たちは、今自分がどんな過酷で残酷な現実を生きているかさえ、分からない。比較対象がないから。なぜ生きいくのか、なぜ生きているのか、そんな問いとは別次元のところを生きている。それも、先進国に住む人間よりも、人間らしく。

家族のために、親のために、兄弟のために、理屈ではなく、ごく自然のものとして。家族と過ごした日々は、とても幸せなものだっただろう。生まれる場所、時代、親は選べない。そのどうもならない現実をどう生きていくのか。

オーストラリアに行くことだって、望んだことではない。望んで行ったわけではない。でも、オーストラリアの家族は望んでいた。幸せな家庭を用意して。信念を持つ若者を阻む力はどこにもない。望んで探した。母親を。兄を。故郷を。

対峙しなければならない過去。誰にも本当の意味では理解されない過去。それに対して自分はどう在るのか。どう在りたいのか。そこにあったのは、きっと母親や兄との間にある愛。

それでも、人間は弱くて、過去のみに支えられて生きるわけではない。もしも、幼少期に故郷を探せたなら、すぐに探して帰っただろう。でも、再会した瞬間の表情を見ると、自分の生きてきた道を悔いることなく、前を向いて生きていこうと思えたのではないだろうか。

母親の愛、兄の愛、オーストラリアの家族の愛、恋人の愛、それらに対する愛。そんなすべての愛が、再会へと導いた。

ちゃーはん
ちゃーはんさん / 2018年5月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

グーグルアース

インドに住んでいた主人公は、幼いころ兄とはぐれてしまい、回送列車で眠り込んだため、とんでもない距離を移動、孤児となりオーストラリアの養父母に引き取られる。
25年後、記憶のフラッシュバックに悩む主人公はグーグルアースで故郷を探し始める。
事実は小説より奇なり、とはよく言ったものだ。
泣ける。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年5月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

感動の… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

気になっていた映画でしたが、遅ればせながら鑑賞。実話の感動作期待しながら見始めました。インドの貧しく厳しい生活の中健気に生きている家族。その次男で主人公サルー。小さいのに自分も役に立ちたいと、母が留守中に兄と家を出て仕事探し。突然の家族との別離と、見知らぬ土地での危険。引き込まれました。余計な説明はなかったのに、人身売買や施設での虐待。力なく逃げることもできない子供達の苦しみ。主人公はそれらを話の中ではギリギリ切り抜け、優しい養父母に引き取られました。子役が良い!可愛い!前半は良かったのに、20年後といきなり大人に…もっと養子に来た弟との4人家族になってからの話や、学生時代どう過ごしたのかの描き方で、幸せになれたからこその、本当の家族が今どうしてるのかを合間合間に思い出し、苦悩する様も深みを増すと思うのだが。後半が??良い友と彼女に出会いGoogleで、自分の故郷を探せるかもと知ってからが私的には…実話を元になので、その辺はファクション間満載でちょっと残念。最後は故郷での感動の再会のはずが、地元の皆様とサルーの容姿がかけ離れていて興ざめ。ひねくれ者のせい?
泣かなかった。

よしおがん
よしおがんさん / 2018年5月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイトルでネタバレ

タイトルが落ちになるのはわかっているのですが、わかっていても感情移入しちゃうね。
人買いだったり、施設だったり、ダークな部分を掘り下げて欲しかったりもするけど、それがないからライトに見られた気もする。

ボケ山田ひろし
ボケ山田ひろしさん / 2018年5月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんとも幸運な男の子のストーリー。感動感動はさておき、こんなラッキ...

なんとも幸運な男の子のストーリー。感動感動はさておき、こんなラッキーに巡り合わなかった子供たちが8万人。地下道で段ボールを譲ってくれたあの子たちも、孤児院にいた他の子たちも、みんなどうなったかな。
迷子になっただけなのに、どうしようもなく、誰も助けてくれず、本当に帰れなくなる。殺されたり道具にされたり、孤児院で虐待されて終わってた可能性のほうがずーっと高かった。
しかもついこないだの話。
日本のわたしには信じられないけど、たくさんの国で今現在も起きてる現実。
私がちょいと手を貸せば助けられる子供がいるってことを突きつけられた。

まあでも何もしないんだけどね。

養親となった二人の考えには共感。もう新しい子どもなんて産まないほうがいいんじゃないだろうか。

あと彼女とのアレコレはどーでもいいから、マントッシュのことをもっと掘り下げて欲しかった。孤児院での虐待が原因なんだろうし、そういう子どもを引き取って育てるということを、きちんと描いてほしかったな。

しかしお兄ちゃんかわいそすぎ。

まるぼに
まるぼにさん / 2018年5月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こんな奇跡ってある!?

こんな奇跡ってある!?

nkboy
nkboyさん / 2018年5月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いい話

主人公の育ての親が素敵😍
お兄ちゃん亡くなってたのが、悲しかった…
社会問題に訴えかける良い作品だと思いますが、すこし期待しすぎてたので、あこんなものかと思ってしまった…

有香
有香さん / 2018年5月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

結末はわかっているのに、ホロリ。

wowowのW座で信濃八太郎さんが「この副題、ネタバレですよね」といった話をされてましたが。そうなんですよ。主人公サルーが25年目にして母のもとに帰る。以上。
なんですが、そこに至るまでの過程が実に苦悩であり、応援もしたくなります。
1時間は子供の頃の話、残りがデブ・パテル演じるサルーが大人になってからの話。子供時代を結構引っ張りましたね。
その分が余計、大人になってからGoogleearthで実母を探す=養母を裏切っているのではないか、という悩める主人公につながってました。
子供の頃の記憶。自分だったらどこまで覚えているだろう。
なぜ題名が「LION」なのか。ここでもホロリ。

結果がわかっていながらジーンとした、良作でした。

fukui42
fukui42さん / 2018年5月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

号泣 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

感動してボロ泣きしました。実話だなんて凄い。サルーの記憶力も凄いけど、サルーを信じて近くに住み続けたお母さんの愛も素敵でした。
自分も小学生の時に海外に住んでいましたが、Google Earthを見てた時、週末に家族でよく遊びに行っていた場所を記憶を頼りに地図でたどったら無事にたどり着いたので、こういうこともまるっきり不思議では無いのだろうなと思いました。これからどんどん生き別れになった家族が再会できることも増えていくのではないかと感じました。

秋楡
秋楡さん / 2018年5月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

240件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi