フェアウェル

劇場公開日

フェアウェル

解説

中国で生まれアメリカで育ったルル・ワン監督が自身の体験に基づき描いた物語で、祖国を離れて海外で暮らしていた親戚一同が、余命わずかな祖母のために帰郷し、それぞれが祖母のためを思い、時にぶつかり、励まし合うながら過ごす日々を描いたハートウォーミングドラマ。ニューヨークに暮らすビリーは、中国にいる祖母が末期がんで余命数週間と知らされる。この事態に、アメリカや日本など世界各国で暮らしていた家族が帰郷し、親戚一同が久しぶりに顔をそろえる。アメリカ育ちのビリーは、大好きなおばあちゃんが残り少ない人生を後悔なく過ごせるよう、病状を本人に打ち明けるべきだと主張するが、中国に住む大叔母がビリーの意見に反対する。中国では助からない病は本人に告げないという伝統があり、ほかの親戚も大叔母に賛同。ビリーと意見が分かれてしまうが……。「オーシャンズ8」「クレイジー・リッチ!」のオークワフィナが祖母思いの孫娘ビリーを演じる。

2019年製作/100分/G/アメリカ
原題:The Farewell
配給:ショウゲート

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第77回 ゴールデングローブ賞(2020年)

受賞

最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) オークワフィナ

ノミネート

最優秀外国語映画賞  
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2019 BIG BEACH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.5思いの外、一筋縄ではいかない人情噺

村山章さん
2020年10月31日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
村山章

4.5中国の勢いを感じさせるアメリカ映画

2020年9月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

楽しい

幸せ

ルル・ワン監督は中国生まれの米国育ち、その実体験に基づく劇映画の主演に、やはり父親が中国人の米国人女優オークワフィナを起用。米国文化で育った“現代の華僑”が、中国に里帰りして親類たちと過ごし、祖母に余命告知をするかどうかで対立するというドラマが、心に染みる物語に仕立てられた。アメリカ映画でありながら中国系のスタッフ・キャストが米中のカルチャーギャップをユーモラスに描く本作は、米映画界の多様化と差別撲滅の追い風を受けた面もあるとはいえ、やはり中国という国の勢いを感じさせ、日本の観客として羨望と嫉妬を禁じ得ない。

描かれるのは、東洋と西洋の死生観や家族観の違いであると同時に、中高年と若者の世代間の価値観のギャップとしてとらえることもでき、若い世代ならむしろその点でより共感できるのではないか。大方の予想を裏切るラストも心憎い。あの「ハッ!」が海を越えて届くのも、映画ならではの素敵な嘘だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
高森 郁哉

3.5中国では《死期の告知をしないという》そのため悩むNYの孫娘。

琥珀糖さん
2022年7月23日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

2019年(アメリカ)監督:ルル・ワン
この映画は「死期の告知」を巡る東洋と西洋の倫理観の違いを
テーマとしています。
即刻告知するのが、アメリカ・ヨーロッパ(現在の日本も)のやり方。
なるべく本人には知らせないらしいです中国では。
孫娘でニューヨークに住み作家を目指すビリーとの
《お別れの挨拶(フェアウェル)》を、
ナイナイはしたいのではないか?
秘密にするのは人権侵害・・・と、思っています。
この作品を監督したルル・ワン監督自身と家族の実体験を描いた作品です。

ナイナイは長春に住むおばあさんです。
長男は日本へ、次男はアメリカへ、移民しており、
家族は妹が側に暮らしでいる。
ナイナイが末期の肺がんで余命数ヶ月との知らせが、
ニューヨークへ日本へと走ります。
驚いた親戚一同は長春に集結する事に。
理由は長男の息子(ナイナイの孫)が日本娘と結婚するので、
盛大な式を長春ですることとして、家族が集まります。

中国の風習がやはり珍しい。
高層ビルも無個性で安普請。
結婚式だというのに出席者はまるで普段着だ。
ホテルでは新築なのにエレベーターが動かない・・・など、
どこか歪な中国の繁栄。

中国人は死期の告知はしない習慣。
特に癌は、その恐怖に人は殺される・・・と、言うのだ。

ナイナイばあちゃんは《かくしゃく》とした仕切り屋。
孫娘のビリーは何度も告知しよう・・・と、
家族に提案するが、即座に却下されてしまう。

カルチャー・ギャップがテーマの映画です。
主役のビリーはラッパーで韓国系と中国系の血を引く
アメリカ人のオークワフィナ。
見るからに個性的。
肩をいからせクチを突き出す動作が、ラッパーそのものだ。

意外と結婚式の中国人の生態がユーモラスですし、

ラストの締めに大きくのけぞりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
琥珀糖

3.5可能性や柔軟性というものについて

雨音さん
2022年6月16日
Androidアプリから投稿

楽しい

難しい

幸せ

中国が舞台の現代物は私には珍しかったので、何かと新鮮で興味深く見ることができた。

もし早くに本人に告知していたら、気落ちしてがっかりしてしまい、治るものも治らなかったのかもしれない?
病気に限らず、「あなたはこうだ」と決めつけてしまうのは良くないのだろうな。
人間には柔軟性というものもあり、いろんな可能性を秘めているという面もあるはずだから。
曖昧さ、臨機応変な柔軟性、ごちゃこちゃしてスッキリしない状態、そういうものから生まれてくるパワーや可能性は捨てたものじゃないかもしれない。

そういう点で、ナイナイの妹は聡明だった。彼女は肝っ玉が座っているようで、目付きからして違う。「時がきたら私から話す」とキッパリ言い切った。様子を見て決めるのだ。全てを考慮して自分で判断するというその自信と柔軟性が素晴らしい。中国でも男より女のほうが精神力が強いのか。
そして彼女の判断は正解だった。

なかなか面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
雨音
すべての映画レビューを見る(全97件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る