殺し屋と標的が仲良しに?オークワフィナ&カレン・ギラン、新作アクションコメディ「Shelly」で再共演

2020年6月20日 11:00

新作アクションコメディで再共演
新作アクションコメディで再共演

[映画.com ニュース] 「フェアウェル」(日本では公開延期中)でゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞したオークワフィナと、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギランが、新作「Shelly(原題)」に主演することがわかった。ふたりは昨年公開されたドウェイン・ジョンソン主演「ジュマンジ ネクスト・レベル」で共演している。

米Deadlineによれば、新作「Shelly(原題)」はマイケル・ドネガーとリズ・ストームが執筆した脚本をもとに、台湾系アメリカ人のジュード・ウェンが監督を務める。高校のプロムでどっきりにハマり大恥をかいてから10年後、町を出て心を閉ざし冷血な殺し屋となったシェリー(オークワフィナ)は、次の仕事の標的が高校時代に自分を苦しめた宿敵ダイアナ・パーク(ギラン)だと知り、復讐の絶好のチャンスを迎える。しかし、ダイアナとシェリーは思いがけず友だちになってしまい、ダイアナのイケてるグループに仲間入りしたシェリーは、ふたりの命を狙う別の殺し屋集団からダイアナを守ろうとする、というアクションコメディだ。

映画「ミーン・ガールズ」(リンジー・ローハン主演)とドラマ「バリー」(ビル・ヘイダー主演)をミックスしたような作品とのことで、「6アンダーグラウンド」(ライアン・レイノルズ主演)のイアン・ブライスがプロデュースする。

ウェン監督はこれまでドラマ「グッド・プレイス」「ヤング・シェルドン」「フアン家のアメリカ開拓記」「ブラッキッシュ」などのエピソードでメガホンをとってきた。また、長編監督デビューを飾ったNetflix映画「Finding Ohana(原題)」がすでにクランクアップしており、間もなく配信される予定。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース