地球外生命体に支配された米政府…「猿の惑星:創世記」監督のSFサスペンス、予告入手

2020年2月3日 10:00

ポスター&場面写真も一挙公開!
ポスター&場面写真も一挙公開!

[映画.com ニュース] 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」のルパート・ワイアット監督が手掛ける近未来SFサスペンス「囚われた国家」の予告編とポスタービジュアルを、映画.comが先行入手した。映像には、地球外生命体に侵略された国家の恐るべき実態が切り取られている。

地球外生命体による侵略から9年後、2027年のシカゴという衝撃の舞台設定で描かれる本作。制圧された米政府は“統治者”と呼ばれるエイリアンに完全支配されていた。犯罪抑止を掲げ、体にGPSを埋め込んだ全市民を死ぬまで監視し、ルールを犯した者は地球外に追放する。かつてないほど拡大した貧富の差、荒廃した街――。狂った状況を打破し、自由を取り戻すため密かに結成されたレジスタンスのグループは、統治者の団結集会で爆弾テロを起こそうと画策する。

予告編は、ミシガン湖に浮かぶ謎の巨大飛行体にルールを破った大勢の人間が乗せられ、秘密裏に地球外へと追放される様子を成す術もなく茫然と見つめる青年ガブリエルを活写。統治者のおかげで「アメリカは再生した!」という言葉に熱狂する市民だったが、兄ラファエルが「政府が言ってることは全部嘘だ。地球の資源は統治者に奪い尽くされる」と訴える通り、その実態は生活の全てを制限される「囚われた国家」だった。異物を排除し支配と均衡を保とうとする国家の思惑に気づき、統治者に反旗を翻そうとするレジスタンスたちの戦いが、スリリングに映し出されている。

ビジュアルには、荒廃したシカゴの街に巨大飛行体が浮かぶ奇妙な世界の一端がおさめられている。中央で立ち尽くすガブリエルの脇に危うげに立つ星条旗が、未知の敵に挑むレジスタンスたちの自由への意志を表現しているかのようだ。「アメリカ陥落から9年――。従うか? 抗うか? どちらか選べ。」と無情にも選択を迫るコピーが添えられている。

アトミック・ブロンド」「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」のジョン・グッドマンが、統治者に忠誠を誓い、レジスタンスの前に立ちはだかるシカゴ警察特捜司令官マリガンを演じる。「ムーンライト」のアシュトン・サンダースがガブリエル役、「荒野の誓い」のジョナサン・メジャースが後に行方不明となるラファエル役で共演。「マイレージ、マイライフ」や「死霊館」シリーズのベラ・ファーミガが、娼館の妖艶な女主人に扮している。

ワイアット監督が製作と脚本も兼ね、「アルジェの戦い」「影の軍隊」を参考に、複雑なテロ計画のプロセスを緻密かつ緊張感たっぷりに描き上げた。地球外生命体の傀儡と化した政府による不都合な事実の隠蔽、メディアを巻きこんだ情報操作など、市民の自由権をコントロールしようとするトランプ政権を彷ふつとさせる物語を、米WIRED誌は「これは起こり得る未来への“警告”だ」と評した。

囚われた国家」は、4月3日からイオンシネマほか全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像「ヤドカリ」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 封印映像「四角い跡」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • レザーフェイス 悪魔のいけにえ
  • ブロンソン
  • 封印映像38
  • ジェーン・ドウの解剖
  • サスペリア PART2 完全版
  • フェノミナ
  • サスペリア PART2 劇場版
  • 今日も僕は殺される
OSOREZONE

Powered by 映画.com